【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水漏れした場合に水道料金の減額申請は可能?

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水漏れした場合に水道料金の減額申請は可能?

2021年10月02日 水漏れトラブル


知らないうちに水漏れが起きていて、水道料金が大幅に上がってしまった……と悩んでいる人もいるかもしれません。
しかし、水漏れの原因が必ずしも自分だとは限りませんよね。自分以外に水漏れの原因がある場合、水道料金を減額することは可能なのでしょうか。

ここでは、水漏れが起きた場合の水道料金の減額申請についてまとめました。水道料金が急に上がって困っているという人は、ぜひ参考にしてください。

水漏れすると水道料金が増加する

よく起こる水回りのトラブルの1つが、水漏れです。多少の水漏れであれば、それほど気にならないという人は多いかもしれませんが、実は水漏れを放置していると、思った以上に水道料金が大幅に増加する場合があるため要注意です。

では、水漏れが起こった場合には水道料金はどれくらい上がるのでしょうか。まず、蛇口から直径1㎜の水漏れが起きた場合、1時間では約5リットルとなります。そのため、1カ月間水漏れを放置した場合の排水量は約3600リットル。

水道料金は、1,000円ほど上がる計算になります。直径1㎜の蛇口からの水漏れで、日常生活に支障が出ることはほぼありませんが、水道料金は大幅に上がることが分かるのではないでしょうか。

もちろん、水漏れの量が多い場合には、水道料金はさらに増加します。直径5㎜の水漏れの場合は約5,500円、直径10㎜の水漏れの場合は約36,000円増加します。

また、水漏れが起きるのは蛇口だけではありません。例えば、便器内でわずかに水漏れが起きている場合、1カ月の漏水量は約150,000リットルにまでなります。

このように、ほんの少しの水漏れに見えても、結果としてはかなりの量の水を消費することになります。無駄な出費を抑えるためには、少しでも早く水漏れ修理を行う必要があるといえるでしょう。


水漏れの修理代について

自分の不注意などが原因で水漏れが起きた場合には、当然ながら自分で水漏れの修理代を負担しなければいけません。しかし、自分に原因がない場合の水漏れ修理は、誰に責任があるのでしょうか。

まず、持ち家の場合には基本的には、すべてが自己責任になります。そのため、気付きにくい場所で水漏れが起きていたとしても、自分で水漏れの修理代を負担しなければいけません。水道修理業者も、自分で探す必要があるといえるでしょう。

それに対し賃貸物件の場合は、必ずしも自分で対処しなければならないわけではありません。ケースバイケースではありますが、居住者が支払う場合よりも、大家や管理会社などの管理人側が負担する場合が多いようです。

また、水道管からの水漏れの場合は、どの水道管から水漏れが起きているかによって責任の所在が異なります。家庭の敷地内に引き込まれている水道管が水漏れを起こした場合には、居住者または管理人に管理責任があるため、水漏れ修理費用も負担しなければいけません。

それに対し、水道メーターより公道側の水道管で水漏れが起きた場合は、水道局などの水道事業者に管理責任があります。そのため、修理費用について心配する必要はありません。


水道料金の減額申請は可能?

水漏れが原因で水道料金が増加した場合、減額を申請できる場合があります。減額を申請するための条件は自治体によって様々ですが、主な条件としては以下のようなものがあります。

・通常の使い方をしているにもかかわらず水漏れが起きた
・床下や壁中など、発見が難しい場所で水漏れが起きた
・今までにその箇所で水漏れが起きたことがない
・過去1年間に同じ箇所での水漏れで減免を受けていない
・水道局指定業者が水漏れ修理を行っている

もちろん、自治体によってはこれ以上に厳しい条件を設けています。減額申請を考えている場合は、まずは自治体のホームページで確認するか、直接問い合わせをしてみるといいでしょう。

ただし、減額申請をできるのは水道料金のみで、水漏れの修理代そのものに対する補助は基本的にありません。自分自身に管理責任がある場合には、症状が悪化する前に修理を行うことが大切だといえるでしょう。


水回りのトラブルでお困りの際はなごや水道職人にご相談ください

ここでご紹介したように、水漏れした場合の水道料金の減額申請は、場合によっては可能です。まずは、自分のケースで減額申請が可能かどうかを調べてみるといいでしょう。

とはいえ、水漏れの修理そのものはほとんどの場合は自分で行わなければいけません。たとえ大きな被害が出ていなくても、放置していると水道料金はどんどん上がってしまいます。

また、水道料金以外の二次被害が起こる可能性もあるといえるでしょう。被害を最小限に抑えるためにも、水漏れに気付いたらできるだけ早くプロの業者に相談してください。

弊社は、名古屋市を中心に水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。経験豊富なスタッフが責任を持って対応しますので、安心してお任せいただけます。水回りのことでお困りの際は、ぜひ気軽にご相談ください。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315