名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 蛇口の水圧が弱すぎる!自分でできる調整方法を分かりやすく解説

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

蛇口の水圧が弱すぎる!自分でできる調整方法を分かりやすく解説

2020年02月04日 水のトラブル


もし蛇口から出る水の水圧が弱いと感じたら、どのように対処すればいいのでしょうか。

 

水道のトラブルは、はじめはちょっとした違和感だったとしても後々大きなトラブルにつながることがあります。異変に気付いたらできるだけ早く対処しましょう。

 

今回は、蛇口の水圧が弱すぎた際の調整方法についてご紹介いたします。

 

蛇口の水圧が弱いときの対処法


蛇口の水圧が弱いと感じたら、まずは家の中のほかの蛇口の水圧もチェックしてみましょう。一つの蛇口の水圧だけが弱くなっているときもありますし、家全体の水圧が弱くなっていることもあります。またキッチンやお風呂では、水とお湯両方の水圧をチェックします。

 

・家全体の水圧が低くなっている場合

家中の蛇口をチェックして、家全体の蛇口の水圧が下がってしまっていたのであれば、問題は家の水道の元栓にある可能性が高いです。

 

家の水道の元栓は止水バルブによって調節されていて、水道メーターの近くにあります。二人で作業を行うようにして、一人は止水バルブを少しずつ開き、もう一人は蛇口から出る水の勢いをチェックしましょう。このとき止水バルブを一気に開くと、かなりの勢いで水が飛び出すことがあります。あたりが水浸しになってしまうこともありますから、ゆっくり開いて調節するようにしてください。

 

集合住宅の場合は、自分で対処せずに管理会社や大家さんに相談することをおすすめします。自分で調整した結果、ほかの部屋にも影響が出てしまう可能性があるからです。またもし止水バルブを破損してしまった場合は、弁償しなければならなくなりますので注意しましょう。

 

・一箇所だけ水圧が低くなっている場合

家全体をチェックして、ほかの蛇口には特に問題がみられなかった場合、水圧が弱くなっている蛇口周辺でトラブルが起きています。

 

まずその周りで水漏れが起きていないかを確認しましょう。水漏れがない場合は給水経路のホースやフィルターが詰まっている可能性が高いです。またシャワーの水圧が低い場合は、シャワーヘッドの穴が詰まっている可能性もあります。給水ホースを取り外してつまりを確認したり、フィルターやシャワーヘッドに詰まっているゴミを取り除いたりすれば解消されることが多いです。

 

また蛇口ごとの止水栓が閉まり過ぎている可能性もあります。各蛇口についている止水栓をマイナスドライバーで少しずつ緩めながら、水圧が変化するか確認してみましょう。一気に開くと勢いよく水が出てしまうことがありますので、注意が必要です。水は問題なく出るのにお湯だけ水圧が低い場合は、給湯器の容量と普段使用しているお湯の量を比較し、必要があれば給湯器を交換しましょう。

 

蛇口の水圧が弱くなる3つの原因


蛇口の水圧が弱くなる原因はいくつか考えられます。いくつかのケースで考えられる原因を紹介します。

 

・1. 家全体の水圧が弱い

家の水道の元栓である止水バルブは、普段は触ることのない部分でしょう。しかし水道工事を行なったときは、業者がこの止水バルブを開け閉めすることがあります。業者もちょうどいい水圧で水が出るように調整しているはずですが、もし水圧が弱いと感じるのであれば工事後の調整で弱くしてしまったことが原因として考えられます。

 

・2. 一箇所だけの水圧が弱い

一箇所だけの水圧が弱い場合の原因として、水漏れが挙げられます。蛇口や給水管周りをチェックして水漏れが発見できる場合もあるのですが、目視で確認できない場合は、家の蛇口をすべて閉めたうえで水道メーターを確認しましょう。メーターが動いている場合、水圧が低い蛇口周辺で水漏れが起きているのが原因です。

 

水漏れがない場合は、水圧が弱い蛇口の給水管内の不具合やつまり、周辺の部品に問題がある可能性が高いです。取り外して掃除できる部品は外してみて、汚れを落としてみましょう。

 

・3. お湯の水圧だけが弱い

同じ場所で蛇口をひねったとき、水は問題なく出るのにも関わらずお湯だけ水圧が弱いのであれば、使用するお湯の量に比べて給湯器に溜めることができるお湯の量が少ないことが原因として考えられます。

 

蛇口の水圧が戻らないときは水道業者に相談


今回紹介した対処法を試してみても水圧が戻らないときや、原因がまったくわからないときは、無理に自分で解決しようとせずに、水道業者に相談することをおすすめします。蛇口から水が出るのは、蛇口が給水管と繋がっているからなのですが、給水管の内部には水が高圧状態で流れています。無理に給水管を外せば中に入っている水が飛び出してしまう可能性もあり、被害が拡大する可能性もあるのです。自分でどうしようもないときは水道業者に依頼しましょう。

 

また水漏れが起きている場合は、タオルや防水タイプの配管専用のテープを使って応急処置をしたら、すぐに業者に相談することをおすすめします。ちょっとした水漏れでも配管の破裂につながってしまうこともあるので注意が必要です。

 

水圧が弱いときは水漏れの確認を


家の蛇口の水圧が弱くなってしまう原因はいくつか考えられるのですが、その中でも一番厄介なのが水漏れです。家全体の水圧が下がっていないことがわかったら、すぐに水漏れがないか確認しましょう。またそれ以外の原因の場合も、放置しているといずれ水漏れが発生してしまう可能性があります。もし何か違和感があったらできるだけ早く対処しましょう。

 

自分ではどうにもできない場合は、迷わずに業者に相談することをおすすめします。名古屋にお住まいの方は、ぜひ水道局指定店であるなごや水道職人にお任せください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315