【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水漏れによる修理相場とは?所要時間や依頼時の注意点を解説

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水漏れによる修理相場とは?所要時間や依頼時の注意点を解説

2023年01月24日 水回り


水漏れに気付いたときはできるだけ速やかな対処が求められます。戸建て・マンションと、いずれかであっても、水漏れを放置すれば床への浸水による床材や家屋などの腐食を招いてしまいます。では、水漏れに気付いたとき、水道業者に修理を依頼する場合どれくらいの費用がかかるものなのでしょうか。この記事では水漏れにおける修理費用相場や所要時間についてご紹介します。


水漏れが起きたらすぐに行うべきこと


水漏れに気付いたら、できるだけすぐに適切な処置を実施するのが大切です。床や家屋などが水に濡れて、腐食などの二次トラブルを防ぐためにも、ここでは水漏れ時に取り入れたい行動についてご紹介します。


元栓、または止水栓を閉める
住宅の水回りから水漏れが確認できたときは、元栓、または止水栓を閉めてください。一般的に元栓は水道メーターに取り付けられていることが多く、一方の止水栓は水回りの側に設置されているケースが多いです。元栓を閉めてしまうと、住宅内外の水が使用できなくなります。そのため、これから自宅を留守にする場合であれば元栓を、家族が在宅、またはこれから在宅するようであれば水漏れ発生箇所の止水栓を閉めましょう。


水漏れの場所を確認しよう
次に水漏れの場所を特定・確認しましょう。元栓や止水栓を閉めても一時的に止水するのみであり、解決には至りません。時間に余裕がある場合は、水漏れの原因を特定するためにも、水回りを細かくチェックしましょう。


水漏れが考えられる場所6つ


住宅内外にはさまざまな場所に水回りが設置されています。そもそも水回りとは、給水・止水できる場所を指し、トイレやキッチン、お風呂場などが該当します。ここでは速やかな原因特定につなげられるよう、6つの場所について解説します。


キッチン
キッチンによる水漏れの原因は、蛇口や蛇口の根元のほか、シンク下につながる排水管などが考えられます。水回りの蛇口は長期間の使用や使い方によって経年劣化しやすく、水漏れの症状によって部品の交換を検討する方も多いです。まずは蛇口を細かくチェックし、蛇口に異常がなければシンク下につながる排水管のつなぎ目などを確認してみましょう。


お風呂場
お風呂場による水漏れの原因は、蛇口の取り付け部分やシャワー、それらとつながった給水管などが考えられます。そのなかでも特に多いのがシャワーです。シャワーヘッド内部に取り付けられた部品の劣化やゆるみなどによって水がぽたぽたと滴る場合があります。水を使う場所を細かくチェックし、いずれも異常がない場合は給水管のつなぎ目などを確認しましょう。


トイレ
トイレによる水漏れの原因は、トイレタンクに設置された部品のいずれかに異常や劣化した物がある場合や、タンク・便器のヒビ割れ・給水管とタンクのつなぎ目が考えられます。トイレタンクの内部はそれぞれの部品が干渉することで給水・止水される仕組みであることから、部品の確認を行う場合は細心の注意を払ったうえで実施しましょう。


洗濯機周り
洗濯機による水漏れの原因は、蛇口と給水ホースのつなぎ目や、排水ホースのつなぎ目が考えられます。特に蛇口と給水ホースのつなぎ目は、蛇口を全開にしたまま放置しつづけることで、つなぎ目にいつまでも負荷がかかってしまいます。そのため、部品が劣化している場合、その負荷に耐えきれないことから、じわじわと水漏れが起きるケースがあります。


敷地内に取り付けられた蛇口
ガレージなどの敷地内にも蛇口を設置するご家庭も多いでしょう。洗車やガーデニングの水やりなどに使うこの水回りも、実は水漏れしやすい場所と考えられます。凍結やいたずらなど、あらゆる可能性によって水漏れにつながりやすい外の水回りも、定期的に確認すると良いでしょう。


地中に埋まった水道管や給水管の水漏れの場合は水道業者に相談しよう
水道料金の請求額がいつも以上に高額だった場合は、目に見える水回りではなく、地中や壁、床下に設置された水道管や給水管に水漏れが起きている可能性があります。この場合は水道業者による漏水調査や改修工事が必要になるため、速やかに最寄りの水道業者へ相談しましょう。


水道業者に水漏れの修理を依頼する場合の費用相場


水道業者に水漏れの修理を依頼する場合は、かかる費用の相場を把握しておくことが大切です。ここでは水回りそれぞれの修理費用相場についてご紹介します。


トイレやお風呂場の場合
トイレやお風呂場などの修理費用相場は以下の通りです。


・パッキンなどの部品交換:5,000円~10,000円
・蛇口など本体の交換:10,000円~30,000円


蛇口などを取り外して点検ができるのなら、まずは自分で取り外して部品の状態を確認してみると良いでしょう。簡単な部品交換で済む場合は、修理費用相場を下回る出費で改善できます。無理に作業を進めて更なるトラブルにつながる懸念もあるため、蛇口の取り外しに不安がある方であれば水道業者に依頼するのが望ましいでしょう。


給湯器の場合
給湯器からの水漏れであれば部品代と作業料などを含めても10,000円〜20,000円ほどかかることを視野に入れましょう。給湯器の寿命は平均で10年と言われています。使用状況によっては新品へと交換が必要になるため、その場合は100,000円以上の費用がかかることを頭に入れておきましょう。


敷地内外の蛇口の場合
敷地内外の蛇口であれば、出張費などを含めても10,000円前後の修理費用がかかると言われています。蛇口の水漏れはそのほとんどが部品の劣化によるものです。そのため、部品の交換で済むケースが多いことから費用相場も低いと考えられます。


所要時間は15分~1時間 ただし状況によっては数日かかる場合も
所要時間は15分から長くても1時間で終わるのが一般的です。蛇口などの取り外しから劣化の確認、新しい部品へと交換をして済むケースが多いため、短時間で終わる場合が多いと考えられます。ただし、地中や壁、床下にある給水管や排水管からの水漏れは便器や壁材、床材などを取り外してから点検を行うため、数日かかる場合もあります。


水漏れを修理する際、水道業者選びに欠かせないポイント


水漏れを水道業者に依頼する場合に欠かせないのがその選び方です。ここでは水道業者に依頼する場合にチェックすべきポイントを5つご紹介します。


アフターフォローの有無
水道業者に依頼する際は、アフターフォローの有無について確認しましょう。例えば水道業者に修理を依頼し、実際に修理をしてもらったとしても、何らかの異常によって水漏れが改善しない場合もあります。そのようなときにアフターフォローがあれば、保証期間内などによっては無料、または安い金額で再修理の依頼が可能になります。


豊富な経験や知識・実績
水道業者に依頼を検討する際は、これまでの実績や経験についても調べておくと安心です。気になる水道業者をネット検索したら、まず公式サイトを確認し、実績をチェックしてみましょう。水道業者の中でも「水道局指定」の業者であれば、さまざまな経験や実績を持つため、安心して依頼できるでしょう。


価格帯
ほかにも、水道業者の依頼に際して必要な価格帯についても調べてみましょう。時間に余裕がある場合は、複数の水道業者に無料見積もりを実施するのも効果的です。上述した修理費用相場からかけ離れていないか、修理費用の内訳は共有してもらえるかなど、実際に接客を受けたうえで決めるのもおすすめです。


知り合いや親戚・ネットなどの口コミ
水道業者公式サイトを確認したときは、あわせて口コミを参考にするのも効果的です。対応や修理までの速さなど、実際に依頼した顧客による口コミは、参考になる内容が多いです。ほかにも、知人や親戚、身内などにどこの水道業者を利用しているのかを聞いてみるのも良いでしょう。


対応速度
水道業者に依頼をするなら、トラブル解決までの速度についても調べてみると良いでしょう。依頼してからどれくらいの日数がかかったか、作業はスムーズだったかなどを参考にすることで、失敗しない水道業者選びが可能になります。


まとめ


本記事では水漏れの修理を水道業者に依頼する場合に押さえておきたい費用相場と、依頼する際にチェックしたいポイント、水漏れに気付いたときに行うべき行動についてご紹介しました。水回りはライフラインです。毎日安心・快適に利用するためにも、異常に気付いた場合は速やかに対処するよう心がけましょう。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315