【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレの床が水浸し?!水漏れの原因とアフターケアの正しい方法とは?

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの床が水浸し?!水漏れの原因とアフターケアの正しい方法とは?

2021年09月21日 トイレのトラブル


サニタリースペースの中でも使用頻度が高いトイレは、臭いや詰まりなど、多様なトラブルが起きやすい場所です。
その中でも最も起きて欲しくない事案は水漏れで間違いないでしょう。

朝起きてトイレに入ったら床が水浸しだったら驚きます。
タンクの上の手洗い管や便器の中給水管とのつなぎ目など、水漏れが起きる箇所はさまざまです。

まずは止水栓を閉めて水の流れを止めてから、落ち着いて水漏れの箇所を特定しましょう。
では、なぜ水が止まらず水漏れが起きてしまうのでしょうか?

タンクの内部の故障

床に漏れるほど水漏れの原因の一つとして考えられるのは、トイレタンクの中にあるフロートバルブと呼ばれる浮きゴムです。

浮きゴムはレバーとチェーンでつながっており、タンクと便器をつなぐ排水管の開け閉めを担う非常に重要な役割を担っていますが、何らかの理由で浮き球が上がらなくなると、浮き球が下がったままになり排水されず手洗い管へ水が流出してしまうのです。

浮きゴムにこのような不具合が起こる原因はいくつか考えられます。
一つ目はレバーとつながっているチェーンが他の部品に引っかかることで、浮きゴムが引っ張られて、栓の役割を果たせなくなっているという可能性です。
タンクの中に節水のために瓶やペットボトルを入れているご家庭でとてもよく見られる事案です。

また、浮きゴムが経年劣化で硬化やひび割れを起こしていても同じように水漏れは発生します。
この場合、チェーンを直すか、浮きゴムの交換が必要になります。

もう一つは、オーバーフロー管の不具合で水がうまく輩出されていない可能性です。
オーバーフロー管とは、タンクの水が一定数を超えたら水を排出するパイプですが、接続部の劣化などが見られるとうまく機能しません。
この場合も交換すれば水漏れの症状は回復します。

また、排水管だけでなく給水管周辺のボールタップもトラブルが起こりやすい箇所となっています。
ボールタップとは、排水管とのつなぎ目にある浮きゴムとは異なり、給水管とつながり先端についた浮き球を使いタンクの水位を調整するための部品です。
水が少ない時は浮き球が下がるため、バルブが開き給水されます。

また、十分な水量の時は浮き球が下がるため給水はされないようになります。
ボールタップに不具合があると給水がうまくいかず、水が溢れたり水が出なくなったりするのです。
もちろん、手洗い管にもホースで水をつなぎ送っています。

ボールタップや使用されているダイヤフラムに不具合がある場合は、ホームセンターに行くか、品番が分からなければメーカーに直接問い合わせ、交換可能な部品を購入し、ご自分で新しいものに交換しましょう。

また、タンクの手前のフィルターにホコリや砂が詰まっていて、水が流れなくなっている可能性もあるので、タンクの中を見る前にこちらもチェックしましょう。


ホースや接続部からの水漏れ

こちらも非常に良く見られるトラブルです。
止水栓や給水管とつながっているパイプやホースのつなぎ目の緩みやパッキンの劣化で、水が溢れ出てしまうのです。

これらはモンキーレンチなどでナットを締め直すか、ホームセンターやネットショップなどで新しいパッキンやホースを購入して交換すれば解決します。
比較的簡単な作業なので、数百円の費用で解決しますのでぜひ挑戦してみてください。


便器のひび割れ

陶器の丈夫な便器が割れるとなど、とても考えられない、と思う方は多いでしょう。

しかし、重いものを乗せたり、固いものをぶつけるなどの物理的な刺激を与えたり、排水管の詰まり解消のために熱湯を流し込んだりすることにより、意外かもしれませんがヒビが入ってしまい、そこから床に水が漏れてしまうケースが良く見られるのです。
補修用のパテやテープで一時的にヒビを補修することは可能ですが、なるべく早く便器本体を交換しましょう。


水浸しになった床のケア

まずは捨てても良い雑巾などで水分を拭き取ります。
トイレの排水は雑菌を含んでいますので必ず手袋で保護してください。
水気がなくなったらまた新しい雑巾で拭き取り、その後アルコールスプレーで消毒をしましょう。
念のために薄手の布をしばらく置いて吸い込んだ水分を吸収させましょう。

水漏れの後始末をおろそかにすると、床材の腐食やシロアリの発生などの深刻な二次被害につながります。
水漏れを止めたら安心してしまうかもしれませんが、床も手を抜かず床もしっかりと後処理しましょう。


トイレのトラブルはなごや水道職人にお電話ください!

ご自分での作業に抵抗がある、何をやっても解決しない、築年数があるので一度点検したいなど、トイレのお悩みなら何なりとお申し付けください。

名古屋水道職人は、名古屋市緑区、中川区、守山区、千種区、天白区、名東区、北区、西区、港区など名古屋市全般のほか、岡崎市、一宮市、岩倉市など愛知県全域で水回りのトラブルを解決してきた、水道のプロです。
まずはご相談だけでもお気軽にご連絡ください。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315