名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレの水の茶色い濁りの原因とは?その対処法と併せて解説

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水の茶色い濁りの原因とは?その対処法と併せて解説

2020年02月04日 トイレのトラブル


透明だったはずのトイレの水が茶色く濁っていると、ご自身はもちろん、家を訪れた人も不潔な印象を抱いてしまいます。便器の汚れが水の濁りの原因になっている可能性はありますが、しっかり掃除をしているのに色が濁ってしまっているのであれば、それ以外に原因がある可能性が高いでしょう。今回はトイレの水が茶色く濁ってしまっている原因とその対処法について解説します。

トイレの水が濁る原因は排水管のサビかもしれない


どれだけ便器を掃除してもトイレの水が茶色く変色してしまう場合は、排水管がサビている可能性が高いです。排水管がサビていると、ほかの蛇口から出る水も茶色くなるので、トイレ以外の水回りも確認してみましょう。

 

排水管のサビは築年数が経っている家で起きやすく、茶色に色が濁ることもあれば、赤茶色・褐色に映ることもあります。何をしても変色した水が出てくるようであれば、配管を交換する必要があります。

 

・トイレだけ水が変色しているならトイレタンク内の部品のサビをチェック

トイレの水だけが変色している場合、トイレタンク内の部品がサビている可能性があります。トイレタンク内で用いられている部品は、経年劣化によってサビてしまいます。

 

また、新築の家や築年数が浅い、トイレタンク内の部品が劣化していないケースであっても、トイレの水の色が変色してしまうことがあります。この場合、近隣で水道管工事が行われことによって、水の色が茶色、赤茶色に変色してしまっていることが考えられます。時間が経っても全く解消されない場合は、管轄の水道局に問い合わせましょう。

 

古い家の場合でも一時的にトイレの水が茶色くなったのであれば、近隣で行われた水道工事が原因の可能性が高いです。

 

トイレの水が濁るときの対処法


トイレの水が茶色に濁ってしまっている場合、まずは家全体の蛇口をひねって状態を確認しましょう。

 

全ての蛇口から出る水が濁っているのであれば、配管交換もしくは洗浄が必要ですし、トイレの水だけが濁りのであれば、トイレタンク内の部品を交換する必要があります。

 

・配管はサビに強い素材に取り替える

トイレの水の濁りの原因が古くなってサビた配管自体にあるのであれば、配管を交換するのが最善の対処法です。一昔前は鉄製の配管が一般的でしたが、現在はサビに強い樹脂やポリエチレンの配管が一般的となっています。

 

樹脂製やポリエチレン製の配管に交換しておけば、サビ発生の可能性を軽減できるため、快適に過ごせるでしょう。

 

 

・配管洗浄で水が透明に戻るのは一時的

家を建て替える予定があったり、引越しの予定があったりする場合、配管工事をするのはもったいないと感じてしまうかもしれません。その場合は、配管洗浄することで茶色く濁った水を解消することも可能です。

 

ただし、配管洗浄によって水の色が透明に戻るのは一時的です。時間が経つとサビが発生して水に溶け出し、トイレの水を含め、蛇口から出る水が変色してしまいます。その度に配管洗浄を行わなくてはなりませんから、これからもずっとその家に住むのであれば配管洗浄ではなく、配管交換した方が将来的に考えてもおすすめです。

 

アパートやマンションなどの集合住宅の場合は、配管交換が難しいことがあります。その場合は配管洗浄で対処することが多いです。管理会社が行ってくれる場合が多いので、不具合があればまずは管理会社に問い合わせてください。

 

また、樹脂製やポリエチレン製の水道管は、かなりサビにくくはなっていますが、それでも経年劣化によってサビが発生する可能性はゼロではありません。この場合も配管洗浄を行うケースが多いです。交換することも可能ですが、配管交換の工事はお金がかかるので、まずは配管洗浄で様子をみてみるといいでしょう。

 

・トイレタンク内を掃除

トイレ以外の家の蛇口から出る水が透明な場合、トイレタンク内部品のサビを疑いましょう。トイレタンク内でサビている部品を探し、掃除や交換することで透明な水に戻すことができます。

 

トイレタンク内を掃除するときには、トイレ用の中性洗剤を使用しましょう。止水栓を止めてトイレタンクの水を抜くと掃除がしやすくなります。サビている部品を取り外して磨けば、多くの場合、水は透明に戻ります。

 

トイレタンク内を掃除するときは、酸性やアルカリ性の洗剤は使わないようにしてください。これらの洗剤を使うと部品に劣化が発生し、結果的に別のトラブルを招いてしまうことになります。

 

配管を交換する場合は複数の業者に見積もりを依頼


トイレの水が茶色く濁っている原因が配管自体にあった場合、その家に住み続けるのであれば配管交換を行いましょう。配管の交換は自分ですることができないため、業者に依頼します。配管工事をすると決めたら、いくつかの水道修理業者に見積もりを依頼し、比較して決めることをおすすめします。

 

 

 

トイレの水のトラブルは業者に相談


トイレの水が茶色く濁った場合、配管かトイレタンク内の部品に原因があります。トイレタンク内の部品が原因の場合は、ご自身で対処することができますが、配管の場合はすぐに業者に相談しましょう。長く快適に使うためには配管交換をするのがベストですが、費用を抑えたいのであれば配管洗浄という方法もあります。

 

配管交換、配管洗浄、さらには自分で対処できないトイレの水に関するトラブルは業者に相談して、解決するのがおすすめです。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315