【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 排水管詰まりの原因は?自分でできることも解説

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

排水管詰まりの原因は?自分でできることも解説

2022年04月30日 排水口のつまり

キッチンや洗面所、バスルームに設置してある排水管。

それらは、たとえ注意していたとしても詰まりを起こす可能性があります。
しかし、実際に詰まってしまった際はどうすれば良いのでしょうか。

この記事では、排水管詰まりの原因や自分でできる対処方法を詳しく解説します。
突然のトラブルの際に役立ててください。

排水管が詰まった時に考えられる原因は?


排水管詰まりの原因は、設置してある場所ごとで異なります。

洗面所は、身支度を整えるスペース。洗面所の排水管詰まりの原因となるものは髪の毛や、ヒゲや垢、石鹸カスなどが考えられます。また、誤って落としたヘアピンなど小物も原因のひとつです。

バスルームも洗面所と同様、髪の毛や石鹸カスなどが排水管詰まりの原因となります。バスルームは、髪を洗ったり身体を洗ったりするスペース。汚れた髪の毛や皮脂が流れ落ちて排水口に溜まっていきます。

排水口の汚れを放置すると、排水管を詰まらせてしまうことになるのです。シャンプー、ボディーソープなどから発生する石鹸カスが強力な汚れとなることも。それら石鹸カスが排水管内に流れ込んでしまうと、内側にこびり付いてしまいます。

さらに、排水口から流れ込んだ髪の毛が付着していくことで排水管が詰まってしまうのです。では、洗濯機の排水管が詰まった場合は何が原因でしょうか。

この場合、糸クズや洋服の繊維類、髪の毛、洗剤カスが詰まりの原因と考えられます。糸クズや繊維類などが詰まった場所に石鹸カスの溶け残りが付着することで、ヘドロ状の汚れとなることも。

さらにその上から、髪の毛が溜まっていくと、排水管を流れが悪くなってしまいます。

キッチンの場合、油や洗剤カス、食材カスなどが排水管詰まりの原因となります。多くの油や洗剤カスが流し込まれているキッチンの排水口。食材カスなどは、水に溶けることなく排水管の内側に詰まってしまいます。

トイレの排水管詰まりは、大量のトイレットペーパーを流してしまった時や、水に溶けない固形物を流してしまった時に起こり得ます。トイレ掃除用のシートを流した際に、詰まることも。物によっては完全に流れなくなることもあるので、注意が必要です。

排水管が詰まった時の対応方法


では実際に排水管が詰まってしまった時に、どのように対処すれば良いでしょうか。

手軽な手段としておすすめなのは、家庭用パイプクリーナーを使うことです。

家庭用パイプクリーナーは、キッチン・洗面所・バスルームの排水管詰まりには使用可能。詰まりの大きな原因は、油汚れや洗剤汚れに、髪の毛や食材粕が付着すること。

パイプクリーナーはそれらの汚れを分解できるので、排水管が詰まった際に、早めに試してみてください。しかし、放置時間が長すぎると、逆に詰まりを悪化させることがあるため注意しましょう。

また、パイプクリーナーでは年月をかけて固まった汚れを取り除くことはできません。詰まりを感じた初めの段階に試してみることをおすすめします。

パイプクリーナーの代わりにナチュラルな重曹とお酢を使って詰まりを溶かすことも可能です。用意するものは、重曹・お酢・手袋・使い古しの歯ブラシ。

まず、排水口のカバーやゴミ受け、排水トラップを外します。外したパーツに重曹をかけ、歯ブラシを使って汚れを落としてください。

続いて、排水口に重曹を振りかけて、その上からお酢をかけます。その後、30分〜1時間ほど時間を置き、60度ほどのお湯で洗い流してください。

排水トラップやゴミ受けを元に戻して完了です。

また、大量の紙を流してトイレが詰まった場合には、ラバーカップを使用して詰まりを解消できます。原因の場合には、ラバーカップの使用はおすすめできません。

便器を外して原因のものを取る必要があるため、業者に依頼してください。洗濯機の排水管詰まりの場合、まずはフィルターを掃除してください。

フィルター掃除は、排水口・洗濯機・排水ホースの詰まりを防ぐことに繋がります。できるなら、排水ホースを取り外して中を洗ってください。加えて、高圧洗浄機で詰まりを解消することも可能です。

パイプクリーナーや重曹・お酢を試しても詰まりが解消されないときは、水を高圧で噴射する高圧洗浄機をホースに差し込んで排水管内部の汚れを落としていきましょう。家庭用の高圧洗浄機は、排水管の入り口を掃除できます。

作業する際には、ホースをしっかり握って先端が排水口に入っていることを確かめた上で水を噴射させるようにしてください。排水管の汚れが取れていくはずです。

しかし、高圧洗浄機を使用しても、詰まりが解消されないこともあるかもしれません。そんな時には、排水ホースを取り外してみてください。

排水ホースは、シンク下や洗面所の下にあります。取り外して、中に汚れがあるかをチェックしてみましょう。汚れや髪の毛が溜まっている場合は、しっかり取り除いてください。

排水管のつまりを予防には日ごろからの予防が大事


排水管のトラブルを避けるためにも、日頃からしっかり予防しておくことが必要です。

まず、こまめに髪の毛を取り除きましょう。

洗面所やバスルームなど排水管詰まりの原因となる髪の毛。洗剤カスや油と混じることで、大きな詰まりになってしまいます。

大きな詰まりを防ぐためにも、排水口に溜まった髪の毛をすぐに取り除くようにしてください。

次に、キッチンに大きな汚れを流さないようにすることも大切です。油や食材カスは排水管詰まりの原因となります。

油汚れがひどいフライパンや食材カスが残った皿をそのまま洗い流すことは避けましょう。一度、キッチンペーパーやティッシュで拭き取ってから洗うようしてください。

さらに、キッチンであれば、排水ネットや三角コーナーを洗面所やバスルームであれば、網ネットを活用して詰まりを予防しましょう。

備え付けのトラップにネットを被せれば、さらに目を細かくなり、掃除も簡単になります。

ヌメリが発生する頻度も少なくなるため、排水管詰まりの予防に活用してください。

排水管の詰まりを感じたらまずやるべきこと


排水管の詰まりを感じた際には、まず排水管内にお湯を注いでみてください。

お湯の温度は、40〜60度ほど。排水管にお湯を直接流すことによって、油汚れなど詰まりの原因をふやかして、分解します。

お湯を流しても詰まりを感じる際には、シンクの7割ほどにお湯を貯め、その後、一気に流すようにしてください。

完全に詰まってしまう前であれば、この方法で排水管詰まりを解消できます。ただし、60度以上の熱湯は、排水管を傷つけるので流さないようにしてください。

排水管が破損すると、水漏れや変形による排水管詰まりを招く可能性もあります。適温のお湯を使用するようにしましょう。

家の中のあちらこちらにある排水管。髪の毛や油汚れ、皮脂などが排水管の詰まりの原因になることがあります。

トイレの排水管であれば、トイレットペーパーが排水管詰まりの原因となることも。排水管詰まりが生じた際には、場所ごとで道具を使い分けましょう。

たとえば、トイレの詰まりの場合にはラバーカップを使用し、バスルームや洗面所、キッチンの場合は、まずはパイプクリーナーを試してみるのがおすすめです。

毎日の積み重ねが排水管の詰まりに繋がります。こまめに髪の毛を取り除いたり、油をそのまま流さないなど、少しの工夫で排水管の詰まりを予防していきましょう。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315