【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » キッチンの床から水漏れ!?原因と修理方法は?

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの床から水漏れ!?原因と修理方法は?

2021年10月07日 キッチンの水漏れ


突然床から水漏れしたら、どのような原因と修理方法があるのでしょうか。突然フローリングのつなぎ目から水漏れしたとき、どのような行動をすればよいのか困惑するでしょう。こちらの記事では、床から水漏れが発生したときの原因と、修理方法についてご紹介しています。

床の水漏れは放置すると危険!

床の水漏れは、たとえ少量であっても放置するのはとても危険です。骨組みまで水が浸透して傷めてしまったり、シロアリの害虫被害にあったりします。もし床の水漏れがマンションで起こったのであれば、下に住人がいる場合には天井や壁から水漏れする二次被害が発生することも、十分に考えられます。被害を最小にとどめるためにも、床の水漏れを発見した場合はすぐに対処しましょう。

キッチンの床から水漏れする原因とは?

床から水漏れする原因は、キッチンの排水管が原因であることがほとんどです。キッチンの配管が経年劣化による破損や、接続部分にズレが生じて水漏れを起こしていることが考えられます。

他にも、排水管に詰まりが生じて逆流を起こして水漏れを起こしているケースもあります。普段排水管を見ることがないため、水漏れを起こしてやっと気付くケースも少なくありません。知らない間に破損やズレが生じている可能性が高いので、床から水漏れしているときは排水管のトラブルを疑いましょう。

キッチンの床で水漏れが発生したときの応急処置

床から水漏れしたとき、すぐに修理をするのは、プロでない限り非常に厳しいでしょう。そのまま水漏れを放置するのも危険です。プロの修理が来るまでの間にできる応急処置方法があるので、応急処置を施して被害が大きくなるのを食い止めましょう。

・元栓を閉める
最初にしなければならないのが、水を一時的に止めることです。水がいつまでも出ている状態は、水漏れ状態が酷くなる一方なので避けなければなりません。閉める元栓は、キッチンの止水栓または水道の元栓です。

水漏れを起こしている箇所が分からない場合は、水道の元栓を閉めることが推奨されています。ほとんどが水漏れの箇所を把握できない状態だと考えられるので、水道の元栓を閉めるとよいでしょう。水道の元栓は外にあるメーターボックスの中にあることがほとんどなので、確認してみてください。メーターボックスの中にない場合は、見えている水道管にレバーがついています。

・乾燥除菌をする
元栓を閉められたら、次は乾燥除菌の工程です。乾燥除菌を行うことで、カビやシロアリの発生、床の腐りの抑制を可能にします。手順としては、まず濡れている箇所を雑巾で拭きとります。

しっかり拭きとりができたら、窓を開けて換気を行いましょう。床が乾いていることが確認できたら、次は新しい雑巾と消毒用のエタノールを用意します。消毒液を雑巾にかけるまたは床に直接かけ、雑巾で拭き掃除をしましょう。

・水量が多い場合は自力では難しい
床の水漏れの水量が多い場合は、床下に潜ったり床材を剥がしたりして、専用の機械で乾燥させなければなりません。ここまでのレベルとなると自力ではとても厳しいため、乾燥除菌が可能なプロに依頼する必要があります。依頼するときは、乾燥除菌ができるかを確認し、水量がどのくらいなのかを説明しておくと対処もスムーズでしょう。

キッチンの床から水漏れが発生したときの修理方法

キッチンの床から水漏れが発生したときの修理方法は、部品の交換です。止水栓や給水管、排水トラップ、排水ホースの交換があり、水漏れを起こしている箇所によって交換する部品が異なります。

自分で交換修理をすることも可能ですが、部品を調べて購入する必要があるため修理が完了するまでに時間がかかります。水漏れが酷いときは非常に厳しいので、プロに依頼するのが一番手っ取り早いです。もし水漏れが軽かったとしても、床下に潜って確認しなければならないため、やはりプロに依頼するのが一番でしょう。

・状況や条件によっては火災保険が使える
水漏れが起きた状況や条件によっては、加入している火災保険で修理費用を支払うこともできます。使える条件とは、水漏れを起こした原因が故意でないこと、給排水設備自体の修理費用、他の方に被害が出てしまったときです。

ただし注意しなければならないのが、経年劣化には火災保険が使えない点です。故意ではないものの、メンテナンスをしっかりすれば防げるということから、適用対象外となっています。また、他人に被害が出てしまったときの家財の賠償にも火災保険は使えません。この場合は、被害を受けた方の火災保険または個人賠償責任保険を使うことになるからです。自分で賠償するのか、被害を受けた方が保険を使って補償を受けるのか、きちんと話し合いをしましょう。

キッチンの床から水漏れが発生したときは「なごや水道職人」に連絡を

キッチンの床から水漏れが発生したときは、「なごや水道職人」にご連絡ください。水回りのプロがすぐに駆け付け解決いたします。

「なごや水道職人」は、名古屋市、高浜市、一宮市、愛西市、清須市、日進市、尾張旭市、東海市、稲沢市など、愛知県全域で対応可能です。その他水回りのトラブルにも対応できますので、いつでもご相談ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315