名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレのつまりを解消できる薬剤の種類と使い方の注意点

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのつまりを解消できる薬剤の種類と使い方の注意点

2020年02月28日 トイレのトラブル

トイレのつまりを解消する方法にはさまざまなものがありますが、薬剤を使って解消する方法もおすすめです。トイレのつまりに利用できる薬剤にはいろいろな種類がありますので、ここではその使い方や注意点についてご紹介いたします。ただ、場合によっては薬剤でもつまりを解消できないことがあります。その際は専門の業者に相談するなど別の対処方法を考える必要もあります。

トイレのつまり解消に使える薬剤とは?


トイレのつまりを薬剤で溶かす場合は、何が原因でトイレがつまっているのかを確認する必要があります。紙や便などがつまっている場合、尿石がつまっている場合、強力な尿石がつまっている場合によって使う薬剤は異なります。

・紙や便のつまりは重曹で溶かせる
紙や便などがつまっている場合は、重曹で溶かすことができます。カップ4分の1程度の重曹を便器に入れ、お酢、またはクエン酸をカップ2分の1ほど同じように便器に入れます。そして、便器の半分くらいの量のお湯を流し入れ、1時間程度放置します。その後高いところからバケツに入れた水を便器に流し、水が流れるようになっていれば解決です。

・尿石のつまりは酸性のトイレ用薬剤で溶かす
小便器の尿石の汚れがひどい場合は、酸性のトイレ用薬剤で解決することができます。サンポールなどが有名です。ブラシに適量をつけて擦り洗いするだけなので、簡単に行うことができます。ごく浅い尿石つまり、汚れはこれで解決することができるので、ひどくなる前にこまめに掃除するようにしましょう。

・強力な尿石は尿石除去材で溶かす
排水管の奥まで頑固な尿石汚れがこびりついているという場合は、尿石除去用の薬剤を利用する必要があります。これは一般人でも購入できるものと、許可を得た業者しか購入できないものがあります。

サンポールよりも強力な効果がある分取り扱いには注意が必要です。小便器のカバーを外して溜まった水を汲み出してから尿石除去用の薬剤を入れて放置します。その後キレイに磨いて完了です。それでも解決しない場合は業者に相談して、より強力な薬剤で掃除してもらう必要があります。

トイレのつまり解消に薬剤を使うときの注意点


トイレのつまりを薬剤で解決する際にはいくつかの注意点があります。個人で行う際に強い薬剤を利用する場合はとくに注意して、安全にお手入れを行うようにしましょう。

・便器が傷つく熱湯を使わない
重曹などを利用してトイレのつまりを解消する場合、お湯を使うことでつまりを溶かしやすくできます。このとき使うお湯は熱すぎないものを使うようにしましょう。熱湯を使うと、陶器である便器が傷つき、場合によっては割れてしまいます。40度から50度程度のお湯を使って、便器を傷つけないようにお手入れを進めていきましょう。

・説明欄に書かれていることを守る
酸性の薬剤、強アルカリ性の薬剤の取り扱いは、一般的な洗剤よりも注意が必要です。説明欄に書かれていることをよく守って利用しましょう。使用の際にゴム手袋が必要なものや、換気しながら使わなければならないものもあります。また、多く使えばそれだけ効果が得られるというわけではないので、適量を守りましょう。

使用後の保管方法についても、きちんと説明欄に書かれていることを守り、トラブルのないようにしてください。とくに小さな子供がいる家庭では、子供の手に届かない場所、安全な場所に保管することも大切です。

薬剤では解消できない場合もある


ここまでトイレのつまりを解消する薬剤についてご紹介いたしました。しかし、すべてのつまりが薬剤で解消できるわけではありません。排泄物以外の固形物を落としてしまったときや、大量の紙のつまりは薬剤でも溶かすことはできません。さらに排水管内でつまりが起きている場合も、薬剤で対応することは不可能です。

固形物や大量の紙がつまっている場合は専用のアイテムを使って取り出すのが一番ですが、取り出せないほど奥に入ってしまった場合や排水管のつまりの場合は専門業者に相談する必要があります。薬剤で解決しないトイレのつまりは、無理をせずに業者に依頼して解決してもらうようにしましょう。

薬剤で解決しないトイレのつまりはなごや水道職人へ!


トイレのつまりは、薬剤の利用など個人で解決できる方法もいろいろあります。しかし、手の届かない部分のつまり、見えない部分のつまりはなかなか個人で解消することはできません。その場合は専門の業者に依頼して、解決してもらうことをおすすめします。

なごや水道職人では、専用のアイテムや薬剤を使って、トイレのつまりを解消いたします。部品の交換や洗浄など、トイレのつまりに関するトラブルもすべて対応しているので、原因不明なトイレのつまりのご相談も可能です。ご相談やお見積りだけなら無料で受け付けておりますので、名古屋でトイレのつまりなどでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315