名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 止まらなくなったトイレの水を自力で止める方法を徹底解説

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

止まらなくなったトイレの水を自力で止める方法を徹底解説

2020年03月31日 トイレのトラブル

突然トイレの水が止まらなくなった経験をしたことがある方は少なくないでしょう。トイレのトラブルは突然起こるので、事前に解決法を知っておくと慌てずに対処できます。

スムーズに使えていたトイレの水が、突然止まらなくなるのはいくつかの原因があります。まずは止水栓を止め、その後に原因を探しましょう。

ここでは、万一トイレの水が止まらなくなったときにご自身でできる方法を紹介します。


止水栓を締める・タンクを空にする・タンクのフタを外す

水が止まらなくなったら、まずすることが3つあります。

・1. 止水栓を締める
止水栓を締めることは、水のトラブルを対処するときに必ず最初に行う作業で、これを行わずに作業をしてしまうとさらに水が溢れてしまいます。

・2. タンクの水を空にする
止水栓を締めたら、いつも使用しているトイレの水を流すレバーを引いてタンクの水を抜き空の状態にします。

・3. タンクのフタを外す
フタを外し中身が見えるようにしておきます。フタを持ち上げただけでは取り外せない場合は、手洗い管を給水管から外さなければいけません。この場合、手洗い管の根元のナットを外せば外すことができます。簡単に外せないタイプもあるので、その場合は説明書を見るかメーカーに問い合わせをして正しい方法で取り外してください。

これらの作業をきちんと行うことで、次の作業を進められます。


原因を調べる

水が止まらなくなる原因は、どのように水が漏れているかで異なります。大きく分けて3つあります。

・1. 手洗い管から水が漏れている
ポタポタと水が漏れてくる場合は、タンク内にあるボールタップが故障している可能性があります。また、タンク内でハンドルレバーの鎖が絡まっていたり、パッキンが劣化していたりすることも考えられるでしょう。

・2. 便器の中に水が流れ続けている
便器に水が流れる調整をしているゴムフロートの異常やボールタップの異常が考えられます。これらに異常があると、タンク内の水の量の調整ができなくなります。

・3. タンク内で給水が止まらない
タンクへの給水が止まらず水が流れる音が続いていることがあります。ボールタップと浮き球に異常があると水が止まらなくなることが多いので、これらを新しいものに交換する必要があります。



自力で解決できるケースとできないケース

トイレの水を止めるには、自力で解決できる場合とそうでない場合があります。

・自力で解決できるケース
トイレの水が止まらなくなる原因のほとんどが部品の故障や劣化です。その場合は、ご自身で部品を買ってきて交換することで解決できます。モンキーレンチや精密ドライバーなど必要な道具は用意しなければいけませんが、すべてホームセンターに売っているので誰でも修理可能です。

部品は、主にゴムフロートやナット、パッキンなどが挙げられます。

ゴムフロートに異物が挟まっていると水のトラブルに繋がりやすく、しっかり排水口にはまるようにすることで止水できます。ゴムフロートはホームセンターに売っており、手で簡単に取り付けられます。

ボールタップや浮き球が原因で故障している場合は、モンキーレンチを使ってナットを外し、ボールタップを引き抜いて新しいものと交換しましょう。

浮き球は経年劣化しやすいので、ボールタップを交換した際は同時に交換しておくことをおすすめします。

ゴムフロートやボールタップ以外にナットやパッキンも劣化しやすいので、他の部品を交換するときはこちらも一緒に交換しておくと安心です。

・自力で解決できないケース
オール電化のトイレやフラッシュバルブ式はタンクがないタイプが多く、ご自身で修理するのは少々困難です。

オール電化トイレはご存知のとおり自動で流れるトイレです。ご自身では水が止まらない原因の判断が難しいので、異常を感じたらすぐにメーカーに問い合わせましょう。

フラッシュバルブ式トイレは、公衆トイレをイメージすると分かりやすいかもしれません。連続して水を流すので、直接水道管から流すようにできています。この場合、原因はストレーナーの目つまりが多く、水を止めるには分解が必要です。

これらは専門知識が必要ですから、これらのトイレの水トラブルが発生したらすぐにメーカーに問い合わせてください。ご自身でやろうとすると故障の原因にもなります。できることは、止水栓を締めて電源を抜いておくことです。


自力で対処できない場合はプロに任せよう

自力でトイレの水を止めることができるのは、ゴムフロートやナット、パッキンといった部品の劣化や摩耗です。これらは道具さえあればご自身でも対処できます。

このような簡単な部品交換作業であればご自身で対処できますが、ご自身でできるか不安がある方はプロに依頼したほうが安心です。

また、近年一般家庭にも増えているオール電化のトイレは専門知識が必要になるため、水が止まらなくなった時点でプロに相談したほうが賢明でしょう。

水道局指定店である愛知県名古屋市に密着したなごや水道職人は、水のトラブルを専門に取り扱っています。もちろんトイレの水漏れにもしっかり対応してくれます。まずは電話をして相談しましょう。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315