名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 小便器から床面に水漏れする原因を徹底解明!

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

小便器から床面に水漏れする原因を徹底解明!

2019年06月27日 水漏れトラブル

小便器を何年も使用しつづけていると、排水管やフラッシュバルブから水漏れが生じ、床面が濡れてしまう場合があります。最初はちょろちょろとした水漏れであっても、長期間放置していると建物の床が傷んでしまうため、なるべく早く対策をとる必要があります。
そこで今回は、小便器から水漏れしてしまう原因を3種類に分類し、それぞれの対策法を解説します。ご家庭や職場で小便器を導入している方は、ぜひ参考にしてください。


小便器から水漏れする3つの原因

小便器から床面に水漏れする原因は3つあります。小便器の上部にはフラッシュバルブがあり、内壁に水を流す仕組みになっています。このフラッシュバルブ付近から水漏れするのが原因のひとつです。また、床置き型の小便器の場合、底面と排水管の接続部に問題が生じ、水漏れを起こすケースもあります。

・フラッシュバルブ付近から水漏れするケース

小便器の上部にあるフラッシュバルブ付近から水漏れし、床面が濡れてしまうケースがあります。フラッシュバルブは流水量を調節する機能を持ち、複数のパーツから成り立っています。フラッシュバルブの各パーツの接続部につまりが生じたり、接続部のパッキンが劣化したりすることで、水漏れが生じます。

・小便器と排水管の接続部にあるパッキンが劣化したケース

床置き型の小便器と床面の排水管を接続する部分には、フランジと呼ばれる円筒形の部品があります。フランジはパイプや弁をスムーズに接続し、水漏れを防ぐための部品で、内部にはゴム製のパッキンが存在します。このパッキンが経年劣化し、フランジの内部に隙間が生じて水漏れが起きるケースがあります。

・排水管の内部に尿石が付着したケース

床置き型の小便器の場合、排水口の内部に尿石が付着し、水漏れの原因となることがあります。一般的なトイレと比べ、小便器の排水口は細いため、つまりが発生しやすくなっています。使用年数が増えるにしたがって、尿石はどうしても溜まってしまいますので、定期的なメンテナンスが必要です。


小便器の水漏れを予防する3つの方法

ここまで、小便器が水漏れを起こす原因を解説しました。ここでは、小便器の水漏れを予防する3つの方法を解説します。いずれの方法も、水漏れの原因をふまえたうえで、定期的に小便器のメンテナンスを行うことが大切です。

・フラッシュバルブを定期的に分解清掃する

フラッシュバルブの付近からの水漏れを防ぐには、フラッシュバルブを定期的に分解し、メンテナンスを行う必要があります。フラッシュバルブの各パーツにゴミがつまっていないか、パッキンが経年劣化していないかなどをチェックします。フラッシュバルブに破損が見られる場合は、交換対応を行います。フラッシュバルブは構造が複雑なため、専門の業者に依頼するのがおすすめです。

・小便器のフランジのパッキンを定期的に交換する

フランジのパッキンは経年劣化するため、定期的に交換しましょう。まず、小便器と床面を固定するボルトをモンキーレンチなどで取り外します。また、フラッシュバルブを分解し、止水栓を閉じます。その後、小便器の本体を脱着させ、フランジ内部のゴムパッキンを交換します。フランジの部品は、ホームセンターでは販売していないため、メーカーや専門の業者からの取寄せが必要です。

・小便器の排水口の尿石を定期的に除去する

排水口の尿石を定期的に除去することで、水漏れを防止できます。ラバーカップを使う方法と、尿石除去剤を使う方法の2点があります。ラバーカップの場合は、小便器の排水口を覆う脱着トラップを外し、あふれない程度の水を注ぎ入れてから吸引します。

尿石除去剤の場合は、脱着トラップを外したあと、内部の水をできるだけ除去し、排水口の周辺に投入します。医薬用外劇物の指定がない尿石除去剤であれば、ホームセンターなどで入手できます。

医薬用外劇物の場合、一般人が購入する際には「毒物及び劇物譲受書」を購入点に提出する必要があります。


水漏れが起きたら水回り専門の業者に相談を

小便器の水漏れが起きた場合、自力で対応するのが困難なケースがあります。もし水漏れが起きた場合は、水漏れした部分をタオルでおさえるなどの応急処置をとったうえで、水回り専門の業者に相談してみましょう。

とくに小便器は本体の重量があり、すべて取り外すのは手間がかかります。また、部品もメーカーからの取寄せとなる場合が多いため、専門の業者に依頼すると安心です。


フラッシュバルブや排水管付近のトラブルが水漏れの3大原因

小便器の上部にあるフラッシュバルブと、底面と排水管をつなぐ接続部を定期的にメンテナンスすることで、水漏れを事前に防ぐことができます。とくに排水管の接続部には、パッキンが経年劣化した場合と、尿石が蓄積した場合の2通りがあるため、注意が必要です。

水漏れを自分で解消できない場合は、タオルでおさえるなどの応急処置をとり、専門の水回り業者に相談してみましょう。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315