名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 自宅のトイレでも注意すべきウイルスの感染予防5つのポイント

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

自宅のトイレでも注意すべきウイルスの感染予防5つのポイント

2020年08月27日 トイレ


ウイルス感染を予防するために日々多くの方が感染対策を行っていますが、自宅のトイレの感染対策にも気をつけましょう。自宅のトイレだからといって油断していると、家族に感染者が出た際に一気に感染が広まってしまいます。
自宅のトイレで出来る感染対策について見ていきましょう。

トイレでのウイルス感染予防5つのポイント

トイレ内でのウイルス感染を防ぐためにできる対策を5つ紹介します。家庭内でもしっかりウイルス対策をするために、トイレでの感染予防にも今一度力を入れましょう。

・蓋を閉めてから流す
用を足したら便座の蓋を閉めてから水を流すようにしてください。
トイレを流す際、その水の飛沫はトイレ内に飛散します。糞便や吐瀉物に含まれるウイルスが空気中に飛び散る原因にもなり、きちんと感染対策をしていても衣類や手、口元に付着してしまう可能性があります。
蓋を閉めてから水を流すことで、空気中に飛散するウイルスを80%カットできるといわれています。[注1]

・換気扇を常に回しておく
空気中に飛散したウイルスは、トイレ内の換気扇を15分間回すことで約87%除去できるとされています。[注1]
換気扇をずっと回していればそれだけウイルスを除去できるので、換気扇は常に回しておきましょう。トイレに窓がある場合は、1日に1回は窓を開けて空気を入れ替えることもおすすめです。

・ハンドル・蛇口・ドアノブに触れない
ハンドルや蛇口、ドアノブはとくに触れることの多い場所です。感染対策をしていても、これらにウイルスが残った手で触れる、またそのあとに触れることで感染が拡大してしまいます。ハンドル、蛇口、ドアノブに触れる際は、ペーパータオル越しに握るなどの対策をしましょう。
ペーパータオルは一度使ったらすぐに捨てられるようにトイレ内にゴミ箱を設置しておくことも大切です。蓋つきのもので感染を予防し、速やかに中身を交換することも忘れないようにしましょう。

・手洗いを毎回行う
自宅のトイレでも、毎回の手洗いは大切です。水で軽く流すだけでなく、石鹸を使って丁寧に手洗いをしましょう。
この際も蛇口には直接触れないように注意してください。手洗いをしたあとに家族で共有しているタオルを使うとそこからウイルスに感染する可能性もあるので、使い捨てのペーパータオルで拭き取るようにしましょう。

・定期的に除菌をする
定期的にトイレ内の除菌をすることも忘れないようにしましょう。除菌スプレーを毎回トイレを使ったあとに吹きかけるだけでもウイルスの数を減らせます。
掃除をする際は仕上げに除菌シートなどを使い、レバー、蛇口、ドアノブ、便座など、家族が触れることが多い場所を除菌しましょう。

[注1]株式会社食環境衛生研究所:【新型コロナ対策】トイレ使用時の注意点について
https://www.shokukanken.com/news/topics/200414-1229.html


トイレを清潔に保つ掃除方法

トイレを清潔に保つためにしておきたい掃除方法を紹介します。いつも以上に感染対策を意識して、より清潔なトイレをキープしましょう。

・すべての小物を除菌する
便器だけでなく、小物の掃除もしましょう。トイレ内に置いてある石鹸、ハンドソープ、便座カバー、マット、スリッパなどにもウイルスは付着しています。除菌シートで拭き取る、定期的に交換するなどの工夫が必要です。
タオルにはウイルスが付着しやすいので、感染対策を考えるなら取り外しておくと良いでしょう。

・壁や床も掃除する
水を流す際、また用を足す際、嘔吐してしまった際、壁や床にもウイルスを含んだものが付着しています。しっかり床全体、壁全体の拭き掃除を行いましょう。
濡らした雑巾で拭き取るだけではウイルスを除去しきれず、またかえってウイルスを広げてしまう可能性もあります。中性洗剤をつけた雑巾でしっかり掃除しましょう。

・手袋をして掃除をする
掃除をする際はゴム手袋などをつけて行いましょう。掃除したあとにきちんと手洗いができていないと、そこから感染してしまいます。ゴム手袋は掃除をしたあとは毎回洗うか、面倒であれば使い捨てのものも衛生的でおすすめです。
手袋をしている方が汚れの気になる場所も思い切って掃除ができます。便器のフチなど、気になる部分もしっかりと掃除しましょう。


トイレの水漏れ・つまりを発見したら業者に相談

トイレの水漏れや詰まりが発生すると、トイレ全体が不衛生な状態になります。水を流す際に便器内の水が多いとその分跳ね返りも多くなり、ウイルスを含んだ水が体に付着してしまうかもしれません。

水漏れ、詰まりなどのトラブルが発生した際は、速やかに水道修理業者に相談しましょう。プロの知識、経験、アイテムを駆使して、トイレのトラブルを解決してくれます。
水道局指定店である「なごや水道職人」では、水トラブルの修理だけではなく、部品交換にも対応しています。名古屋市の方はお気軽にご相談ください。


自宅のトイレもしっかり感染対策をしよう

自宅のトイレだからと油断していると、ウイルスに触れてしまうかもしれません。しっかりと感染対策をして、安心して暮らせるようにしましょう。

蓋を閉める、手洗いをするといった基本的なことから、掃除の際に気をつけたいことまで、自宅のトイレでもできる感染対策はたくさんあります。家族全員で感染対策を行うことが大切ですので、認識を共有することも忘れないようにしましょう。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315