【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 洗濯機用の蛇口を自分で(DIYで)交換する4つのコツ&注意点

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗濯機用の蛇口を自分で(DIYで)交換する4つのコツ&注意点

2020年09月30日 蛇口


洗濯機用の蛇口が古くなってサビてしまった場合や、部品を交換しても水漏れが改善されない場合は蛇口を交換する必要があります。
また、見た目に問題がなさそうな蛇口でも耐用年数は10年といわれているので、10年経っているのであれば交換するのがおすすめです。

そこで今回は自分で洗濯機用の蛇口を交換する方法や、交換する際の注意点を紹介します。洗濯機用の蛇口交換を考えている方はぜひ参考にしてください。

洗濯機用の蛇口を自分で交換する方法

洗濯機用の蛇口を自分で交換する方法を紹介していきます。手順は下記のとおりです。

1.止水栓を止める
2.蛇口を取り外す
3.シールテープを巻く
4.新しい蛇口を取り付ける

それでは、それぞれ下記でくわしい交換方法を解説します。

1. 止水栓を止める
洗濯機用の蛇口をDIYで交換するときは、まず止水栓を止めます。洗濯機用の蛇口には元栓がないため、必ず家全体の止水栓を止めてください。蛇口の下には水が溢れてもいいようにバケツを用意しておきましょう。

2. 蛇口を取り外す
まず蛇口本体をひねって取り外します。蛇口が固くてひねることができない場合は、ハンマーを使って回したい方向に少しずつ叩きましょう。ウォータープライヤーという工具があれば簡単に外すことができます。

3. シールテープを巻く
次に新しい蛇口を一旦配管に差し込んで、取り付けるには何回回す必要があるのかを確認します。そのあと、新しい蛇口にシールテープを巻き付けましょう。
シールテープは時計回りに5・6回巻き付けてください。これで水漏れを防ぐことができます。

4. 新しい蛇口を取り付ける
あとは蛇口を時計回りにねじ込んでいきます。先ほど取り付けるときに回す回数を確認した通りの回数分回します。
一度でも緩める方向に回してしまうと水漏れの原因となりますので、必ず時計回りにだけ回してください。もし逆方向に回した場合は、シールテープを巻きつけるところからやり直しましょう。


洗濯機用の蛇口を自分で交換する際の注意点

洗濯機用の蛇口をDIYで交換する場合の注意点を3つ紹介します。

1. 周りは養生しておくと安心
止水栓を止めて作業をするので大量の水が溢れ出る心配はありませんが、排水管や蛇口に残っていた水が飛び散ってしまう可能性があります。作業をするときは周りの壁や床を養生しておきましょう。新聞紙や大きなビニール袋を使うのがおすすめです。

2. 蛇口を外したら配管を掃除しよう
普段洗濯機の蛇口に繋がっている配管を掃除する機会はなかなかないという方も少なくないでしょう。
配管にゴミがたくさん溜まっているとは限りませんが、サビがこびりついていたり、ホコリが溜まってしまっている可能性もあります。古い蛇口を取り外したら、歯ブラシなどの小さめのブラシを使って排水管の中を掃除しておきましょう。

3. 洗濯機ホースに合う蛇口を選ぶ
新しい蛇口を購入するときは、今まで使っていた洗濯機ホースに合う形の蛇口を選びましょう。洗濯機のホースにはジョイントと呼ばれる接続部品が付いていますが、このジョイントが蛇口と合わなければ取り付けることができません。
ホースを買い換えなくて済むように、蛇口の形はしっかりチェックしてから購入することをおすすめします。


洗濯機用の蛇口周りのトラブルは業者に相談

洗濯機用の蛇口周りにトラブルがおきてしまったら、水道修理業者に相談することをおすすめします。一番多いトラブルは蛇口からの水漏れですが、蛇口からの水漏れは放置していても改善することはなく、むしろ悪化していきます。

そのままにしておくと突然大量の水漏れが発生して大きなトラブルになることもありますので、気になったらすぐに問い合わせてください。水漏れ以外でも「おかしいな」と思うことがあれば、早めに相談しましょう。

また今回洗濯機用の蛇口を交換する方法を紹介しましたが、自分で交換するのは不安だと感じる方もいらっしゃるでしょう。取り付けがきちんとできていなければ、そこから水漏れがおきてしまう可能性もあります。
蛇口交換をするのが不安な場合も、水道修理業者に相談してみてください。交換する蛇口も用意してくれますし、業者に頼めば一定期間の保証がつく場合が多いです。


洗濯機用の蛇口交換は手順を守れば難しくはない

蛇口を交換するというのは大掛かりな作業に思えるかもしれませんが、手順をしっかり守って正しい方法で行えばそこまで難しいものではありません。今回紹介した方法や注意点を参考にして交換してみてください。
なお、作業をするときは止水栓を閉めることを忘れないようにしましょう。

慣れない作業に不安があるという方は、水道修理業者に相談することをおすすめします。お近くの水道修理業者に問い合わせてみてください。

なごや水道職人は、熱田区や緑区、中川区など名古屋市全域で、水回りの部品交換や水漏れトラブルにご対応しております。お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315