【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 蛇口のレバーハンドルが重いときに実践すべき3つの改善策

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

蛇口のレバーハンドルが重いときに実践すべき3つの改善策

2020年04月28日 蛇口のトラブル

蛇口のレバーが以前より重くなったというお悩みについて、改善策と原因をご紹介いたします。蛇口のレバーはいつまでも使い続けられるものではなく、劣化やトラブルによって動きが悪くなってしまいます。ご自身でできる改善策もあります。まずは試してみましょう。


これで解決!蛇口のレバーが重いときの改善策3選


蛇口のレバーが重いときの改善策を3つご紹介いたします。
ご自身でもできる簡単な方法です。まずは、ご紹介する方法を試してみてください。それでも改善しない場合は、専門の修理業者に原因をチェックしてもらい、修理、または交換してもらう必要があります。

・改善策1. 潤滑油を差し込む

蛇口部分に使われている潤滑油がなくなると、レバーの動きが悪化します。潤滑油を差し込むことで、以前までのスムーズな動きに戻ることもあります。水栓用の潤滑油は人体に無害です。ホームセンターなどで購入する際は水栓用を選びましょう。

潤滑油を差し込むときは、まず止水栓を閉めてください。その後、カバーナット、カートジッリを取り外します。その中にあるスパウトと呼ばれる部品を引き抜くとゴムパッキンが2つありますので、両方に潤滑油を塗りこみます。

あとは、部品を同じ場所に戻していけば完了です。止水栓を開いて蛇口のレバーを動かし、水の出、レバーの動きを確認してみてください。

・改善策2. 蛇口のパッキンを交換する

蛇口のパッキンは、長年使用することで劣化、消耗していきます。摩擦によってパッキンがすり減ると、レバーの動きが悪くなる、重くなることが多いです。

シングルレバーの蛇口の場合パッキンは2つあります。ホームセンターなどで蛇口のサイズに合うものを購入しましょう。止水栓を止めてからレバーハンドルのキャップを外し、ハンドルを引き抜きます。カートリッジ、スパウトを引き抜くとパッキンが2つあります。新しいものと交換します。

・改善策3. 結晶化したミネラルを除去する

水道水に含まれるミネラルが結晶化すると、蛇口の動きに影響します。結晶化する前にこまめに掃除をすることも大事です。見落としがちな部分ですが、日頃のお手入れを欠かさないようにしましょう。

蛇口の周りに白い結晶ができてしまった場合は、クエン酸を使って汚れを除去していきましょう。クエン酸を蛇口にスプレーしたあとにラップで包み、30分から1時間程度放置します。その後スポンジや歯ブラシなどで磨くと、ミネラルの結晶を取り除けます。


蛇口のレバーが重くなる3つの原因


蛇口のレバーが重くなってしまうのは何故なのか、その原因を3つご紹介いたします。それぞれに合わせた改善策を試してみましょう。

・原因1. 部品の潤滑油がなくなっている

蛇口のレバーには、動きを滑らかにするための潤滑油が使われています。長年蛇口を使い続けているとこの潤滑油が切れて、蛇口のレバーが重くなったり、動きが悪化したりします。

・原因2. 部品の劣化やサビつき

蛇口には、水に強いステンレスが使用されてことが多いです。しかし、ステンレスでも長年使用し続けていると劣化が進みます。劣化やサビつきは、蛇口のレバーを重くする原因の1つです。これを解決するには、蛇口を分解してサビを除去する必要があります。

蛇口の分解やサビの除去は素人には難しく、専門の修理業者に依頼しなければなりません。ゴムパッキン、バブルカートリッジなど一部が消耗している場合は簡単に交換することもできます。蛇口のどの部分が劣化しているのかを見極めましょう。

・原因3. 水道水のミネラルが結晶化している

水道水に含まれるミネラルは、放置していると結晶化します。蛇口周りに白い結晶がたくさんできている場合、このミネラルの結晶化が原因でレバーが重くなっている可能性があります。蛇口周りも定期的にきちんと掃除をしてあげることでミネラルの結晶化を防げます。


改善策を試してみても重いなら修理業者へ連絡


蛇口のレバーが重いときの改善策をご紹介いたしました。これらの方法を試してもレバーの動きが悪いと感じる場合は、蛇口のトラブル、劣化の可能性もあります。個人で修理、交換するのは難しいため、専門の修理業者に見てもらいましょう。

場合によっては、新しい蛇口に交換しなければならないケースもあります。蛇口のレバーの調子が悪いまま放置していると、水漏れなど別のトラブルを引き起こす可能性もあります。早めに対策を考えましょう。


自分でできる改善策が難しいなら無理せず業者に相談しよう


蛇口のレバーが重いときは、潤滑油を差し込む、パッキンを交換する、蛇口の周辺を掃除するといった方法で改善できることもあります。以前より蛇口のレバーの動きが悪くなったと感じたら、ご紹介した改善策を試してみてください。

それでも改善しない場合や、蛇口の分解方法がわからない、分解できないような複雑な構造になっているという場合は、無理をせずに専門の修理業者に見てもらいましょう。速やかに蛇口の重さを改善してくれます。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315