名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水あかはどうしてできるの?原因と落とし方をズバッと解説!

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水あかはどうしてできるの?原因と落とし方をズバッと解説!

2020年01月07日 水のトラブル

綺麗に掃除をしているはずなのに、ちょっと掃除をサボると発生してしまうのが水あかです。名古屋にお住まいのみなさんは、どうして水あかが発生してしまうのかご存知でしょうか。ここでは水あかができる原因や、水あかの発生を抑える対策、そしてできてしまった水あかを効果的にキレイにする方法を紹介します。


そもそも水あかとは?

気づけば水まわりに発生してしまう水あかの原因は、実は水道水の中に含まれているミネラル成分です。どれだけ掃除していても、水滴などが残っていれば水分が蒸発して、水あかが発生してしまいます。

水道水の中に含まれているミネラル成分はどうしても除去できないので、水あかが絶対に発生しないようにする方法は残念ながらありません。しかし、キッチンや洗面台など水道水を使う場所にはどうしても水あかが発生し、放っておくとどんどん蓄積します。


こまめに拭くことで解決します

水あかは水道水を使う限りは発生してしまいますが、発生しづらくする方法はあります。それは水まわりを使用した後に、水滴が残らないようしっかり拭きあげることです。残ってしまった水滴の水分が蒸発し、ミネラル分が白い汚れとなって発生するため、水滴をしっかり拭いていれば水あかの発生は最小限に抑えることができます。

1日の終わりにシンクや洗面台のボウル、また蛇口の周りを拭きあげる習慣をつけるとよいでしょう。これをするだけで、今までどんどん蓄積していた水あかが発生しづらくなります。

また、水あかは発生した直後であれば、サッと拭くだけでもキレイになりやすいものです。蓄積すればするほどミネラル成分が固まって落としづらくなりますから、こまめに拭く習慣をつけましょう。

特に頑固な水あかとして挙げられるのが、お風呂の鏡にこびりついた鱗のような水あかです。鏡についた水あかも、付着後すぐなら比較的簡単に取り除くことができるのですが、時間がたてばたつほど汚れが落としにくくなります。毎日最後にお風呂を使用した人の習慣として、鏡を拭いておくようにすれば掃除がかなり楽になります。


酸性洗剤を使用する

すでに水あかが頑固にこびりついてしまっている場合はどうすればいいのでしょうか。こびりついた水あかをご自身で簡単に落とす方法を紹介します。

・水あかに効果があるのは酸性洗剤

水あかはアルカリ性の性質を持っています。アルカリ性の汚れを落とすには、酸性洗剤を使いましょう。酸性洗剤を使えば、こびりついた水あかが中和してふやけるので、簡単に落とすことができます。

・100均アイテムでも水あかが落ちる

毎日使うならコスパがいい洗剤のほうが経済的です。100均でも購入できるクエン酸は酸性で、水あかにも効果があります。

クエン酸を使用するときは、クエン酸水として水200mlに対して小さじ1/2のクエン酸を混ぜたものを作りましょう。作ってから1ヵ月くらいはもつので、スプレーボトルに入れておくと水あか以外の掃除にも使えます。クエン酸水を吹きかけて5〜10分放置し、時間が経ったらスポンジで拭き取れば、今まで取れなかったクエン酸がすっと落ちます。

・頑固な水あかにはクエン酸パック

かなりこびりついてしまった水あかには、クエン酸水を使って汚れている部分をパックするのがおすすめです。頑固なこびりつきには濃度を高めにしたクエン酸水を使いましょう。

クエン酸水を吹きかけたら、その部分にキッチンペーパーを被せてパックします。このときは汚れの程度に合わせて30分〜1時間程度放置しておくのがおすすめです。時間が経ったらスポンジで拭き取りましょう。頑固で落としにくい水あかの代表である鏡の水あかには、このパックの方法がおすすめです。

・溶かした水あかをクレンザーでこすってもOK

クエン酸水パックを使ってもなかなか落ちない、ステンレスなどについた水あかは、クエン酸を使って中和させた後に、クレンザーでこするのもおすすめです。

クエン酸水を吹きかけて時間が経った後の水あかは、こびりついているように見えても中和してふやけている状態です。そこにクレンザーを使えば、スッキリ水あかを落とすことができるでしょう。クレンザー自体に研磨剤が入っていますので、柔らかいスポンジでこすれば十分です。

・どうしても落ちない汚れはプロに相談を

長年蓄積してしまった水あかはなかなか落とすことができず、力任せにこすることでシンクや洗面台、お風呂場の素材自体に傷をつけてしまうこともあります。今回紹介した方法で、大抵の場合は水あかを落とすことができますが、もしどうしても落ちないのであれば、プロの力を借りるのもひとつの方法です。


水あかは日頃からケアして蓄積しないようにする

水道水が原因で水あかが発生してしまうので、水道水を使っている限り水あかを完全に防ぐことはできません。ただ、毎日こまめに水滴を拭いておけば、水あかの発生は抑えることができます。少し手間かもしれませんが、1日の終わりに水まわりを拭く習慣をつけましょう。

それでもこびりついてしまった水あかや、気付いたときにはどうしようもなくなってしまった水あかは、プロにご相談ください。なごや水道職人では、年中無休・24時間、名古屋のお客様の水まわりのトラブルにご対応いたします。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315