【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » あらかじめ原因と対処法を確認して、トイレつまりのトラブルに対処

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

あらかじめ原因と対処法を確認して、トイレつまりのトラブルに対処

2021年06月19日 トイレのトラブル


トイレつまりの原因はいくつかある

トイレのつまりは、原因によって対処方法が変わってきます。
まずは、何が原因となっているのかを考えましょう。

・異物が原因でつまっている
トイレのつまりでよくある原因となるのが、異物を流してつまらせてしまうケースです。
スマホなど携帯やハンカチーフ、ラボールペンなど、シャツやズボンのポケットに入れている小物類は、便器に座ったり立ったりした際にうっかり落とすリスクが高いものです。

生理用ナプキンやおむつ、ペットシートやペットの砂もよくある原因です。
これらには、吸水して膨張する吸水ポリマーと呼ばれる素材が含まれているため、トイレに流せば、容易に排水管をつまらせてしまいます。
食べ残しや嘔吐物は、排泄物と同じだと考えて、安易にトイレに流す人も多いものです。
ですが、一度消化された排泄物とは異なり、消化される前の食べ物は、特に水に溶けにくいものなのです。
油分も多く含んでおり流れにくいため、つまりの原因の代表格に挙げられています。

また、「トイレに流せる」と書かれている商品でも、少量ならともかく大量に流せば、つまりの原因になってしまいます。
トイレットペーパーでも大量に流してつまらせてしまうことは、よくあるケースです。
最近は、水に流せるタイプのティッシュペーパーやトイレクリーナーも多く出回っています。
水に流せるからといって、大量に流してしまえばつまりの原因になりかねません。

・トイレにはつまりやすい構造がある
トイレの排水管には、つまりやすい構造となっている箇所が2箇所あります。
一つ目は、便器から流れた水が通る排水路の途中にある「せき」と呼ばれる部分です。
狭くて急カーブになっており、つまりやすい構造となっています。
次に、排水路の手前です。
排水路の出口付近にはくぼみがあり、こちらもつまりやすいポイントとなっています。


つまらせないように日ごろから注意を

トイレをつまらせないようにするために、つね日ごろから注意しましょう。
まず、トイレには、排泄物とトイレットペーパー以外は絶対に流さないことを徹底しましょう。
トイレに流せるタイプの商品であっても、からなず数回に分けて流すようにしましょう。

ポケットに入れた小物類は、誤って落とさないように、前もってポケットから中身を出しておくことが肝心です。
蓋がついているタイプの洋式トイレは、使用するとき以外は蓋を閉めておくことで、異物を落とすリスクが減ります。

また節水をすると、排泄物が十分に流れずに、つまる原因となります。
十分な水量をもって流すか、使用するトイレットペーパーの量や流す回数を調節することを心がけましょう。

長期間使用している場合には、排水管の中に汚れや尿石がたまって、流れが悪くなってつまるケースもあります。
排水管の流れや清潔を保つためにも、尿石除去剤やトイレ用洗剤を使用して、定期的に排水管内の掃除をすることも大切です。


もしつまらせてしまったときの対処方法は?

上記のような対策をしていても、また長年使用しているとつまらせてしまうことはあります。
もしものときのために、お知り合いなどで近所に使えるトイレがあるかを確認しておくことは大事です。
大量のトイレットペーパーや排泄物など、流すことのできるものが原因であれば、自分で対処可能です。

つまっているのが、排水管の上部であれば、針金ハンガーを使用して、つまりの原因となっている異物を取り除けます。
ラバーカップ(スッポン)を使うことも、定番の手段です。
あくまでもこれらは原因が軽度であるときに限ります。

次に水に流せないものが原因でつまったり、水に流せるものであってもなかなか流れなかったりする場合は、自力で直すことはやめましょう。
無理に自分で対処しようとすると、悪化してしまうことが多々あります。
状況が悪化してしまった場合、必要以上の修理費がかかり、時間を取られかねません。

異物が原因として考えられない場合、経年による可能性が考え、この場合だと、便器自体の交換や排水管の修理・交換など個人で対処するには厳しいケースが多いです。
早めに専門業者に依頼することをおすすめします。


業者に依頼する場合の注意点

まずは、専門業者に電話をして症状を伝えましょう。
いつからなのか、トイレのメーカーや考えられる原因など、できるだけ具体的に伝えると良いでしょう。
まずは状況を確認してもらって、修理費用の相場や概算費用を聞きます。

トイレの種類やつまりの原因や状況によって、修理費用は変わってきますので、見積もりは来てもらってからになります。
とくに、排水管に原因がある場合は、便器の取り外し作業が必要となってくるため、高額の費用がかかる可能性もあることを覚悟しておきましょう。

また、作業の際には、必ず立ち会いのもとで行ってもらいましょう。
作業中に、業者側のミスや過失が発生することもあります。
見積もり通りの作業が行われているかを確認することで、トラブルを防げます。


トイレのつまりは、なごや水道職人へお電話ください

トイレのつまりでお困りの際には、なごや水道職人までお電話ください。
なごや水道職人は、名古屋市南区、中村区、昭和区、瑞穂区など名古屋市の他、豊田市、小牧市など、愛知県内のさまざまなエリアで、水回りのトラブルに対応している業者です。

トイレだけでなく、キッチン、洗面所、お風呂などの水回りもお任せください。
24時間・年中無休で対応を行っています。
なごや水道職人のプロスタッフが、水回りのトラブルを解決いたします。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315