【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 真空式パイプクリーナーの正しい使い方を分かりやすく解説

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

真空式パイプクリーナーの正しい使い方を分かりやすく解説

2019年11月29日 水のトラブル

自宅のトイレがつまってしまったときに対処するアイテムとして、ラバーカップが有名です。
しかし、もっと効率的につまりを解決できるアイテムがあります。それが真空式パイプクリーナーです。

今回は、真空式パイプクリーナーの正しい使い方、ほかのパイプクリーナーとの違い、そして真空式パイプクリーナーを使用する際の注意点をお伝えいたします。
真空式パイプクリーナーは、いざというときにとても重宝するアイテムです。購入を検討している方はチェックしてみてください。

真空式パイプクリーナーの正しい使い方

今回は、真空式パイプクリーナーでトイレのつまりに対処したい方のため。真空式パイプクリーナーの正しい使い方を紹介します。

・ステップ1. 壁や床を新聞紙などで養生する

真空式パイプクリーナーは、圧をかけてつまりを解消します。
使用する際に、汚れや水が飛び散ってしまうことがあります。そのため、使用する前には、床に新聞紙を敷き、壁には新聞紙を貼るなどして養生をしましょう。
壁に新聞紙を貼るときは、マスキングテープを使用すれば壁紙を傷つけることもありません。服装も、汚れてもよい服に着替えておきましょう。

・ステップ2. 真空式パイプクリーナーをトイレにセットし、レバーを引く

まず、真空パイプクリーナーのカップを便器の凹んでいるところにセットしましょう。
セットする前に、レバーを押した状態にしておきます。
完全にレバーを押し切ったら、便器に当てるようにしてください。
カップ全体が水に浸るくらい水がある場合はそのままでいいですが、もし水が足りなければバケツややかんなどで水を足しましょう。
あとは、そのままレバーを引けば、詰まっているものが圧によって引っ張り出されます。
つまりが改善されないようなら、何度か押し引きしてみてください。

・ステップ3. つまりの原因を取り出して捨てる

つまっていたものがトイレットペーパーなど通常は流せるものだったとしても、引っ張り出したつまりの原因をそのまま流してしまうと、また詰まってしまう可能性があります。
ゴム手袋をはめ、つまりの原因を取り出して捨てましょう。

・ステップ4. バケツで少しずつ水を流してつまりの解消を確認

つまりの原因を取り出したら、水を流してつまりが本当に解消されたかを確認してください。
トイレのレバーを使って水を流すのではなく、バケツややかんなどに水を溜めて、その水をトイレに流しましょう。
少しずつ水を流して、水が流れていることが確認できたら、つまりが解消されたということです。
つまりが解消されたのが確認できるまでは、トイレのレバーを使って水を流すことはしないようにしてください。レバーを使うと大量の水が流れるため、つまっていると水が溢れてしまう可能性があります。

そのほかのパイプクリーナーの種類と特性

真空式ではないパプクリーナーについてもご紹介いたします。

・そのほかのパイプクリーナーで有名なのがラバーカップ

真空式パイプクリーナー以外のパイプクリーナーで、最も知られているのはラバーカップです。
”スッポン”と呼ばれることもあり、先端のラバーを便器の奥に差し込んで、つまっているものを吸引します。
そのほかには、ワイヤーブラシ、圧力ポンプ、高圧洗浄機などもパイプクリーナーとして使用されることがあります。

・真空式パイプクリーナーはラバーカップよりも効果的につまりを除去できる

真空式パイプクリーナーは先端にゴム製のカップが付いているため、形状的にはラバーカップと似ています。
しかし、ラバーカップと違い、レバーとカップの間に真空ポンプが付いていて、その圧を使ってつまりの原因を吸引します。このため。吸引力が高く、ラバーカップよりも効果的につまりの原因を取り除けるのが特徴です。
また、真空式パイプクリーナーはトイレ以外の水回りにも使用できます。値段も2000円前後と、コストパフォーマンスにも優れています。

真空式パイプクリーナーの使用は、水に流せない固形物に対しては注意が必要

真空式パイプクリーナーは、つまりを吸引したり、押し出す効果があります。トイレットペーパーなど、通常水に流すものであれば、真空式パイプクリーナーの使用は効果的です。
しかし、つまっているものがおもちゃなどの固形物である場合は、真空式パイプクリーナーの使用はおすすめできません。

水に流せないものがつまっていているときに、真空式パイプクリーナーを使うのであれば、必ずレバーを引く動作のみを便器内で行うようにしてください。

固形物を押し出してしまった場合、さらなる水道トラブルが起きてしまいます。その場合、ただのつまりと比べて修理代もかさんでしまいます。
もしも固形物がつまりの原因とわかっているのなら、水道修理業者に相談するのがおすすめです。

真空式パイプクリーナーで改善できないつまりは水道修理業者に相談を

真空式パイプクリーナーはラバーカップに比べると吸引力が高く、効果的にトイレのつまりを改善できます。常備しておくと心強いですね。

ただし、真空式パイプクリーナーを使ってもつまりが改善されない場合や、固形物がつまった場合は、トラブルを悪化させないためにも水道修理業者に相談しましょう。
名古屋にある弊社は、お問い合わせから1時間以内にお伺いいたします。急を要するつまりのトラブルにも迅速に対応いたします。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315