名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水道管から音がする原因はいろいろ!音の種類別3つの改善策

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道管から音がする原因はいろいろ!音の種類別3つの改善策

2020年04月28日 水のトラブル

水道管から音がする、というトラブルの原因はたくさんあります。ご自身の水道管からはどのような音がしているのか、音とその原因についてチェックしていきましょう。音の原因によって対処法は異なります。しっかり原因を突き止めることが大切です。


音の原因1. 断水復旧後にゴボゴボという音がする


マンションやアパートなどで断水が行われた場合、また近隣の工事の関係で断水が行われた場合など、断水が復旧したあとにゴボゴボという音が水道管からするケースがあります。

これは、断水中に水道管の中に溜まった空気が、水と一緒に出るときに鳴る音です。空気が抜けきると、その後ゴボゴボという音はしなくなります。特別な修理などは必要ありません。

・改善策:ゴボゴボという音が鳴り止まないときは業者に相談

断水後のゴボゴボという音は時間が解決してくれることがほとんどですが、場合によっては音がなかなか鳴り止まないケースもあります。空気が水道管を通る際の衝撃で、パイプが外れてしまっている、蛇口が故障してしまっている可能性があります。

ゆっくり蛇口を開き、少しずつ空気を抜くように対処してみましょう。状況が改善しない場合は、専門業者を呼びパイプの位置を戻してもらったり、蛇口を修理してもらったりする必要があります。


音の原因2. 水を出すとブーンという音がするのはパッキンの劣化


水を出すと蛇口からブーンという音がする、ガタガタという音がするというトラブルがあります。これはパッキンの劣化、消耗が原因であることが多いです。
蛇口の中にはコマパッキンと呼ばれる部品があり、水を止める、水を出すときに役立ちます。

しかし長年使っているとゴムであるコマパッキンは劣化、消耗してしまい、うまく噛み合わなくなっていきます。蛇口内部の金属部分が擦れるようになり、ブーンという異音が出てしまいます。

・改善策:パッキンの種類を確認して交換

パッキンの劣化、消耗が原因で異音がしている場合は、ご自身でパッキンを交換してみましょう。パッキンにはいろいろな種類があるため、購入時に間違えないように注意してください。

*平パッキン:平らなリング状のパッキン
*Oリング:ドーナツ状のパッキン
*三角パッキン:断面が三角形になっているパッキン
*Uパッキン:リングの上部に溝があり断面がU字型をしているパッキン
*コマパッキン:おもちゃのコマのような形をしているパッキン

などがあります。

蛇口のパッキンと同じ種類のパッキンのほか、モンキーレンチ、ドライバーがあれば交換は可能です。止水栓を閉めてから交換をしていきましょう。

やり方が分からない、工具がないという場合は無理をせずに、専門の業者に依頼することをおすすめします。


音の原因3. 水を止めたときのゴンという衝撃音はウォーターハンマー現象


水を止めたときにゴンという衝撃音がすることを、ウォーターハンマー現象と呼びます。パイプを流れる水がいきなりせき止められ、水道管にぶつかることでこのような音が鳴ります。

食器洗浄機、全自動洗濯機などが設置されている家庭ではこのウォーターハンマー現象が起こりやすいです。自動給水装置は一気に水を出したり止めたりするため、水が水道管内部にぶつかりやすくなってしまいます。

そのほか、水圧が高い場所、水圧が高くなる深夜帯はウォーターハンマー現象が起こりやすいです。ウォーターハンマー現象は珍しいトラブルではありませんが、放置していると水道管内部が損傷して水漏れトラブルにつながることもあります。

・改善策:蛇口をゆっくり閉めるか装置を設置する

ウォーターハンマー現象を止めるためには、まず、蛇口をゆっくり閉めるという方法があります。水がゆっくり止まるので異音を防げます。さらに元栓を少しだけ閉めることでも、過剰な給水によるウォーターハンマー現象を止められます。
これらは簡単にできる対処法ですが、一時的なものです。これ以上の水道管トラブルを防ぐためには専用の装置を設置する必要があります。

水撃防止装置は、ウォーターハンマー現象を止めて水道管内部の損傷を防いでくれる装置です。この水撃防止装置を設置しても異音が止まらない場合は、最初から圧力軽減装置が内蔵されている水道へ交換しなければなりません。

水道管が劣化していると水撃防止装置を設置しても無意味な場合もあります。事前に水道修理業者などに相談してどちらがよいのか考えましょう。


音が止まない場合は業者に相談しよう


水道管から音がする原因と、それぞれの改善策をご紹介いたしました。
水道管からゴボゴボという音がするのは断水後のことが多く、しばらくすると自然に解消されていきます。
水を出すときにブーンという音がする場合は蛇口内部のパッキンを交換することで音が止まることがほとんどです。
さらに、水を止めたときにゴンという衝撃音がする場合は、蛇口をゆっくり閉める、元栓を少し閉めておく、さらには専用の装置を導入するという方法で解決できます。

もし音が止まない場合には業者に相談しましょう。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315