名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水漏れ箇所の発見方法まとめ!自力で見つけるための6つのポイント

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水漏れ箇所の発見方法まとめ!自力で見つけるための6つのポイント

2020年07月01日 水漏れトラブル


毎月の水道使用量が不自然に増えた、水道料金が上がったという場合は、どこかで水漏れを起こしている可能性があります。家の中の水まわりや外水道、給湯器などをチェックし、水漏れ箇所を特定しましょう。
ご自身での特定が難しい場合は、専門業者に水漏れ調査を依頼しましょう。

今回は、名古屋で水漏れにお悩みの方に向けて、水漏れ箇所のご自身で見つける方法を6つのチェックポイントとともにご紹介します。

水漏れ箇所の発見方法

普段使用している水栓からチョロチョロと水が漏れていればすぐに発見できますが、地中の水道管や排水管からの水漏れは、普段の生活の中ではなかなか気づけません。

大規模なトラブルになる前に水漏れを発見するためには、毎月の検針票に記載されている水道使用量と請求金額をしっかり確認することが大切です。
「普段よりも多く水を使った覚えがないのに使用量が増えている」という場合は、どこかで水漏れを起こしている可能性が高いでしょう。

続いて、水道メーターをチェックします。
まずは家の蛇口が全て閉まっていることを確認しましょう。続いて、水道メーターについている「パイロット」という小さなプロペラ部分をチェックします。もしパイロット部分が少しでも動いているようなら、どこかで水漏れが発生しています。

水漏れの発生を確認したら、今度は水漏れ箇所を探しましょう。まずは家にある全ての蛇口がきちんと閉まっているか再度確認したのち、次のポイントをチェックしてみましょう。

1. キッチンのシンク下
まずはキッチンのシンク下が、水で濡れていないか確認します。濡れている場合は、排水管や排水ホース、給水管・給湯管などのトラブルにより、水漏れが発生しています。

2. トイレタンク
続いて、トイレタンクの配管をチェックしてみましょう。トイレタンクと便器のあいだが濡れている場合は、トイレタンクの中の部品が故障し、水が流れっぱなしになっている可能性があります。

3. 屋外の散水栓や立水栓
庭などにある散水栓や立水栓の蛇口をホースで延長し、その先にシャワーヘッドを装着して使用している家庭は、蛇口が閉まっているかどうかもう一度確認してみましょう。蛇口を閉めずに、シャワーヘッドの手元で水を止めている場合があります。どこからか水が抜け、メーターのパイロットが回る原因になっているかもしれません。

4. 洗濯機蛇口
洗濯機蛇口と給水ホースのつなぎ目や、洗濯機蛇口と壁の結合部も確認してください。内部パーツの劣化や「ニップル」呼ばれる固定ネジのズレやゆるみなどが原因で、水漏れを起こしている場合があります。

5. 給湯器の配管
寒冷地や「最近雪が降って水が凍結した」という場合は、外の給湯器の配管を確認してみましょう。配管内の水が凍結すると、膨張してヒビが入り、そこから水が漏れてしまうケースもあります。

6. 止水栓を閉める
トイレ・キッチン・浴室・洗面所・給湯器など、水回りについている止水栓を1ヵ所ずつ閉めてパイロットの動きを確認し、水漏れを特定する方法もあります。キッチンの止水栓を閉めてパイロットを確認、動いていたらほかの止水栓を閉めてパイロットを確認と、パイロットが止まる箇所が出てくるまで一つひとつ繰り返し、水漏れの場所を探し当てます。


水漏れ箇所が見つからない時には?

ご紹介した箇所を確認しても水漏れが見つからない場合は、地面の中にある水道管や排水管から水漏れしている可能性があります。晴れている日でも地面が常に湿っている箇所があるか確認してみましょう。

それでも特定できない場合は、業者に水漏れ調査を依頼しましょう。これ以上の調査には、器具の取り外しや、聴診棒という専用器具を使った調査が必要です。業者でなければ難しい作業なので、ご自身での無理な調査は控えましょう。


水漏れ箇所を確実に発見するなら「なごや水道職人」へ

ご自身では特定できない水漏れ箇所を確実に発見するには、業者への水漏れ調査依頼が必要です。
水漏れを放置していると水道料金が高くなるだけでなく、水道管が破裂して地上に水が吹き出したり、集合住宅に住んでいる場合は、階下の住人に被害が及ぶ大規模な水漏れに発展したりといった可能性もあります。
業者に水漏れ箇所を特定してもらい、早急に修理してもらうことをおすすめします。

名古屋で水漏れ調査を検討している場合は。「なごや水道職人」がおすすめします。高い技術を持ったスタッフが電話1本ですぐに駆けつけます。見積もり無料で、土日や休日、早朝・深夜でも割増料金などもございません。


水漏れ箇所を特定できない場合は業者の水漏れ調査に依頼しよう

水漏れを早期発見するには、毎月の水道料金や水道メーターのプロペラを確認しましょう。どこかで水漏れが起きていることがわかったら、水漏れ箇所を特定し、早急に修理しましょう。
地中の水道管や排水管の水漏れは発見が困難です。ご自身で発見できない場合は、業者への水漏れ調査依頼をおすすめします。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315