名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » お風呂場の蛇口のトラブルを自力で解決するには?

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂場の蛇口のトラブルを自力で解決するには?

2021年01月31日 蛇口のトラブル


お風呂場ではいろいろな箇所で、トラブルが起こる可能性があります。
構造が複雑なために起こってしまうことが多い排水溝の詰まり、シャワーヘッドやバスタブなどからの水漏れ、蛇口などの詰まりなど実に様々です。
今回はその中でも詰まりにフォーカスし、原因や自力での修理交換について確認してみましょう。

お風呂場の詰まりはどこで起こる?

まずは、お風呂場で詰まりが起こりやすい箇所と原因や初期の対処方法などについて、チェックしておきましょう。

排水溝で詰まりが起こり、水の流れが悪くなってしまったり、逆流で困ったりした経験のある方は案外多いかもしれません。お風呂場の排水溝は浴槽や洗い場から排水が流れ込んでしまうため詰まりのトラブルを起こしやすい箇所になっています。

しかし、排水溝で詰まりが起こってしまう原因は、こうした構造面の問題だけではないようです。排水溝には詰まりの原因となりやすいシャンプーのときなどに、抜けてしまった髪の毛が流れ込んでしまう点もあげられます。

髪の毛が排水溝の中に付着してしまうと、そこに皮脂や石鹸カスなどがとどまってしまうようになってしまい、詰まりの原因がどんどん大きくなってしまい詰まりを悪化させてしまうことになります。こうなってしまう前に定期的にパイプクリーナーや重曹などで早めに対処しておきたいものです。

また、シャワーヘッドや蛇口から水が出なくなる詰まりが起こってしまうこともあります。
この場合、考えられる原因はいくつかありますが、まずは止水栓が閉まっていないか確認することをおすすめします。止水栓が閉まっていることが原因であれば、止水栓を開くことで詰まりは一気に解決するでしょう。


止水栓が原因でない場合の詰まりの原因と対処方法

それでは、止水栓は開いているのにシャワーヘッドや蛇口に詰まりが起こっている場合、詰まりを直すために他の原因を探す必要があります。

この場合、蛇口内部にごみ受け機能として取り付けられているフィルターに、何か固形物や汚れなどが溜まっていないか確認してみましょう。
もし、フィルターに何か溜まっているものがあれば取り除けばOKです。フィルターに何も詰まっていなくても逆止弁に詰まりが起こっている場合もありますので、こちらもチェックしておきましょう。

ただ、逆止弁は給水管のソケット部分にありますので、確認する際には止水栓を閉めてから行うようにしましょう。シャワーヘッドの場合は、目詰まりを起こしていないか確認してみましょう。

また、蛇口のフィルターに何も溜まっていなかったり、シャワーヘッドに目詰まりが起こっていなかったりした場合は、蛇口やシャワーヘッドのパーツが壊れていたり、配水管内部に錆が発生してしまったりして詰まりの原因になっているケースもあります。
以前に赤茶けた色のお湯や水が出てきたことがあれば、錆が原因となっている可能性があります。この場合はDIYに慣れた方でも自力で対処することは難しいので、専門業者に修理や交換をするようにしましょう。

パーツが壊れている場合、シャワーヘッドの場合はシャワーヘッドが取り外せるタイプとシャワーホースと一体になって取り外せないタイプがあります。シャワーヘッドが取り外せる場合はシャワーヘッドを回せば簡単に外すことが出来ますので、同じメーカーのものであれば新しいシャワーヘッドと交換すればOKです。

異なったメーカーのものと交換する場合は、アダプターも交換する必要がありますので注意が必要です。シャワーホースと一体になっている場合は、シャワーホースごと交換する必要がありますので、自力で交換するのが不安な場合は業者に依頼することをおすすめします。
また、蛇口の場合は蛇口の形状によってDIYで対処可能な場合と難しい場合があります。


お風呂の蛇口の種類・特徴・対処方法

お風呂の蛇口の種類と特徴および対処方法について確認しておきましょう。お風呂の蛇口には2ハンドル混合水栓、シングルレバー混合水栓、サーモスタット混合水栓の3種類があります。

2ハンドル混合水栓は、お湯の量を調整するためのハンドルとお水の量を調整するためのハンドルがついているタイプの蛇口になります。
シングルレバー混合水栓は、片手でお湯とお水の切り替え操作が簡単に行なうことが出来るタイプの蛇口です。
サーモスタット混合水栓はサーモスタットが搭載されていますので、お湯の温度を一定に保つことが可能です。

いずれの蛇口も修理交換作業をおこなう際には、必ず止水栓を閉めてからおこなうようにしましょう。また、蛇口を分解して壊れた箇所を確認し、交換部品の品番等を特定する必要があります。こうした作業が面倒だと感じる方は、自力で修理交換をおこなうことはあまりおすすめできません。

また、サーモスタット混合水栓は交換修理をおこなった際に、サーモスタットを壊してしまったりすることもありますので、水回りのトラブルの専門業者に依頼した方が良いでしょう。

なごや水道職人は、名古屋市北区、西区、港区など名古屋市を中心に愛知県全地域で水回りのトラブル解決に尽力しています。なごや職人は年中無休で対応していますので、困ったときにいつでも頼れる専門業者です。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315