【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水道管が凍結すると大変なことに!しっかり対策して凍結を防ぎましょう

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道管が凍結すると大変なことに!しっかり対策して凍結を防ぎましょう

2021年06月30日 水道管


水道管が凍結するとさまざまなトラブルが起こります。
水が使えないので調理ができなくなりますし、洗顔や歯磨きもできなくなります。
それに、トイレやお風呂も使えなくなってしまいます。

最悪の場合には、凍結によって水道管が破裂して水が流れっぱなしになり、水道料金が一気に上がったり、修理するための費用がかかれば経済的にも負担がかかってしまうもしれません。

そのような事態を避けるために、水道管の凍結対策をしっかり行いましょう。
今回は、自分でも簡単にできる凍結対策を紹介します。

水道管の水抜きで凍結を防ぐ

水道管を凍結から守るために「水抜き栓」が設置されています。
水抜き栓の場所は家庭によって異なるので、どこにあるのか確認しておきましょう。
また、水抜き栓は「電動式水抜き栓」と「ハンドル式水抜き栓」があるので、それぞれの操作方法を紹介します。

・電動式水抜き栓
電動式水抜き栓には自動式と手動式があり、自動式は水道管内の温度が下がると温度センサーが感知して、あらかじめ水を抜いてくれます。

手動式は、水回りの近くに操作パネルが取り付けられており、水抜きボタンを押すことで簡単に水抜きができます。
水を使いたい時は、通水ボタンを押せば通水状態になります。
ボタンを押しても水が出てこない場合は、水道修理業者に連絡しましょう。

・ハンドル式水抜き栓
ハンドル式の水抜き栓の場合は、ハンドルを右に回して水抜き栓を完全に閉めて、その後、蛇口を開けて水が出なくなったことを確認します。

できれば屋内の蛇口を全て開けましょう。
水抜き栓がしっかりと閉まっていると、水が徐々に出なくなります。

水抜き作業はどの水道管でもできるので、気温が下がる時期は屋外の蛇口も行いましょう。水抜き操作を行っても水が出てくる場合は、水抜き栓が故障している可能性があるので、水道修理業者に相談しましょう。


発泡スチロールで保温する

屋外にある水道管は凍結しやすくなるので、発泡スチロールで保温しましょう。
発泡スチロールは外部の熱を遮断する断熱効果があるので、発泡スチロールで水道管を覆っておくと凍結防止になります。
発泡スチロールの他に、ダンボールや布で覆っても温度の低下を防ぐことができます。

また、マンションやアパートなどの賃貸住宅の場合は、メーターボックス内に入れておくと、冷気から守ることができます。


水を出しっぱなしにして水の流れを止めない

水の流れを止めないことで凍結を防ぐことができるので、夜間、水を出しっぱなしにしておくと良いでしょう。
寝る前に、水を鉛筆の芯くらいの太さになるように出しておくだけです。

水がもったいないからとポタポタと落ちる程度の流れでは効果はありませんし、途中で止まってしまうこともあるので注意してください。

水がもったいないと感じる場合は、出した水を溜められるようにしておき、掃除や洗濯などに再利用すると良いでしょう。
また、夜間水を流し続けることで水道料金が気になると思いますが、1分間で約100ml程度のちょろちょろと流した場合、24時間でも40円程度です。

水道管が凍結して破裂してしまった際にかかる修理費用と比べればかなり少ない料金です。水抜き作業のように手間もかかりませんので、冷え込むとわかっている日は水を出しっぱなしにしておきましょう。

給湯器が付いている水道管も、水の出しっぱなしによる凍結防止対策が有効です。
水道水を出しっぱなしにする際は、給湯器の電源は切っておきましょう。
給湯器の機種によっては、電源を切ると水道管が凍結してしまう場合もあるので、自宅の給湯器の説明書を読んで凍結対策を確認しましょう。


水道管が凍結してしまったら…

水道管が露出している場合は、お湯をかけると解凍することができます。
ただし、早く溶かそうと熱湯をかけてはいけません。
水道管に熱湯をかけると、熱膨張によって破裂させてしまう恐れもあります。
お湯をかける部分にタオルを巻いて、50度くらいのお湯を使い、数回に分けてゆっくりとかけましょう。

また、凍結で蛇口のハンドルが動かせなくなった場合は、力を入れて無理に回すのはやめましょう。蛇口や水道管が壊れてしまいます。

水道管の凍結した場所が露出していない場合は、気温が上がって自然解凍されるまで待つことが一番安全で確実な対処法です。

早く水を使いたい気持ちもわかりますが、日中になれば水が出るようになるので慌てずに待ちましょう。
このような不便な思いをしないためにも、事前に凍結防止対策をしっかりと行うことが大切です。


寒い時期ではないのに水が出ない!そんな時は専門業者に連絡

今回は、水道管の凍結を防止する方法と、凍結してしまった際の対処法を紹介しました。水道管の凍結は、寒い地域だけではなく、温暖な地域でも起こりうるトラブルです。
そのため、強い寒波が訪れる時は水道管を凍結させないように対策しましょう。

ただ、寒い時期ではないのに、蛇口から水が出なくなることもあります。
そのような場合は、蛇口や水道管、止水栓など、さまざまな原因が考えられます。
原因がわからない場合は自分で対処するのは難しいので、水道修理業者に連絡して点検してもらいましょう。

名古屋市でお困りの方は、名古屋市中村区、緑区、名東区など名古屋市のほか、愛知県全域の水回りのトラブルを解決するなごや水道職人へご連絡ください。

年中無休で修理やご相談の受付を行っており、緊急のトラブルにもすぐに駆けつけます。「凍結してしまってどうしたらいいかわからない」という方も、安心してお問い合わせください。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315