名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 配管から水漏れが発生した時に冷静に対処するために必要なこと

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

配管から水漏れが発生した時に冷静に対処するために必要なこと

2018年10月29日 水漏れトラブル
配管から水漏れが発生した時に冷静に対処するために必要なこと

発生すると厄介な水漏れは、配管から引き起こされることがあります。配管は台所や洗面台、お風呂場など様々な場所で使用されているので、どこでも水漏れが発生する可能性があるので注意しましょう。

配管から水漏れが発生すると、慌ててしまい、冷静な判断が行えなくなる方も多いでしょう。しかし、大切なのは対処法を理解しておくことです。冷静な対処をするために、しっかり配管の水漏れについて理解を深めておきましょう。


水漏れ箇所を確認する

まず水漏れが発生している箇所を特定して、どのような被害が発生しているのか把握しましょう。状況によっては簡単な処置で水漏れを食い止めることができます。

また水漏れが発生している箇所は一つとは限りません。他にも配管から水漏れが発生している可能性もあるので、よく観察してください。配管からの水漏れを確認する方法としては、水漏れが発生していると思われる場所にティッシュを当てて、ティッシュが濡れれば、そこから水漏れしていることが確認できます。

水漏れ箇所を特定することが出来た後は、止水栓や元栓を閉めて被害を最小限に抑えるように心がけてください。止水栓や元栓を閉めた後は、水漏れ箇所の接続部分を確認して、ナットが緩んでいないかチェックしましょう。接続の緩みが原因で配管から水漏れが発生している可能性があるので、始めに確認しておいてください。

他にも、配管の中で物が詰まることで水漏れが発生しているケースもあります。つまりが原因で配管から水漏れが発生している場合は、配管を掃除することで改善することが可能です。


配管の水漏れは早めに業者に依頼する

水漏れ箇所を確認し、接続部分の緩みや部品の劣化が原因であった場合は、締め直したり新しい部品に交換することで、配管の水漏れを改善することができます。原因がハッキリとわかっている場合は、ご自身で修理を行う方法も有効ですが、原因がわからずに修理を始めると、水漏れを悪化させる原因になるので注意しましょう。

特に配管は水が流れる重要な部分なので、水漏れを放置していると、その分生活用水を使用することができないので大変不便です。

ご自身で修理が可能な基準としては、水漏れの被害が少ない場合や原因が特定した場合などに限ります。無茶はしないように気を付けましょう。

ご自身で直すことが難しい場合は、速やかに水道業者に連絡し、修理を依頼してください。時間が経つほど被害が大きくなるので、早めに行動するようにしましょう。

水道職人では配管の修理も対応させて頂いております。水トラブルでお困りの際は、気軽にお電話でご相談ください。早急に駆け付けて、解決に尽力させて頂きます。


配管から水漏れが発生した時の応急処置

業者に修理を依頼するといっても、駆け付けてくれるまで時間がかかります。その間も水漏れを放置していると、家全体が水浸しになってしまうので、応急処置を施すようにしましょう。

配管には主に、水を供給する「給水管」と水を外に運ぶ「排水管」の2種類があります。給水管については、どこから水漏れが発生しているのか重要です。見える範囲で水漏れが発生しているのであれば、止水栓や元栓を閉めれば水漏れを一時的に防ぐことができます。

排水管については、排水する水が漏れているため、放置していると悪臭が漂うので、早急に応急処置が必要です。床への水漏れを防ぐ方法としては、バケツや雑巾を水漏れが発生している箇所の下に置いておけば問題ありません。

他にも水漏れ箇所が具体的にわかっていれば、水漏れ専用テープで補修する方法が有効です。


水漏れ専用テープで緊急処置

配管から水漏れが発生している場合、放置しておくと被害が徐々に広がってしまうため、緊急に処置を行うようにしましょう。緊急処置としておすすめなのが、水漏れ専用テープで水漏れ箇所を補修する方法です。

水漏れ専用テープにはいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なります。どのようなテープがあるのか紹介します。

・自己癒着テープ

接着する機能を持っていますが、のりを使用していないため、水のにじみによる粘着力の低下を防ぐことができます。テープを伸ばすことで、素材自体が自己癒着して水漏れ箇所を緊急処置することが可能です。

・防水補修テープ

テープが防水仕様になっているため、水まわりで使用しても粘着力が衰えないのが特徴です。テープの伸縮性が優れており、配管の曲線部分にもしっかり貼り付けることができます。


まとめ

配管から突然水漏れが発生した場合、冷静に判断するためにも事前に緊急処置する方法を把握しておくことが大切です。

水漏れが発生した場合、まずは水漏れ箇所を特定し、被害を最小限に食い止めるために止水栓や元栓を閉めるようにしましょう。

その後は水道業者に依頼して、早急に解決できるように対処してください。水道業者が来るまでの間に、水漏れ専用テープを使って水漏れの緊急処置を行っておきましょう。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315