【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » シンクの劣化が水漏れを招く?ステンレスシンクの破損を防ごう

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シンクの劣化が水漏れを招く?ステンレスシンクの破損を防ごう

2021年03月29日 洗面台のトラブル
シンクの劣化
キッチンのシンク周辺から水漏れが起きたとき、すぐに応急処置をしなければ生活に支障が出ます。
よくある原因は排水部分の部品に問題が生じているのですが、まれにシンクそのものから水漏れしているケースがあります。

シンクからの水漏れってどういうこと?

キッチンからの水漏れの原因というと、シンク下にある排水関連の問題が有名です。
排水ホースと排水トラップの接続部分のパッキンが劣化していたり、ナットがゆるんだり…というケースが多く、自力で直してしまう人も案外多いものです。
しかしシンクそのものからの水漏れとなると勝手が違います。
どういう状況かと言えば、「シンクに穴が空いてしまい、そこから水が漏れてしまった」というものです。
ステンレスのシンクに穴が空くの?と驚かれそうですが、原因によっては有り得ない話ではないのです。

ステンレス製のシンクでも、長い年月を経れば経年劣化が起こります。
耐用年数は平均10年程度です。
もちろん使い方次第ではもっと長く持ち、あるいは短いこともあります。
丁寧に使えば耐用年数が延びる可能性は高くなりますし、逆にあまり良い使い方をしなければ、短くなってしまいます。
きちんとした掃除をせず、シンクが傷むような使い方をすると、いくら頑丈なステンレスシンクとはいえ破損が生じてしまうものなのです。

ステンレスシンクにNGな行動は?

ステンレスシンクの寿命を縮めてしまうNG行動が、「熱湯を流すこと」です。
料理や掃除の過程で、意識せずに熱湯を使ってしまうこともありますが、実はそれがステンレスシンクにとって悪影響をもたらすのです。

たとえば、インスタント焼きそばの湯切りをするために熱湯を捨てたとき、「ボコ!」という音がしませんか?あの音こそがシンクにダメージを与えている証拠です。
変形してしまい、穴が空きやすくなってしまうなど、様々な危険性が考えられます。
ダメージを受けているのはシンクだけではありません。
シンクの排水口、排水トラップ、排水ホースにいたるまで、実はもともと熱湯への耐性が低い材質で作られているのです。

排水トラップや排水ホースは、ほとんどが塩化ビニール樹脂でできています。
この塩化ビニール樹脂の耐熱温度は60℃前後~70℃前後で、それ以上の高温ではダメージが発生してしまいます。

すぐに破損が起きるというわけではありませんが、シンクや排水関連のパーツの寿命を短くしていることは確かです。
蓄積されたダメージが突然限界を超え、キッチンの床一面を水浸しにしてしまう日がくるかもしれません。

熱湯を流すときの小技でダメージ減

「シンクに熱湯を流さないと不便だ」という人もいます。
実際、熱湯をシンクに流す機会は多いでしょう。
料理はもちろん、熱湯消毒に使ったお湯を捨てるときもあります。

そこで熱湯を流すときに、ちょっとした小技を使ってみましょう。
小技といっても非常に簡単です。
熱湯を流す前に蛇口から水を出しましょう。
シンクの底を水で濡らしながらお湯を流すと湯温が下がり、あの「ボコ!」が聞こえません。
もしくは熱湯をボウルに入れるようして、入れたあとは湯温が下がるまで放置しておくと良いでしょう。
多少手間がかかってしまいますが、慣れればほんの数秒で終わることです。
その数秒がステンレスシンクや排水関連のパーツを長持ちさせてくれます。

シンクの交換には手間がかかる

シンクが破損した場合、小さな穴が空いたくらいでなら、補修剤を使って穴を埋める程度の修繕で間に合います。
見た目はあまり良くないのですが、こだわりがない人なら問題ないでしょう。
見た目にこだわりがあり、小さな修繕では対応しきれないほどの破損なら、シンクそのものを交換する必要があります。

破損したままでは水漏れが続きます。
破損部分に手指が当たってけがをしてしまうこともあるため、やはり大きな破損の場合には交換を考えましょう。

シンクの交換は修理よりも手間がかかります。
大がかりな工事がおこなわれるため、日程の調整も不可欠です。
また、費用面でも負担が大きくなるでしょう。
費用に関しては、持ち家の人はシンクのメーカーやリフォーム業者に連絡して見積もりを出してもらいましょう。

その際、自治体によっては条件を満たすことで補助金が出るケースがあります。
お住まいの自治体への問い合わせをおすすめします。
賃貸住宅の場合は大家さん、または賃貸管理会社に相談します。
故意の過失による破損であれば費用負担割合が大きくなったり、あるいは全額負担と言われたりするかもしれませんが、経年劣化であると認められればその限りではありません。

DIYでは難しい、または交換も視野に入れたいというときは水回りのプロへ

シンクの水漏れはDIYで対応できる状態、できない状態に大きく分かれます。
対応できないと思ったら、水道修理業者に連絡してみましょう。

なごや水道職人では、緑区、中川区、瑞穂区、熱田区、中川区をはじめ、名古屋市のほか愛知県内の広いエリアで地域密着を目指し、水回りのあらゆる相談に対応しています。
シンクの水漏れはもちろん、生活の中で水回りにお困りのことがあれば、お気軽にいつでもお問い合わせください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315