【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水の流れが悪くなった?トイレのタンク詰まりの原因と対策

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水の流れが悪くなった?トイレのタンク詰まりの原因と対策

2021年07月29日 トイレのつまり


トイレが詰まった?まずは原因の特定を

トイレが詰まってしまう原因はいくつか考えられますが、その多くは排水管の詰まりによるものです。水に流せるティッシュペーパーなどの紙類や、嘔吐物や食べ残しなど、水に溶けにくいものを流してしまい、そもそも流してはいけないものを流した事が詰まりの原因となるのです。このように詰まりの原因が明確な場合は、以下の方法で解消できる可能性があります。

・大量のトイレットペーパーなど水溶性のものが原因の場合
バケツの水をトイレに一気に流し、水圧によって詰まりの原因を押し流す方法が有効です。この方法を行う際は、事前に便器内の汚水を汲み出して便器内の水が少ない状態にしておいてください。バケツまたはペットボトルに用意した大量の水を、便器から溢れ出ないように注意しながら一気に流し込み、様子を見ます。つまりが解消しない場合、しばらく放置してつまりの原因が水に溶けるのを待ってからもう一度行います。

・固形物など不溶性のものが原因の場合
嘔吐物や食べ残し、アクセサリーやスマートフォンなど、水に溶けない固形物が原因の場合、上記の水を流す方法ではかえって詰まりを悪化させてしまう可能性があります。その場合、ラバーカップを使用して、圧力によって詰まりの原因を吸い上げる方法が有効です。この方法を行う場合は、吸い上げたときの勢いで便器内の汚水が散らばる可能性があるので、便器の周りを新聞紙など汚れても平気なもので覆ってから行いましょう。

準備ができたらラバーカップを便器内の排水口に押し付け、引き上げるようにして使用します。一度で吸い上げられなくても、繰り返し何度も行うことで次第に詰まりが取れてきます。

排水管の詰まりが原因でない場合はトイレタンクの可能性も

上記の方法を試してみても改善の兆しが見られない場合や、一時的に改善できても再び詰まりが発生する場合、排水管ではなくトイレのタンク内に詰まりの原因があるかもしれません。

例えば、タンク内に水を入れたペットボトルなどの重しを入れておくと、タンク内の水かさが増して、水を流した時の水量が少なくなります。こうする事で節水効果が期待できるので、ついつい重しを多く入れたくなってしまいますが、流れる水量が少なくなることは、排泄物などを流すのに十分な水流や水圧を生み出せず、結果としてトイレの詰まりが起こってしまうのです。

もしくは、トイレタンク内のパーツが経年劣化などの理由によって破損している可能性も考えられます。タンク内には水を流すのに必要な役割を持った部品が水の中に沈んでいて、これらが破損してしまうと正常に水が流れなくなって詰まりの原因となってしまうのです。

タンクが原因の場合のチェックポイントと解決方法

トイレタンクが原因だと考えられる場合、タンクの内部を点検していく事になるのですが、蓋を外す前には必ずトイレの止水栓を閉めましょう。タンク内には水量を調整する為の部品があり、止水栓を止めないままこれらを動かしてしまうとタンクから水が溢れてしまう場合がある為です。

・フロートゴム玉がタンクの底を塞いでいるか
蓋を開けて中を確認してみると、ボールチェーンのような鎖につながった玉状のものがタンクの底にあるのが確認できるかと思います。これはフロートゴム玉といい、トイレの水を流す時にこれがタンク底から浮き上がることで便器内に水が流れる仕組みになっています。

そのため、このフロートゴム玉がきちんとタンクの底を塞げていない場合、そこから便器内に水が流れ出て水量が不足してしまうのです。もし、フロートゴム玉がタンク底にはまっていなかった場合、きちんと塞ぐことで解決できる場合があります。

・フロートゴム玉についた鎖が切れたり外れたりしていないか
フロートゴム玉から伸びるボールチェーンのような鎖は、トイレに水を流す時に捻るハンドルにつながっています。これが切れたり外れたりしてしまうと、当然ながらフロートゴム玉を浮かす事ができず、便器内に水が流れなってしまうのです。もし、鎖が外れていたらつなぎ直し、切れていたら新しいものと交換しましょう。交換する場合、交換用の部品がフロートゴム玉とセットで販売されているので、一緒に交換します。

・ボールタップの先端にある浮き玉フロートがタンクの水に浮かんでいるか
ボールタップと呼ばれる細い棒状の先端にある部品を浮き球フロートといい、これがトイレタンク内の水量を測っています。レバーを引いて便器内に水が流れると浮き球フロートが下がり、タンク内に水が補充されはじめます。十分な水で満たされて浮き球が所定の位置まで上がることで、給水が停止する仕組みとなっているのです。その為、この浮き球フロートが水に沈んでいると水位を正しく測れず、排泄物を流すのに必要な水量を便器内に流せなくなってしまいます。

この場合、浮き球フロートを適正な位置に直す事で正しい量の給水が行われ、解決できる可能性があります。タンク内で垂直に伸びているパイプに「WL-」という印が刻まれているので、これを目安に浮き球フロートの位置を調整しましょう。

・浮き球フロートの内部に水が入り込んでいないか
基本的に浮き球フロートの内部に水が入り込む事はないのですが、亀裂が入るなど何かしらの理由によって水が入ってしまう事があります。そうすると、タンク内で正常に浮べず、必要な量の水が補充できなくなってしまいます。この場合、新しいものと交換する事で解決可能です。

自力解決が困難な場合は業者への依頼がおすすめ

トイレの詰まりやトイレタンク内のトラブルは、業者に頼らずとも自分自身で対応できる可能性があります。ですが、なんとか自力で対処しようと無理をする事で、他の部品まで破損させてしまい、状況を悪化させてしまう恐れもあるのです。もし、自力で解決できるか不安で、どうしたら良いかわからない場合は、プロの水道業者にお任せするのをおすすめします。

トイレの詰まり解消はなごや水道職人へ

なごや水道職人は、名古屋市千種区、名東区、北区など名古屋市のほか、一宮市、豊川市、稲沢市など、愛知県全域で水回りのトラブルを解決しているプロの業者です。トイレのつまり問題や洗面所、風呂のつまりなど、24時間受け付けのお電話一本で現場に駆け付け迅速確実に解決します。水回りのトラブルでお困りの際は、なごや水道職人までぜひお気軽にご相談ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315