【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 意外と知らない?水道管の材質と特徴

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

意外と知らない?水道管の材質と特徴

2021年07月03日 水道管


水道管には様々な材質があるということは知っていますか。自宅の水道管の材質を知っていれば起こり得るトラブルを予測しやすくなり、万が一の場合にも落ち着いて対処することができます。

ここでは水道管の主な材質と特徴についてまとめたので、ぜひ参考にしてください。

水道管は材質によって特徴が異なる

私たちの生活には、水が欠かせません。日本ではどの家庭にも蛇口があり、蛇口から水を出すために必要となるのが水道管です。そして、公共部分の水道管は水道局が管理を行いますが、敷地内の給水管や給湯管は各家庭で管理を行わなければいけません。

そして、給水管や給湯管に使われている材質とその特徴が分かれば管理を行いやすくなります。水道管は、経年劣化は避けられません。劣化が進んでトラブルが起きたときの場合に備えて、水道管の材質と特徴を把握しておくといいでしょう。


水道管の材質と特徴

ここでは、水道管の主な材質および特徴をご紹介します。

・塩化ビニル
塩化ビニルは、1950年以降水道管の素材として幅広く利用されてきました。その大きな特徴はサビたり腐食したりする心配がないこと。耐薬品性もあるため、アルカリなどで破損することもありません。

さらに重量が軽いため、工事の際に楽に運搬することができます。
しかし、低温環境や紫外線、有機溶剤などに弱いという点には配慮しなければいけません。

・金属(鉄・鉛・銅)
水道管の素材として使われる金属には、鉄、鉛、銅の3種類があります。
これらのうち、鉄は今まで最も一般的な水道管の素材として使用されてきました。鉄は非常に丈夫なため簡単に破損することはなく、地震の際のリスクも低いといえます。

地震の多い日本に合った材質だといえるでしょう。その一方で、鉄はサビやすいのが大きな欠点。
水道管がサビると、蛇口から色の付いた水が出ることもあります。

そして、鉛は水道が普及し始めた頃によく利用されていた素材です。
しかし、水漏れが多い、鉛が水に溶けだすリスクがあるなどの理由から新しい水道管には使用されておらず、古い鉛の水道管は交換作業が行われています。

銅は、耐熱性の高さが大きな特徴です。また腐食しにくいこともメリットだといえるでしょう。
その一方で、水漏れすることがあるなどのデメリットがあります。

・ダクタイル鋳鉄管
ダクタイル鋳鉄管は海外でよく採用されている素材であり、日本では1940~1950年頃から普及し始めました。その特徴は伸縮性の高さで、地盤の変動に対応することができます。

大地震が起こる日本においては、欠かせない材質の1つだといえるでしょう。今後、ダクタイル鋳鉄管の水道管は増えることが予想されています。

・ステンレス
水道管のサビに悩まされる人は少なくありません。しかし、ステンレスの水道管はサビる心配がないことが大きなメリットです。
そのため、食品工場や厨房など食品を扱う現場の水道管にはステンレスがよく採用されています。

また、ステンレスは廃棄の際に有害物質があまり排出されません。地球環境に優しいというところも、大きなメリットだといえるでしょう。

・樹脂(HIVP)
近年では鉄に代わって様々な素材が採用されていますが、そのうちの1つが樹脂(HIVP)です。
樹脂製の水道管のメリットとしては、ステンレスと同様にサビにくいということが挙げられます。
サビによって色の付いた水が出たり水道管に穴が空いたりする心配がないため、修繕費にかかるコストも減らせるといえるでしょう。

さらに加工しやすいという点も大きな特徴で、長さの調整などが容易であるため、水道工事に手間がかかりません。

その一方で、樹脂製の水道管は温度変化に弱いところが難点です。お湯を流したり凍結したりしたときに破損する危険性があるため、給湯管には適しません。メリットの多い樹脂ですが、使える場所は限られるといえます。

・ポリエチレン
ポリエチレンは、簡単に取り付けや取り外しをできることが大きな特徴だといえます。
また熱や振動に強いため、様々な用途で利用できます。

しかし、日光によって穴が空く可能性があることが難点。穴が空いたら、当然ながら付け替えを行わなければいけません。


水回りのトラブルでお困りの際はなごや水道職人にご相談ください

ここでご紹介したように、起こりやすいトラブルは水道管の材質によって異なります。
いざトラブルが起こったときに迅速に対処するためにも、ぜひ一度自宅の水道管の材質を確認してみてください。

そして、水道管の水漏れやつまりなどのトラブルが起きた場合には水道修理業者に修理を依頼する必要があります。
被害の拡大を防ぐためにも、信頼できるプロの業者に早めに連絡しましょう。

弊社は、名古屋市緑区、中川区、守山区など名古屋市を中心に、安城市、西尾市など愛知県全域の水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
経験豊富なスタッフが責任を持って対応しますので、安心してお任せいただけます。
水回りのことでお困りの際は、ぜひ気軽にご相談ください。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315