【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 嘔吐による洗面所の排水口つまりを簡単に解消する方法を伝授

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

嘔吐による洗面所の排水口つまりを簡単に解消する方法を伝授

2020年08月27日 洗面台のつまり


洗面所に嘔吐してしまうと、排水口つまりが置きやすいです。洗面所の排水口のつまりは不衛生であり、毎日使う洗面所が使えなくなると不便です。
洗面所に嘔吐してしまった際は、早めにトラブルを解決するようにしましょう。


嘔吐による洗面所の排水口つまりを解消する6つの方法

洗面所に嘔吐してしまって排水口がつまった際の解消方法を解説します。
洗面所のつまりは、早めの対処が大切です。食べ物などが排水口の奥で腐敗すると、害虫、異臭などのトラブルの原因にもつながります。

また、食中毒や感染症の疑いがある場合は、掃除をする際にしっかり感染症対策をしましょう。使い捨ての手袋をはめる、マスクをする、換気を徹底するなどです。
問題が解決したあとも、アルコールで洗面所を除菌しておいてください。

1.水を流す前に汚れを取り除く
洗面所で嘔吐してしまったら、水を流す前にまずは汚れを取り除きましょう。水で吐瀉物を流してしまうと、つまりが余計にひどくなってしまいます。洗面所に残っている吐瀉物はゴム手袋などをした上で先に取り除いて、それから排水口内の汚れを掃除しましょう。
嘔吐した人が感染症にかかっていた場合、吐瀉物が残った状態で水を流すと周囲に跳ねて、ウイルスを撒き散らしてしまう可能性があります。

2.ワイヤーブラシで掃除する
ワイヤーブラシは、排水口の奥など手が届かない部分の掃除に適したアイテムです。このワイヤーブラシを差し込むことで、どの部分が詰まっているかを確認できます。
排水口のヘアキャッチャーを取り外し、このワイヤーブラシで排水口の内部を掃除しましょう。
柄を回しつつ、内部の汚れを擦ってから、最後に水を強く数十秒流してください。これである程度の汚れは流しきれます。

3.ラバーカップでつまりを取り除く
ワイヤーブラシでつまりの原因を取り除けなかった場合や、洗面所に水があふれている場合は、ラバーカップを使った掃除方法がおすすめです。ラバーカップは「すっぽん」とも呼ばれる掃除アイテムで、トイレのつまりや洗面所のつまりを解消するのに役立ちます。

洗面所のつまりを防ぐためのオーバーフロー穴をガムテープなどで塞ぎ、ラバーカップを排水口の真上に押し当てます。一気に引き上げると、つまりの原因となっているゴミが浮上してきます。一度で引き上げられないこともありますので、何度かチャレンジしてみましょう。

4.パイプクリーナーで溶かす
パイプクリーナーで汚れを溶かす方法もあります。パイプクリーナーは、髪の毛や細かい汚れ、ヌルつきなどを解消するためのアイテムです。吐瀉物や食品といった大きな汚れは、溶かしきってくれません。
そのため、ワイヤーブラシやラバーカップである程度の汚れを取り除いたあと、仕上げとして利用することをおすすめします。いきなりパイプクリーナーを流し込むと吐瀉物、食品が溶けきらず、かえってつまりが悪化することもあるので注意してください。

パイプクリーナーは排水口に流し込み、30分程度放置してから水で流すというものです。使い方も簡単で、洗面所の他の排水口にも利用できるので、ひとつ用意しておくと良いでしょう。

5.排水トラップのつまりを取り除く
排水口の奥、排水トラップでつまりが起きている場合は、排水トラップを取り外してつまりの原因を除去するという方法もあります。この方法は、排水トラップパイプが樹脂製の場合にのみ有効です。

排水トラップの下にバケツを置いて、水漏れ対策をしておきます。U字の管を取り外し、中のつまりの原因を取り除きます。元通りに設置しなおして完了です。
U字管よりも先の部分でつまりが発生している場合は、ワイヤーブラシなどで汚れを取り除くようにしてください。無理に取り外そうとすると破損の原因になるので注意しましょう。
排水トラップパイプが金属製の場合は、素人が取り外そうとすると破損する可能性がありますので、むやみに触れないようにしましょう。


自分では直せない排水口トラブルは業者に相談

排水口を掃除したのに、つまりが解消しない、自分では掃除できない排水トラップ部分でつまりが生じているなどの場合は、無理をせずに早めに水道修理業者に修理を依頼しましょう。修理業者であれば正しい知識と豊富な経験で、つまりの原因を解明し、適切なアイテムを使ってつまりを解消してくれます。

また、洗面所ではなく、床下の排水管でつまりが発生しているケースもあります。このような場合も、素人では修理できませんので、プロの水道修理業者に相談してみてください。


洗面所で嘔吐してしまった場合の対処法を実践しよう

洗面所で嘔吐してしまうと、トイレなどで嘔吐するよりもつまりやすいです。感染症対策なども徹底しつつ、悪臭、害虫が発生する前に早めに対処しましょう。
ワイヤーブラシやラバーカップなどでつまりの原因を取り除けます。また、パイプクリーナーを使うのも良いでしょう。

それでも排水口のつまりが解消しない場合や道具がそろわない場合、衛生面が気になる場合には水道修理業者に相談してください。
素人の手が届かない部分まで徹底的に掃除して、つまりを解消してくれます。洗面所のトラブルならなごや水道職人までご相談ください。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315