【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 給湯器・ポンプの水トラブルの症状と対処方法

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器・ポンプの水トラブルの症状と対処方法

2018年09月26日 水漏れトラブル
給湯器・ポンプの水トラブルの症状と対処方法
お湯を沸かして日常的に使用するために、家庭では給湯器やポンプが用意されていることがほとんどです。そんな給湯器やポンプから水漏れなどの水トラブルが発生した場合、どのような対処を行えばいいのでしょうか。

今回は、給湯器とポンプの水トラブルの症状や発生した場合の応急処置について詳しく解説していくので、参考にしてみてください。


給湯器の種類

必須機材として、家庭で使用されることの多い給湯器。この給湯器には様々なタイプがあり、家庭によって設置されている種類が異なります。基本的には、用途にあった給湯器が取り付けられていて、キッチンの場合は比較的な小型の給湯器が取り付けられているのが一般的です。

他にも、据え置き型の大きなタイプや壁掛け用として利用されているもの、屋外に設置されているものなどがあります。大きさや種類は、家庭で使用されるお湯の量を計算して設置されていることがほとんどです。

また、給湯器とセットで取り付けられるのが、水を利用してお湯を沸かすことから給湯ポンプが必須になってきます。

一般的に、給湯器と給湯ポンプは一緒に取り付けられるので、どちらかが壊れると、お湯が使えなくなってしまうので不便です。故障が発生しないように、定期的にメンテナンスを行う方が、事前に故障を予防できる方法です。


給湯器の水漏れの症例

故障してしまうと、日常的に困る給湯器や給湯ポンプですが、時には破損して水漏れが発生することで、お湯が使えなくなってしまうこともあります。給湯器の水トラブルの多くは、給湯器内部からの水漏れがほとんどです。

また、給湯器内部からの水漏れの原因もいくつかあります。些細な内容であれば、水抜き栓から水漏れしているといった軽度な水漏れもあります。
水抜き栓からの水漏れは、給湯器を長い間使っていなかった時に発生しやすいので、使っていない環境の場合は、安全を確認してから給湯器を使用することで、水漏れを事前に防止することができます。

他にも、少量の水が給湯器から流れている症例もあり、この症例はポンプに接続されている給水管が破損している可能性があります。

給湯器の水漏れは、経年劣化による水漏れであることが多いです。給湯器の寿命が近づいたと感じた時には、速やかに新しい物に交換するようにしましょう。


給湯器のポンプからの水漏れの応急処置

毎日のお湯を沸かす機器である給湯器のポンプから水漏れしてしまうと、一時的にお湯が使えなくなってしまいます。
そんな時に、困らないためにも給湯器のポンプから水漏れした時の応急処置を知っておけば水漏れを最小限に抑えることができます。
応急処置の対応方法をご紹介していくので、参考にしてみてください。

まず、給水器のポンプから水漏れが発生している場合は、それ以上被害が拡大しないように給水バルブを閉めておくことが重要です。給水バルブを閉めておけば、これ以上水漏れが発生するのを防いでくれます。
もし給水バルブを閉めても水漏れが止まらないようであれば、元栓を閉めれば水が止まるので、落ち着いて対応しましょう。

他にも、給湯器から水漏れする原因として水抜き栓が起因している可能性があります。その場合は、水抜き栓にゴミが付着していないか確認してください。ゴミが原因で水漏れしている可能性があるので、掃除を行えば応急処置できます。


給湯器トラブルは自己解決では限界がある

給湯器の水漏れトラブルは、パッキンといった接続部分の簡単な部品の交換であれば、ご自身で修理することは可能です。

しかし、給湯器内部から水漏れしている場合は、専門的な知識や技術が必要になるため、自己解決するには限界があるでしょう。

応急処置を行うために、元栓を閉めてそれ以上水漏れすることを防ぐことは可能ですが、根本的な修理はプロの業者に依頼をしましょう。

水道職人にご相談いただければ、給湯器内部を確認させていただきます。
問題が発生している部分のパーツ交換を行います。早期の解決に向けて対応させていただくので、問題に気付いたときには、お気軽にご連絡ください。

給湯器の耐用年数は10年ほどが限界といわれています。現在お使いの給湯器を長期的に使用しているのであれば、水漏れが発生する前に、交換することをおすすめします。
古い給湯器の水漏れに関しては、部品交換で修理致します。修理はあくまでも不具合が発生した箇所のみになっています。他の部品が経年劣化で故障した場合、さらに修理が必要になる可能性もあります。

何度も修理を行っていると、費用が嵩むことも多々あります。古くなった給湯器の場合は、速やかに交換した方が費用も抑えられることがほとんどです。
寿命が原因で水漏れが発生している場合は、プロの判断で交換をおすすめる場合もあります。


お湯を沸かすために活用される給湯器は、内部から破損してしまっていると自己解決するのは難しく、反対にセルフで修理すると状況が悪化することもあります。
給湯器の故障は、プロの業者に依頼した方が確実に早期解決するといえるでしょう。

元栓を閉めて応急処置はできますが、あくまでも水漏れを一時的に防いでいるだけなので、早めに根本的な解決を行うことをおすすめします。

水道職人では、給湯器の修理を行っています。確かな実績が豊富にあるので、安心して修理を任せていただけます。水漏れにお困りの方はぜひご依頼ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315