【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 混ぜるな危険!塩素系漂白剤の正しい使い方

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

混ぜるな危険!塩素系漂白剤の正しい使い方

2021年06月12日 お掃除


塩素系漂白剤の「混ぜるな危険」の表示は、誰もが見たことがあるかと思います。
しかし、何と何を混ぜてはいけないのか、また間違って混ぜてしまった場合にどうなるのかを知らないという人も案外多いのではないでしょうか。

ここでは塩素系漂白剤と混ぜてはいけないものや正しい使い方・間違った使い方、また間違って混ぜた場合にどうなるのかなどについてまとめました。
また「混ぜるな危険」を混ぜてしまった場合の対処法についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

塩素系漂白剤と混ぜてはいけないもの

塩素系漂白剤と混ぜていけないものとしてまず挙げられるのが、酸性タイプの洗剤です。
自宅にある洗剤の中に酸性のものがあるかどうか、あらかじめ確認しておくといいでしょう。

また、掃除でよく使われるクエン酸も混ぜてはいけません。
クエン酸は酸性であるため、酸性タイプの洗剤を混ぜた場合と同様のことが起こります。
その他、食塩やアルコールも塩素系漂白剤と混ぜてはいけないということを覚えておきましょう。


塩素系漂白剤の正しい使い方

効果の高い塩素系漂白剤ですが、危険性があることも事実です。
そのため、使用時には十分に注意する必要があります。

まず、ゴーグルタイプのメガネ、マスク、ゴム手袋を着用しましょう。
きちんと自分の身体を守ることが何よりも大切です。
また、しっかり換気を行うことも大切です。窓を開けた状態で作業を行いましょう。

そして、パッケージの記載は必ず熟読しましょう。
そのうえで、使用量や場所を守って使うようにしてください。


塩素系漂白剤の間違った使い方

間違った方法で塩素系漂白剤を使うと、大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。
ここでは、塩素系漂白剤の間違った使い方をみていきましょう。

・塩素系漂白剤と酸性タイプの洗剤を混ぜて使う
すでにご紹介した通り、塩素系漂白剤と酸性タイプの洗剤を混ぜて使うことはできません。
クエン酸、食塩、アルコールなども同様です。
特にクエン酸や食塩は安全なイメージがあるため、注意が必要です。

・塩素系漂白剤使用後にしっかり洗わずに酸性タイプの洗剤を使う
塩素系漂白剤を使った後に酸性タイプの洗剤で掃除をする場合には、一度しっかりと洗い流さなければいけません。
洗い残しがあると、塩素系漂白剤と酸性タイプの洗剤が混ざってしまいます。できれば、日を置いて使うほうが賢明だといえるでしょう。

・塩素系漂白剤と酸性タイプの洗剤の空ボトルを同じゴミ箱に捨てる
塩素系漂白剤と酸性タイプの洗剤の空ボトルを同じゴミ箱に捨てると、ゴミ箱の中で混ざってしまう可能性があります。
たとえ空ボトルを水洗いしたとしても、同じゴミ箱に捨てるのは避けるようにしましょう。

・塩素系漂白剤と酸性タイプの洗剤を並べて保管する
フタをしている塩素系漂白剤と酸性タイプの洗剤を並べて保管することには、何の問題もないように思えるかもしれません。
しかし、万が一倒れてしまった場合などに混ざる可能性がないとはいえません。
面倒に思うかもしれませんが、別々の場所に保管することをおすすめします。


「混ぜるな危険」を間違って混ぜるとどうなる?

では、塩素系漂白剤に「混ぜるな危険」を間違って混ぜるとどうなるのでしょうか。
結論から言うと、人体に害のある塩素系ガスが発生します。

塩素ガスは非常に毒性が高く、少量を吸い込んだだけでも頭痛、めまい、呼吸困難などの症状が出ます。
また、最悪の場合には死に至ります。
そのため、塩素系漂白剤の取り扱いには十分に注意する必要があります。


「混ぜるな危険」を混ぜてしまったときの対処法

塩素系漂白剤と混ぜてはいけないものを間違って混ぜてしまうこともあるかもしれません。
その場合は、被害が出る前に迅速に対処する必要があります。
混ぜてしまったかもしれないと思ったら、まずは以下の対処を行ってください。

・換気をする
異臭がすると思ったら、まずは窓を開けて換気をしてください。
窓を開けたら、自分自身はその場から速やかに離れましょう。
また、家族がいる場合にはその場所に近寄らないように伝えてください。

・水で洗い流す
臭いがしなくなったら、しっかりと水で洗い流しましょう。
塩素系漂白剤が残ることのないように、たっぷりの水で流してください。

・病院へ行く
少しでも身体に異変を感じたら、すぐに病院へ行きましょう。
そのときは「病院に行くほどではないだろう」と思っても、後から症状が悪化する場合もあります。
手遅れになることのないように、早めに行動することを心がけてください。


水回りのトラブルでお困りの際にはなごや水道職人にご相談ください

ここでご紹介したように、「混ぜるな危険」を混ぜると大変な事態になってしまいます。
ぜひこの機会に、正しい使い方を確認してみてください。

ところで、水回りで作業をしているときに水漏れやつまりなどが起きていることに気付くこともあるかもしれません。
水回りでトラブルが発生すると、日常生活に支障が生じてしまいますよね。
その場合は、できるだけ早くプロの業者に相談してください。

弊社は、名古屋市を中心に水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
経験豊富なスタッフが責任を持って対応しますので、安心してお任せいただけます。
水回りのことでお困りの際は、ぜひ気軽にご相談ください。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315