【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水漏れに火災保険は使える?補償される条件とは

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水漏れに火災保険は使える?補償される条件とは

2021年08月14日 水漏れトラブル


家で水漏れが起きた場合、状況によってはかなりの修理費用がかかることもあります。しかし、水漏れに火災保険を使えるケースがあるということは知っていましたか。ここでは、水漏れの修理費用が火災保険で補償されるケースと補償されないケースについてまとめました。

もし火災保険で補償される場合は、保険金を請求することで修理費の一部をカバーすることが可能です。水漏れの修理費について悩んでいるという人は、ぜひ確認してみてください。

水漏れで火災保険は使える?

火災保険は、火災が原因となって起こる被害のみを補償する保険ではありません。実は、補償内容によっては火災以外が原因で起きた被害にも対応しています。もちろん、すべての火災保険が水漏れ被害に対応しているわけではありません。しかし、契約で補償対象となっている場合には水漏れ被害があった場合に保険金を請求することができます。

火災保険の内容で水に関連するものとしては主に「水災」、「風災」、「水ぬれ」の3つがあります。このうち水災は洪水や集中豪雨などに起因する浸水被害を補償するものであるため、水漏れ被害には対応していません。風災は台風などの風が原因の被害を補償するもので、暴風雨などによって雨漏りした場合などは補償が適用されます。

そして、水漏れ被害に対応するのは多くの場合は水ぬれです。火事が起きた場合の補償というイメージが強い火災保険ですが、実は水ぬれによって保険会社に請求される補償額はかなり大きいものとなっています。まずは、加入している火災保険の内容に水ぬれが含まれているかどうかを確認するといいでしょう。

火災保険で補償されるケース

火災保険で水漏れ被害が保障されるとはいっても、水漏れに関連するすべての損害について保険金を請求できるわけではありません。どのようなケースで火災保険が適用されるのかを、正しく理解しておく必要があるといえるでしょう。

まず、持ち家で自分自身が原因の水漏れが起きた場合はどうでしょうか。例えばうっかり蛇口を開けっぱなしにしてしまった場合、浸水した床の修理代は火災保険で補償されるといえます。

では、集合住宅で暮らしていて他人が原因で水漏れ被害が起きた場合はどうでしょうか。この場合は、原因を引き起こした相手側が修理費を支払うのが一般的です。しかし、その場合の賠償額は部屋を購入したときの値段ではなく、経過年数などを加味したうえで時価から計算されます。そのため、自分側に原因がなくても自己負担が発生する可能性は十分あるといえるでしょう。

そして、自己負担がある場合にはその分を保険会社に請求できる可能性があります。火災保険の内容に、被害を受けた物を新たに購入する費用を補償する「新価」が含まれているかを確認しましょう。

配管が原因で水漏れ被害が起こる場合もあるかもしれません。配管は個人の敷地内にある「専有部分」と公共の「共有部分」があり、個人に維持管理責任があるのは専有部分のみとなります。共有部分の破損などによって水漏れ被害が発生した場合には、自己負担分を火災保険で補償される可能性があります。

火災保険で補償されないケース

火災保険で補償されるのは、基本的に水漏れが原因で被害に遭った部分です。例えば蛇口の水漏れが原因で床が被害に遭った場合には、床の修理費を請求できる可能性はあります。しかし、蛇口の水漏れ修理そのものの費用を保険会社に請求することはできません。

また、水漏れ被害が起きた際に対応する保険は持ち家か賃貸住宅かによって変わってきます。持ち家の自室で被害が起きた場合には火災保険が適用されますが、賃貸住宅の場合には借家人賠償責任保険が適用されます。また、水漏れが原因で階下の住民など他人に被害を与えた場合には個人賠償責任保険が適用されます。

では、自然災害が原因で水漏れ被害が起きた場合はどうでしょうか。例えば台風によって窓ガラスが割れて家電が壊れた場合などは、火災保険の風災が適用されます。ただし、もともと壁や屋根が破損している場合や窓が開いていた場合には保険金を請求することはできません。

水回りのトラブルでお困りの際はなごや水道職人にご相談ください

ここでご紹介したように、水漏れは火災保険で補償されるケースと補償されないケースがあります。補償について正しく理解しておくことで、いざ水漏れが起きたときにも冷静に対処しやすくなるといえるでしょう。まずは、自分自身が火災保険の内容を念入りにチェックすることをおすすめします。

ただし、ここでご紹介したように火災保険では水漏れの原因そのものの修理費用は補償されません。水漏れが起きた場合には、プロの業者に修理を依頼する必要があります。

弊社は、名古屋市を中心に水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。経験豊富なスタッフが責任を持って対応しますので、安心してお任せいただけます。水回りのことでお困りの際は、ぜひ気軽にご相談ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315