【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 正しくトイレを使用して詰まりを予防しましょう

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

正しくトイレを使用して詰まりを予防しましょう

2021年03月25日 トイレのトラブル


トイレを末永く使うために

トイレは電気製品などの精密機器と比べれば故障しにくいですが、なかには頻繁に故障する家庭が見られます。
便器は陶器でできているので、破損するまで使い続けられると思うかもしれませんが、見えないところが劣化している可能性があります。
排水路や排水管に詰まりがあると、便器の寿命を短くすることになりかねません。
トイレを末永く快適に使用するには、詰まりを発生させないことがポイントです。

詰まりを安易に考えている人は少なくありませんが、詰まりは膨張していく性質があります。
膨張すると排水管を広げるような力が作用し、劣化を早めてしまうのです。
排水管の交換が必要になれば、プロでなければ対処はできません。
だからこそ普段から異物は流さないこと、また詰まりはすぐ修理することが重要です。


よかれと思って流すと詰まりを招く

「これくらいなら大丈夫」とさまざまなものをトイレに流してしまう人は実際にいます。
よくあるのはペットの糞で、人間の排泄物より小さいので問題なしと考える人が多いです。
ほかにも食べ残し、鼻をかんだティッシュペーパーなどを流す人もいます。
トイレに何でも流せれば、確かに燃えるゴミを減らせるでしょう。

しかしトイレは何でも流せるようには設計されていません。
本来は流せないものでも、絶対に詰まるとは限らないのです。
そして詰まらなければ大丈夫と、今後はプラスチックまで流すようになる人がいますが、間違いなく詰まりのリスクを高める行為です。

排水管にペンやおもちゃなどが存在すると、トイレットペーパーの流れを阻害します。
ペーパーを微量しか流していないのに詰まるのであれば、排水管に問題があるのかもしれません。
水の流れが悪い状態がずっと続くなら、水道修理業者を呼んで見てもらいましょう。


ラバーカップで詰まりの解消を

ラバーカップはトイレ用を購入してください。
さらに和式用と洋式用があるので、間違えないように注意します。
ラバーカップは時間を置いても流れない状態で重宝するアイテムです。
排泄物やトイレットペーパーを引き出すのに活用されます。
アクセサリーやメガネなどの異物回収にも使えますが、排水管の摩耗を促進してしまいます。
そのため何度か試して出てこないなら、その時点で諦めましょう。

すべての詰まりを自身で解決できるなら、そもそもプロは必要ありません。
詰まりの種類によってはお客様自身で対処が難しいもの、また対処してはいけないものがあります。
特に異物を落としたときは、どこまで進んでいるのか判断が難しいので、最初からプロの診断を受けるのが一番です。
ラバーカップを使用したい状況は、異物ではなく流せるものが詰まったときだと考えてください。


タオルをうっかり落とした場合

手洗いのタオルを便器内に落としてしまう事例があります。
タオルはそのまま流そうとしてもまず流れません。
便器内に留まる、また排水トラップに引っかかるなどし、奥までは進まないことが多いです。
そのためゴム手袋を着用してひっぱり出す、または火バサミで挟んで取り出すなどの方法で取ります。
タオルを取り出すのにはラバーカップは向いていません。

手の届かないところまでタオルが流れた場合は、水道修理業者を呼びましょう。
便器を取り外したり、業務用のトーラーと呼ばれる器具で取り出したりします。
もしタオルを流したときは、水を追加で流さないようにしてください。
詰まり全般に言えますが、奥に進むほど対処は厄介です。

修理料金も高額になりますので、詰まった時点でプロを呼びましょう。
排泄物とトイレットペーパー以外が詰まったときは、最初からプロに依頼したほうが安くつくことが多いです。
ご自身で無理に挑戦し、トイレを破損させると予想外の大金が飛ぶことになるからです。


トイレの水はなぜ溢れるのか?

便器内や排水管にものが留まっていれば、水が流れないので溢れます。
また水位が以前より高いと感じるなら、詰まりの前兆かもしれません。
節水が原因で生じることもあり、たとえば大で流すべき場面で小を使用するのは避けましょう。
小は節水に役立つと考えがちですが、過度の節水は詰まりの原因になります。小で普通に流れているように見えても、見えないところで詰まりが徐々に発生していることがあります。

特に排水管にアクセサリーなどの異物があり、流れない状態になっていると危険です。
小型の異物であれば問題なく流れることが多いですが、排水管と異物の間のスペースにトイレットペーパーが挟まると厄介です。
詰まらせないためには、排泄物とトイレットペーパー以外は絶対に流さないと徹底することが重要になります。

なごや水道職人は水回り解決のプロとして活動しています。
名古屋市緑区、中川区、天白区、千種区など名古屋市を中心に愛知県全域での作業実績があり、経験豊富なスタッフが素早く問題を解決します。
トイレの詰まりや水漏れ以外にも、お風呂やキッチン・台所の修理も得意です。
ご家庭における水の悩みは、なごや水道職人が責任を持って解決いたします。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315