【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 【原因別】トイレの水が流れないときの応急処置3つの方法

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

【原因別】トイレの水が流れないときの応急処置3つの方法

2019年10月01日 つまりのトラブル

家の中の水のトラブルはたくさんありますが、その中でも特に深刻なのはトイレのトラブルではないでしょうか。特にトイレの水が流れないとなるととても大変です。お風呂も食事も外で済ませることは可能ですが、トイレはなかなか外で済ませようという気にはならないでしょう。トイレの水が流れなくなることにはいくつかの異なった原因があるので、それに合わせた処置が必要です。そこで、トイレの水が流れない水道トラブルの解決方法を、原因別にご紹介します。


止水栓が閉じている・フロート弁が稼動しない

最初に見るべきなのはトイレのタンクです。タンクに水が溜まっていない場合には2つの原因が考えられます。まず考えられる原因は止水栓が閉じているというものです。止水栓が閉じてしまっていると、タンク内に水が供給されないので水が流れなくなってしまいます。もしタンクを開けて水が溜まっていないのであれば、止水栓が閉じている可能性が高いです。すぐに止水栓を開けて水が供給されるかどうか確認しましょう。トイレの止水栓はハンドルが付いているものもあれば、マイナスドライバーのような工具が必要になるものもあるので注意が必要です。続いて考えられる初歩的な原因がフロート弁の不具合です。

タンクの中では、水を流すためのレバーをひねるたびにフロート弁が持ちあげられて水が流れる仕組みになっています。しかし何らかの理由でフロート弁が稼働しない状態になっていると水が流れません。タンクを開けてみて、レバーからフロート弁に続く鎖が切れていたり、フロート弁にゴミが付いていたりする場合には、フロート弁を掃除する、鎖を取り換えるなどして水が流れるかを確認するとよいでしょう。


貯水槽に水があるのに流れない

タンクに水が溜まっているのに流れない場合には別の理由があるのかもしれません。主に考えられるのはタンクの内部構造に何らかの不具合が発生しているということです。たとえば浮き球が機能していないというケースがあります。水が流れると、浮き球は下がります。その後給水されると浮き球が上がり、一定の水位になると給水が止まるという仕組みです。浮き球が正常な位置に来ないと給水がうまくいかず水が流れなくなってしまいます。この場合には浮き球を正常な位置に戻してあげることで解決するでしょう。

さらにボールタップの調子が悪い場合も水が流れなくなります。しばらく使われていないトイレでよく起こりますが、水垢やゴミが付いているとボールタップが動かなくなってしまうのです。この場合にはタンクを開けて歯ブラシなどで掃除すれば正常に動くようになります。


トイレの水が流れないときの応急処置

トイレの水が流れなくなってしまうとかなり焦ることでしょう。いざというときに慌てないため、適切な応急処置の方法を知っておく必要があります。まずもっとも簡単な応急処置はバケツに水を入れて流すという方法です。バケツに水をいっぱい入れて、勢いよく便器に流し込めば汚物を流すことができます。

もし1回で綺麗にならない場合には何度かバケツで水を流すようにしましょう。すぐに修理業者を呼ぶというのも1つの手ですが、その前に自分で原因を探すと、わざわざ業者を呼ぶ必要がなくなるかもしれません。タンクを開けてみて、何が原因かを探してみましょう。タンク内に水が溜まっているかどうかを確認し、止水栓、フロート弁、浮き球、ボールタップなどをチェックします。何が原因かがわかったら、自分で修理することもできます。止水栓を開けたり、浮き球を正常な位置に戻したりすることは簡単にできますし、レバーとフロート弁をつなぐ鎖が切れている場合には、応急処置として紐でつなぐなどの対応も可能です。

その後ホームセンターで新しいボールタップを購入して自分で交換します。それほど難しくはないので、こうした作業が苦にならないという方であれば、専門業者に依頼することなく問題を解決できるはずです。

・専門業者に依頼するのも手
トイレは汚い場所なので、作業に抵抗を覚える方もいるかもしれません。また、あまり作業に慣れていない方の場合には、無理に部品を取り外したり取り付けたりしてネジ山を壊してしまう恐れがあります。ネジ山が壊れると部品が取り付けられなくなったり、漏水したりしてしまうかもしれません。もし自分で修理するのが怖いという場合にはバケツで水を流した後、専門業者に頼んで修理してもらうとよいでしょう。


トイレのトラブルが起こっても慌てない

トイレの水が流れなくなってしまうと、かなり焦ってどうしたらよいのかわからなくなってしまうかもしれません。しかし慌てないことが重要です。とりあえず応急処置を施して、原因を究明するようにしましょう。多くの場合トイレの水が流れなくなってしまっても、それ以上に深刻になることはありません。ちょっとした修理で解決することがほとんどですから、慌てず自分で修理するか、専門業者に依頼するなどして対処するようにしましょう。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315