【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレの水漏れは便器のひび割れが原因かも?応急処置の方法も紹介

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水漏れは便器のひび割れが原因かも?応急処置の方法も紹介

2021年07月16日 トイレのトラブル


便器の劣化は水漏れの原因になる

トイレで起こる水漏れはさまざまな原因が考えられますが、その中でも見落としがちなのが便器から水漏れしている場合です。便器は常に水を溜め込んでいるため、ヒビが入るとそこから水漏れしてしまいます。今回は便器から水漏れしていた際の対処法と、便器のひび割れの対処法及び予防方法を紹介します。

水漏れが起きたときの対処法

水漏れが起こった際は最初に止水栓を閉めることをおすすめします。止水栓の仕様は製品によって異なりますが、基本的にはハンドル式かドライバーで回すタイプの2種類です。それぞれの方法でしっかりと止水栓を閉めてください。

また止水栓を閉めて新たに水が出なくなっても、便器内に水が溜まっているとひび割れでできた隙間から流れ出してしまいます。そのためバケツなどで便器内の水を汲み出して水位を下げておくことで、さらなる水漏れを防ぐことができます。

便器のひび割れを起こしやすい行動

便器は基本的に陶器で作られています。陶器は強度が非常に高いため頑丈で、経年劣化もしにくいので耐用年数も約25年から30年と長いです。そのため普通に使っているだけならひび割れなどは滅多に起きませんが、想定外の使い方をすると便器が壊れてしまう可能性があります。特によく挙げられる原因を3つ紹介します。

・便器の上に人が乗る
天井を掃除する際や収納棚など手が届かない場所があるとき、便器を踏み台代わりにして乗る行為はリスクが高いです。陶器製の便器は固く頑丈ではありますが、想定されていない外部からの力や重みなどに耐えられるようには作られていません。

・タンクの蓋を落とす
タンクの内部を掃除する際は蓋を外しますが、誤って落としてしまうと便器のひび割れを起こす可能性があります。タンクの蓋はトイレの種類にもよりますが基本的に重い物が多く、便器は強度が高いとはいえ割れ物の陶器なので急激に力が加わるとひび割れしやすいです。

・熱湯
トイレは基本的に水を流すため便器の陶器は耐熱性を考慮して作られていません。詰まりが起きたとき解消のためお湯を流す方法がありますが、温度を60℃以上にすると便器に負担がかかりひび割れの原因になります。60℃以上の熱湯によって発生する被害は便器だけではなく、配管が溶けて曲がってしまうこともあるのでお湯を流す際は温度に十分に気をつけてください。

ひび割れ以外に考えられる便器からの水漏れの原因

便器からの水漏れはひび割れ以外にもいくつか原因があります。

・設置不良
便器と床の間から水漏れが起きている場合、便器を設置する工事に何らかの不手際があった可能性があります。特にリフォームなどで新しくトイレを取り付けた際に発生しやすいです。基本的に他の専門業者ではなく設置をした水道業者やメーカーに問い合わせ、本当に設置不良による水漏れかを確認してもらいましょう。場合によっては無料で修理してもらえる可能性があります。しかし便器と床の間からの水漏れは設置不良以外が原因なこともあるため、原因特定や対応のためにもやはり専門業者への依頼がおすすめです。

・結露
便器や他の箇所に特に異常や故障がない場合は結露が原因かもしれません。気温が下がりやすい冬はいろいろな場所に結露ができやすいですが、トイレの便器にも発生しやすいです。何故なら室温と湿度が変化することで、便器本体の温度と便器の中の水温に影響が出るからです。その結果できた結露が垂れて床を濡らしているだけであれば、特に修理や交換などは必要ありません。こまめに床を拭き取るように心掛けてください。

小さなひび割れは応急処置で対応できる

便器がヒビ割れてしまった際は基本的に便器を丸ごと交換にすることになります。何故なら継続的に利用できる保証がないという安全上の理由で、多くのトイレメーカーがひび割れの補修作業を行っていないからです。

ですがひび割れが小さなものであれば専門業者を呼ばずに、自分で対処するのも良いかもしれません。その際はホームセンターにある水回りの修理用品のコーナーで販売されている、防水パテやコーキングなどがおすすめです。しかしあくまで応急処置であり、ひび割れが見た目より深く表面しか修理できていないと、さらなるひび割れの原因にもなるので注意が必要です。

自力での修理に不安な方はなごや水道職人へ

便器は基本的に自力での修理が難しく、また場合によっては大きな水漏れの被害が併発していることもあります。小さなひび割れであれば簡単な修理で対応できますが、それでも大きなひび割れにつながる前に専門業者への依頼がおすすめです。

なごや水道職人は緑区、中川区、守山区、北区など名古屋市のほか愛知県全域に対応しておりすぐに現場へ駆け付けますトイレ以外の水回りのトラブルにも対応しているので、お困りの際はぜひなごや水道職人にお任せください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315