【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレからチョロチョロと水漏れの音がしたら注意!

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレからチョロチョロと水漏れの音がしたら注意!

2018年10月29日 水漏れトラブル
トイレからチョロチョロと水漏れの音がしたら注意!

用を足した後、トイレの水を流すと新たにタンクの水を補充するために給水されます。少しするとタンクへの給水が止まるはずなのですが、何らかの異常でチョロチョロとタンクの中で音がする場合は、水漏れが発生している可能性があります。

チョロチョロという音がなっていると、トイレにどのような影響を与えているのでしょうか。また、修理する方法はあるのでしょうか。


トイレのチョロチョロは水道代がかかる

トイレを排水した後に、タンクの中からチョロチョロという音が鳴っている場合は、水漏れが発生していて、水が流れっぱなしになっているサインです。そのため、チョロチョロ音が鳴っている間は、水道代が余計にかかっている可能性あります。

実際に水道料金が高くなっているか確認する場合は、全ての蛇口を閉めてみましょう。水道メーターが動いていれば、水漏れが発生している可能性が高いです。

チョロチョロと水漏れが発生している場合は、大きく水道代がかかる訳ではありません。しかし、月単位・年単位で計算していくと、かなりの費用がかかっていることがわかります。放置すると、その分水道代を損していることになるので、早めの解決を心がけましょう。


チョロチョロ水漏れを修理する方法

トイレタンクのチョロチョロ水漏れを修理するためには、まずタンク内の部品を確認しましょう。その中でもチョロチョロ水漏れの原因になり得るのは、給水弁・ボールタップと排水弁・フロートバルブ、サイフォン管(オーバーフロー管)になります。

タンクの中の水漏れ確認方法としては、1本直径2cmの管が立っているので、先端まで水がきているかチェックしてみてください。この管はサイフォン管(オーバーフロー管)といって、タンクの水が溢れないように、便器に水が排出されるようになっている管です。

サイフォン管(オーバーフロー管)にいつまでも水が流れていると、その分水がムダになっているということです。この現象が発生している時は、ボールタップに不良が発生しています。早く修理しないと、いつまでも水道代が余計にかかるため、早めに対処するようにしてください。


ボールタップ(給水弁)不良の原因と修理方法

水がいつまでも流れている状態を引き起こしている原因は、ボールタップの不良です。
なぜボールタップが不良したのか、原因と修理方法を解説していきます。

・ボールタップ不良の原因

ボールタップの不良で考えられるのは、パッキン部が劣化して破損している可能性です。ボールタップは浮き球の上下運動によって、水量を調節する働きがあります。その働きを制御するためにも、パッキン部は重要な役割を持っていて、新しい物に交換することで不良を改善することが可能です。

しかし、ボールタップ自体は繊細な部品になっているため、一度パッキンを交換すると微妙な調整が出来なくなってしまうこともあります。そのため、パッキン部だけを交換するのではなく、ボールタップ自体を取り換えてしまう方がいいでしょう。

またボールタップ自身が外部からの衝撃で不良原因を作ってしまうこともあります。特にタンクの中を掃除する時にボールタップにぶつかってしまうと、微妙な調整ができなくなるので、掃除を行う時は慎重に行う必要があるでしょう。

・ボールタップの修理方法

ボールタップを修理するためには、新しいボールタップに交換する必要があります。そのためには、まず止水栓を締めて水が流れないようにしてください。止水栓で水量が調整しにくい場合は、元栓自体を締めてしまいましょう。

次にタンクの蓋を開けて、連結管とボールタップを止めているナットを緩めて取り外します。古いボールタップの取り外しが完了した後は、新しいボールタップを取り付けて固定ナットで固定してください。

最後に止水栓を開いてタンクに水が溜まったら、サイフォン管(オーバーフロー管)よりも2~3cm下で水位が止まることを確認しましょう。水位が問題なく、チョロチョロという音が聞こえなくなったら修理は完了です。


自分で修理が難しいのであれば業者を頼ろう

サイフォン管(オーバーフロー管)に水が流れているかどうかは、タンクの中を確認すればすぐにわかります。しかし、ボールタップの修理を行う場合は、微妙な調整が必要になるため、専門的な知識や技術を持っていないと難しいでしょう。

新しいボールタップを準備しても、上手く調整できずにチョロチョロという音が鳴りやまない可能性もあるので、修理がご自身で出来ない時は、無理せず業者に依頼してください。


まとめ

トイレタンクからチョロチョロという音が聞こえた場合は、水漏れが常に発生しているサインです。放置していると水道代が高額になることもあるので、早めに対処が必要になります。

原因はボールタップの不良が多く、サイフォン管(オーバーフロー管)から水漏れが発生しているために発生していることが考えられるでしょう。

新しいボールタップに交換すれば、水漏れを改善することができますが、ボールタップの微妙な調整は初心者には難しいです。

水道職人では、トイレ修理全般を請け負っています。早急に解決させて頂きますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315