名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 【原因別】天井からの水漏れを対処する3つの方法

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

【原因別】天井からの水漏れを対処する3つの方法

2019年07月30日 水漏れトラブル

家の水漏れは放っておくと、室内のカビや腐敗、水道料金の上昇など家計にダメージを与えかねません。そのため、水漏れに気づいた場合はすぐに原因を突き止め、水漏れ部位を特定し対処を行うことが不可欠です。ただ、原因が様々であるように対処の方法も原因によって異なります。間違った方法で対処をしてしまうと悪化の要因になるため気をつけなければなりません。
今回は、原因別に適切な水漏れの対処方法について解説します。


【原因1】水道管破裂による水漏れ

天井裏に設置されている水道管が破裂すると、破裂部位から水が漏れだします。これが天井からの水漏れ原因です。マンションやアパートの場合、天井からの水漏れ部位の真上にはキッチンやトイレ、お風呂場などがあることが多いです。
破裂の要因としては水道管の劣化によるものが最も多く、地震や水道管の凍結、腐敗などで劣化します。どれも時間が経てば起こりうることであるため、誰かが故意にやったことではないことは理解しておきましょう。
対処法としては、まず水道の元栓を締めてください。元栓を締めない限り水漏れは続いてしまいます。水道管の破裂は自分で処理できるものではないので、慌てずに修理業者に連絡してください。アパートやマンションの場合は管理会社と提携している修理業者に頼まないと行えない可能性があるので、確認を取ってから連絡をしましょう。


【原因2】上階の水回りからの水漏れ

2階建て一軒家における天井水漏れに多いのが、上の階からの水漏れです。水道管破裂のときと同じように、水漏れ部位の真上はキッチンやトイレ、お風呂場などの水場である可能性があります。トイレやお風呂場などを長年使用したことで、水道管の劣化や給排水周りの劣化、接続部位のゆるみなどが要因として挙げられます。
たいした水漏れじゃないからと放っておくと、水道管破裂につながる危険があります。水漏れ発生場所がトイレの場合は、異臭が部屋に充満することがあるので、早急に手を打った方がよいでしょう。まずは漏れによる二次災害(床への水の浸透など)を防ぎ、水漏れ部位を特定するため専門業者に連絡をしましょう。決して自分で水漏れ部位を特定し、自己判断で修理をすることがないようにしてください。


【原因3】雨漏りによる水漏れ

梅雨や台風の時期に多いのが「雨漏り」です。雨漏りは築年数が長い家に起きやすく、その理由として、建立時の防水処理効果が薄くなってきたためや、災害や長い期間を経て、壁と天井に、水が浸み込む隙間ができてしまったためと考えられます。これらの原因を放っておくと、家を支える木材や鉄骨の腐敗や劣化、耐久性の低下につながる恐れがあるため、早々に雨漏り対策を行うべきです。
ただ、雨漏りの原因場所を一般人が特定するのはかなり困難なので、こちらも同じように専門の業者に相談をするべきでしょう。

水漏れ対処にかかる料金は原因や家の種類・作業難易度によって異なる
どの水漏れでも、自分で修理することはほぼ不可能です。余計に悪化させてしまう可能性があるためおすすめもできません。ただ気になるのは、業者に頼んだ場合「どれくらい費用がかかるのか」という問題です。実は、水漏れの相場ははっきりときまっておらず、業者や水漏れの部位、被害状況によって異なるのが一般的です。
水漏れ修理業者の公式ページには基本的な料金設定は載っていても「正確な見積もりは現場の状況を見てから」と言われてしまうことがほとんどでしょう。
しかし、料金が不明だからといって直さずに放っておくと、余計に費用がかさみます。無料で見積もりを立ててくれるところを探し、いくつかを比較して安いところで行うのがおすすめです。


愛知エリアの水漏れトラブルなら「あいち水道職人」がおすすめ

「あいち水道職人」は、愛知のほぼすべてのエリアに対応可能な、水漏れトラブル全般を扱う水道修理業者です。おすすめの理由として、以下の5つが挙げられます。

① 無料見積もり可能
② 深夜料金の発生無し
③ 最短30分で現場に向かえる
④ 見積で納得されない限り作業をしない
⑤ 地域密着型の修理サービス業者である

業者によっては、見積もりをするだけで費用が掛かるところがあり、ひどい場合は見積もりを出さずに勝手に修理をしてしまうところもあります。こうしたトラブルを無くすため、「あいち水道職人」のホームページには、見積もりに関する内容や、作業料金に関する内容が事細かに記されており安心です。まずは1度「あいち水道職人」の公式ホームページを見て、相談してみるとよいでしょう。


天井からの水漏れは早急に対処することが大事

上述したように、水漏れは建物に甚大な二次被害をもたらす原因になるため、たかが水漏れだと思い、放ってはいけません。また費用がかかるからといって自己判断で対処しようとするのも悪化のリスクが伴うため好ましくありません。
まずは、水道の元栓を締めて専門業者に相談をしましょう。中には無料で見積もりを立ててくれるところがあるので、そのようなところに早急に連絡をすることをおすすめします。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315