【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレトラブルでこんなつまりの時はどうする?

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレトラブルでこんなつまりの時はどうする?

2018年10月29日 つまりのトラブル
トイレトラブルでこんなつまりの時はどうする?

家の中で、つまりが発生しやすいのがトイレです。突然トイレトラブルに見舞われた時、焦ってしまい、どのような対処を行えばいいのかわからない方も多いでしょう。

またトイレトラブルを放置していると、使用することができないだけでなく、悪臭が発生する原因にもなります。早めにトイレつまりは改善することが重要です。

どのようにしてトイレトラブルは回避すればいいのでしょうか。


トイレつまりが発生しても自然に直るケース

トイレトラブルは放置すると状況が悪化してしまう恐れがあります。しかし、水に溶ける素材がつまってしまった場合は、自然と直るケースもあるので覚えておきましょう。

水に溶ける素材がトイレにつまるケースは、トイレットペーパーが大量につまってしまった時などです。便器は下水からの臭いが上がってこないように、配管が曲線で流れにくい構造になっています。

そのため、トイレットペーパーを大量に流してしまうと、便器の中で止まってしまい、トイレつまりを引き起こすので注意しましょう。

ただ元々が水で溶ける素材であるため、時間の経過と共に自然とつまりが解消されていきます。トイレつまりの原因がトイレットペーパーと特定できている場合は、放置していても自然に直るので、放っておいても問題はないでしょう。


自然に直るトイレトラブルを早く解消する方法

トイレットペーパーが原因でトイレつまりが発生している場合は、放置していても自然に解消されていきます。しかし、時間の経過を待つよりも早く解消したいという方は、次のようなトイレつまり解消法を実践してみてください。

・40℃~60℃のお湯を便器に流す

トイレットペーパーをより早く水に溶かすためには、お湯を使ってふやかす方法が有効です。ただ便器は陶器で作られているため、熱すぎるお湯は便器が割れる可能性があります。ベストな温度は40℃~60℃ほどで湯気が出るくらいが丁度いいでしょう。

・ラバーカップでつまり解消

トイレつまりを解消させるために簡単な道具が「ラバーカップ」です。便器の排水口に押し当てて、押したり引いたりすることで、排泄物やトイレットペーパーを奥に流してくれます。

固形物以外のトイレつまりの原因を解消してくれるので大変便利です。ホームセンターで気軽に購入することができるため、早くトイレつまりを解消したい場合は購入してみるといいでしょう。

放置しても自然に直らないケース

生理用品やティッシュなど、水に溶けない素材を水に流してしまった場合、放置してもトイレつまりが自然に直ることはほとんどありません。無理に水で流そうとすると、便器から排水が溢れてしまい、トイレの床に排水が流れ込んでしまう恐れがあります。

水に溶けない素材は、トイレに流さないことが一番ですが、流れてしまった場合は、速やかに業者に連絡して早急に解決してもらうようにしましょう。

水道職人であれば、トイレつまりなど、トイレ全般のトラブルに対応しています。早急に解決させて頂くので、お気軽にご相談ください。


つまりを放置すると起こる現象

水に溶けない素材がつまってしまい、放置しても自然につまりが解消できない場合、つまりを放置しているとさらに状況を悪化させる可能性が高くなります。どのような現象が引き起こされるのか、詳しい内容を解説していきましょう。

・徐々に蓄積して大きなつまりに発展

初めは紙類がつまることで、軽度なトイレつまりだったものが、放置することで汚れが蓄積されていき、排水管を圧迫するほど大きなつまりに発展する恐れがあります。大きなつまりに発展してしまうと、大掛かりな修理が必要になるので、些細なつまりでも業者に連絡しましょう。

・奥につまってしまい便器を取り外す必要が出てくる

水に溶けない素材を放置していると、徐々に便器の奥につまってしまい、排水口からではつまりの原因を除去できなくなる恐れがあります。

便器の奥につまりが移動してしまうと、便器自体を取り外さないとつまりを解消することが難しくなるのです。その場合は、特殊な機器で修繕修理を行う必要があるため、自分でトイレつまりを解消することができません。

速やかに業者に連絡して、然るべき対処を行ってもらいましょう。

・水漏れに発展する可能性

トイレつまりを放置していると、水圧で配管が圧迫されて、水漏れに発展する可能性があります。水漏れが発生すると、排水がトイレ中に流れて悪臭の原因になるので注意しましょう。

マンションのような集合住宅である場合は、階下にも影響を及ぼし、賠償金を請求されるケースもあるため、早めにトイレつまりを解消しましょう。


まとめ

トイレつまりの原因は様々で、大量のトイレットペーパーを流すことでも引き起こされます。水に溶ける素材であれば、放置していても自然につまりが解消されますが、水に溶けない素材は、放置していると状況が悪化するので早めに対処しましょう。

まずはお湯やラバーカップを使ってトイレつまりを解消させてみてください。この方法でつまりが解消しない場合は、速やかに業者に連絡した方がいいでしょう。

水道職人であれば、トイレつまりに素早く対応することができます。まずはお電話で気軽にご相談ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315