【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 業者は意外と気にしていない!トイレつまりで業者を呼ぶのが恥ずかしい人に知ってほしい3つのこと

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

業者は意外と気にしていない!トイレつまりで業者を呼ぶのが恥ずかしい人に知ってほしい3つのこと

2019年08月30日 つまりのトラブル

トイレをつまらせたとき、「業者を呼ぶのが恥ずかしい」と業者への連絡をためらう人も少なくありません。しかし、トイレつまりを放置したまま何度かトイレをしたり、水を流したりすると汚物がトイレの床へあふれてしまいます。ある程度のつまりならご自身でも対処可能ですが、場合によっては業者でないと対応できません。

そこで今回は、トイレつまりで業者を呼ぶのが恥ずかしいと思う人へ向けて、3つのポイントをお伝えします。


1. 簡易的なトイレつまりならご自身でも解決できる

いくら水道修理業者がプロとはいえ、たとえば女性の一人暮らしなどであれば、知らない人につまったトイレを見られたくないと感じるのは当然の心理でしょう。ある程度のトイレつまりなら、以下の方法で、業者を頼らずご自身でも解決することは可能です。

・ラバーカップを使ってトイレつまりを解消する

ご自身でトイレつまりを解決する手軽な方法として、おすすめなのがラバーカップの利用です。ラバーカップとは、ゴム製のパーツを先端につけた通称「すっぽん」のことで、つまったトイレの排水口へ押し当て、何度か押したり引いたりすると、つまりを解消できます。

なお、ラバーカップを使うときは力を込めて押しすぎないように気をつけましょう。汚水が跳ねないよう丁寧に押したり引いたりして、様子を見ながら作業をするのがポイントです。

ラバーカップは、スーパーやホームセンターで簡単に購入できます。価格も安いため、トイレつまりを起こしたときは購入するとよいでしょう。

・パイプクリーナーでトイレつまりを解消する

ラバーカップと同じくらい手軽にトイレつまりを解消できる方法として、おすすめなのがパイプクリーナーです。パイプクリーナーとは、つまりの原因となっているトイレットペーパーや汚れを溶かしてくれる薬剤で、トイレに流し込んだあと一定時間放置するだけでつまりを解消できます。

成分が非常に強力なので、ゴム手袋などをつけて手を保護しながら作業するとよいでしょう。パイプクリーナーも、スーパーやホームセンターなどで手に入ります。

・バケツとお湯でトイレつまりを解消する

多少のトイレつまりであれば、バケツに水を溜め、一気に流しこむことでつまりを解消することも可能です。できれば、水よりも40度から60度程度のお湯を用意することをおすすめします。

ただ、キッチンのシンクなどに比べると、トイレはあふれると衛生面の問題が大きいので、あまり大量の水やお湯を流し込むわけにもいきません。また、お湯を流し込む際に汚水が跳ねると、衣服やトイレ内の壁などが汚れてしまいます。作業するときは、細心の注意を払いましょう。

・重曹・クエン酸・お湯の組み合わせでトイレつまりを解消する

重曹とクエン酸を1対2の割合でお湯に溶かすと、排水管につまっている汚れを落としてトイレつまりを解消できる場合があります。重曹もクエン酸も人体に害のない製品なので、小さなお子さんやペットがいる方など、市販のパイプクリーナーの利用をできるだけ避けたい場合に試してみるとよいでしょう。

クエン酸がない場合は、酢で代用することも可能です。重曹・クエン酸・お湯の組み合わせは、トイレつまりだけでなくキッチンや浴室の掃除にも役立つため、定期的な大掃除に備えて常備しておくことをおすすめします。



2. 水道修理業者側は慣れているため思っているほど気にしない

トイレがつまったとき、「業者に相談するのは恥ずかしい」と感じるのは当然です。しかし、業者にとって、つまったトイレの修理は日常業務の一環に過ぎません。水道修理トラブルの多くは、つまりや水漏れの対処です。依頼主が考えているほど、業者側はにおいや見た目を気にしていないため、思い切って業者に相談してみることをおすすめします。

ただ、そうはいっても、慣れるまでは恥ずかしい気持ちを完全に取り去ることはできないでしょう。そこで、トイレつまりを業者に頼む際に、恥ずかしさを軽減するための工夫をいくつか紹介します。

・事前にシミュレーションしてやり取りに慣れておく

経験したことのない作業や知らない人とのやり取りに不安や緊張を覚えるのは、人間だれしも同じです。「水道修理業者が来たらこうやってトイレへ案内し、作業がはじまったらリビングに戻ろう」など、やり取りをシミュレーションしておくと、ある程度恥ずかしさや戸惑いを軽減できるでしょう。

・汚物が気になる場合は事前に取り除いてしまうという手もある

「なんとかなるはずと、つまったあともトイレを使ってしまった」「汚物が浮いている状態を見られたくない」といった場合は、トングなどを使って固形物だけ取り去ってしまうのもおすすめです。ご自身で汚物を除去する場合、漏れないように複数枚重ねた頑丈な袋を用意してから作業しましょう。


3.ご自身で対処できないつまりもあるので迷ったら業者に頼ったほうがよい

*固形物がつまっている
*排水管の奥につまりの原因がある

といった場合、ご自身では対処できません。無理にトイレつまりを解消しようとした結果、排水管や便器を傷つけてしまう可能性もあるため、恥ずかしくても困ったときは水道修理業者を頼るのがおすすめです。


恥ずかしがらずにすぐ業者へ連絡しよう

ご自身で対応できないトラブルをプロに任せるのは、恥ずかしいことではありません。体調不良を起こしたとき、病院にいって医師に体を診てもらうのと同じです。つまったトイレのにおいや見た目も、日々たくさんのトイレつまりを解決している業者にとっては気になるものではないため、トイレつまりを直したい場合は、水道修理業者へ相談しましょう。
水道局指定店である弊社でも、トイレつまりの対処が可能です。ご遠慮なくご相談ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315