名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 洗面所に漂う悪臭を自力で根絶するための5つの対策

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所に漂う悪臭を自力で根絶するための5つの対策

2019年11月29日 水のトラブル

洗面台を掃除しているはずなのに、悪臭が漂ってお困りの経験があるかと思います。
洗面台の悪臭の原因は、見えない部分の汚れやカビが原因です。このため、見える部分をいくら掃除していても悪臭に対処できません。
今回は、洗面台に漂う悪臭を自力で根絶するための対策、悪臭の原因、悪臭が消えないときのチェックポイントをご紹介します。

洗面所の悪臭対策5つのポイント

洗面台から悪臭が漂っていると、快適に生活できません。洗面台の悪臭を自力で根絶させるための対策をご紹介します。

・1. クエン酸水を作って定期的にスプレーする
洗面台から悪臭が漂うときには、クエン酸と水を混ぜたクエン酸水を使ってケアを行いましょう。クエン酸は水垢を浮かせて落とす効果があるだけでなく、消臭効果もあります。
水200mlに対しクエン酸を小さじ1混ぜて、クエン酸水を作り、洗面台や排水口の日頃のケアに使ってください。
洗面台付近にクエン酸水を置き、定期的にスプレーしておきましょう。悪臭防止の効果が期待できます。

・2. パイプクリーナーを使用する

水の流れが悪い場合は、排水管のつまりも考えられます。
その場合、市販のパイプクリーナーを使用してみましょう。パイプクリーナーは汚れを溶かすだけでなく、悪臭を取り除く効果もあります。
なかなか悪臭が取れない場合は、複数回、パイプクリーナーを使って掃除してみましょう。

・3. 長時間使わなくなる前に水を流す

排水トラップに水が溜まっていないと、悪臭が発生することがあります。この場合の対策はとても簡単です。旅行前や就寝前など、長時間洗面台を使わなくなる前には、意識して水を流しておきましょう。

・4. オーバーフロー穴を塩素系洗剤や塩素系漂白剤で掃除する

洗面台ボウルに水を溜めたとき、溢れ出るのを防いでくれるオーバーフロー穴ですが、この部分の汚れやカビが悪臭の原因かもしれません。
塩素系洗剤や塩素系漂白剤を水に薄めてオーバーフロー穴に流し入れましょう。
ひどい悪臭を感じる場合は、洗面台ボウルいっぱいに水を溜め、その中に塩素系漂白剤を流し入れて1時間程度放置しておきましょう。時間が経ったら水を流して、洗面台ボウルをすすぎ、オーバーフロー穴からも水を流し入れてください。

・5. 排水管と床の接地面を埋める

下から立ち込めてくる悪臭を感じるのであれば、排水管と床の接地面に隙間がないかチェックしてみましょう。
洗面台の下が収納になっている場合は、収納の底の部分の接地面で構いません。もしここに隙間があるのであれば、パテやテープを使って隙間を埋めましょう。

洗面所の悪臭の主な原因4つ

洗面台の悪臭が発生しているときに考えられる原因を4つご紹介いたします。

・1. ゴミ受けや排水口の汚れ

洗面台の排水口についているゴミ受けや、排水口自体の汚れやカビが原因で悪臭が漂ってしまうことがあります。
ゴミは1日に1回捨てる習慣をつけ、日頃からクエン酸水やブラシを使って掃除するよう意識しておきましょう。

・2. 排水管内の汚れやヒビ
排水管のつまりも悪臭の原因になります。また、排水管にヒビが入っていると、そこから下水の臭いが上がってくる場合もあります。

・3. 排水トラップ内に十分な水がない
洗面台から続く排水管には排水トラップがあり、通常Sを横にした形です。
この排水トラップの水があることで、下水の臭いが上がってくるのを防いでいます。しかし、この排水トラップに水がなければ、下水の臭いがダイレクトに上がってきてしまい、悪臭の原因となってしまうのです。

・4. 排水管と床の接地面の隙間
排水管と床の接地面に隙間があれば、そこから下水の臭いが上がってくることがあります。
排水管と床の接地面は、防臭ゴムがついています。しかし、古い家屋では防臭ゴムがついていないこともあります。また、防臭ゴムが劣化して、本来の機能を果たしていないことも考えられます。

悪臭が消えないときにチェックすべきこと

自力で対処しても悪臭が消えないこともあるかもしれません。その場合のチェックポイントもご紹介いたします。

・水が流れるスピードが遅い場合はつまりを疑う

水が流れるスピードがいつもより遅いと感じるのであれば、排水口付近に汚れが溜まっているか、排水管内につまりがあることがほとんどです。
パイプクリーナーで掃除しても完全につまりが改善されないこともあります。

・排水管の継目のズレが悪臭の原因かもしれない

排水管自体にヒビが入っていない場合でも、排水管の継目がズレていたり、緩んでしまっていることがあります。これを放置していると悪臭だけでなく、いずれは水漏れが発生してしまう可能性も高いため要注意です。

・気になる悪臭がある場合は速やかに水道修理業者に相談しよう

しつこい悪臭や気になる悪臭は、水道修理業者に相談しましょう。
排水管に問題がある場合は、自力で対処しようとしても、水漏れを起こしてしまったり、排水管の部品を破損してしまうこともあります。

悪臭は事前のケアで予防しよう

水回りはどうしても悪臭が発生しやすい場所です。
記事を参考に、日頃から、悪臭対策となる掃除を行ってみてくださいね。

自力の対処で解決しない悪臭は、水道修理業者に相談しましょう。
名古屋にある水道局指定の弊社では、気になる悪臭の原因を探り、根本から解決するお手伝いをしています。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315