【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 給水できてない?手洗い管から水が出ないときにはタンクをチェック

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給水できてない?手洗い管から水が出ないときにはタンクをチェック

2021年05月22日 トイレのトラブル


トイレの手洗い管で手を洗おうとしたら、なぜか水が出なかった…それはトイレタンクの内部の部品が何らかの不具合を起こしているかもしれません。

普段は気にしないトイレタンクの内部ですが、手洗い管から水が出ない現象はもっと大きなトラブルが隠されていることもあります。

考えられる2つの基本的な原因

トイレの手洗い管から水が出ないとき、まず大きな原因として考えられるのが「止水栓」と「浮玉」です。

1.止水栓
トイレタンクに水を供給する給水管は、壁付近にある止水栓の開閉で給水の可・不可がコントロールされています。
この止水栓が閉まっていると水が供給されません。
トレイタンク内部の水を出す手洗い管も、止水栓が閉まっていると水を出せなくなってしまいます。

止水栓はめったに閉めることがないものですが、大がかりな掃除や修理をする際には閉めるケースもあります。
数日中にそのような状況があったのなら、止水栓が閉まったままになっているかもしれません。

もし止水栓が原因なら、止水栓を開けば手洗い管から水が出ます。
レンチやスパナのような工具で簡単に開きます。


2.浮玉
浮玉はタンク内の水位を調べる部品です。浮玉に何らかの不具合が生じていると、「水を出して良い水位ではない」と判断して手洗い管から水が出なくなることがあります。

浮玉の位置がずれていたり、ほかの部品と接触して沈んでしまっているときにこのような現象が起こります。
また、場合によっては経年劣化で適切な働きができなくなっているケースもあるため、一度確認する必要があるでしょう。

位置のずれ、沈んでいるのであれば元の位置に戻せば問題解決です。
経年劣化が原因なら、新しい浮玉と交換しましょう。


部品の故障なら修理・交換が必要

ほかに考えられる原因は、ボールタップやダイヤフラムの故障です。
ほかにも手洗い管のフィルターが目詰まりを起こしていたり、タンク内の給水を担当するじゃばらホースが破損している可能性も有り得ます。

1.ボールタップ
ボールタップとはタンク内の水位を調節する部品です。
タンクの水位の表面近くに設置されています。

タンク横のレバーを引くと水が流れますが、そのときにタンク内の水位が下がります。
それに伴いボールタップが下がり、一定の水位以下の位置まで下がるとタンク内に給水管から新たな水が給水されるのです。

このボールタップが故障していると正確な水位が分からず、次の給水が止まります。
すると手洗い管から出る水がなくなってしまうのです。
また、タンク内に正常な給水がおこなわれていないということにもなりますので、トイレが流れなくなるトラブルも併発します。
ボールタップの修理・交換が必要です。


2.ダイヤフラム
ダイヤフラムは浮玉と連動しています。水位を感知して、浮玉とほぼ同じ働きをします。
ダイヤフラムが故障すると浮玉と同じく正確な水位が分からないため、給水ができません。

ダイヤフラムの故障が原因で手洗い管から水が出ないのであれば、ダイヤフラムの交換が必要です。
なお、ダイヤフラムは経年劣化による故障が多い部品です。


3.手洗い管フィルターが詰まっている
手洗い管の種類によっては、フィルターが設置されています。
このフィルターに水道水のカルシウムや小さなゴミが詰まり、手洗い管からの給水を妨げるケースがあります。

フィルターはおおむねタンク内から手が届きます。
可能であれば新品に交換し、新品のフィルターが用意できなければ、一度フィルターを取り外して掃除すれば良いでしょう。


4.じゃばらホースの破損
じゃばらホースはボールタップと手洗い管を繋げている部品です。
じゃばらホースが破損していると手洗い管へ水を供給することができません。

応急テープや補修材でとりあえずの処置をする人もいますが、今後のことを考えて、新品に交換してしまったほうが良い部品です。


プロに頼むべき故障

ここまでご紹介した手洗い管の不具合の原因は、DIYで処置することもできる内容です。
DIYが好きなかたや、水道修理費用を節約したいかたはぜひ参考にしてみてください。

しかし故障の中には「プロに頼んだほうが良い」とケースもあります。

・給水管に異常が生じている
・トイレタンク、便器本体に異常が生じている

このような場合、DIYで対応することはまず不可能です。
どちらも非常に大がかりな工事になりますし、技術も必要です。
とくに給水管の交換は資格を持ったプロの水道修理業者しかできないという法律があります。

DIYでできる部分はDIYで、それ以外、またはDIYが難しい場合にはプロの水道修理業者への依頼を検討してください。


トイレの部品の修理・交換はプロの水道修理業者へ

なごや水道職人は、名古屋市緑区、中川区、千種区、東区、北区をはじめ、名古屋市内の広いエリアで水道トラブルに対応致します。
24時間365日受付可能、お電話1本で現場へすぐに駆け付けます。
トイレのトラブルもほかの水回りのお悩みも、ぜひご相談ください。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315