【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 風呂場のつまりを起こさないための3つの予防法を紹介

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

風呂場のつまりを起こさないための3つの予防法を紹介

2018年12月26日 つまりのトラブル


浴室は毎日大量の水やお湯を流す場所です。風呂場の排水管がつまってしまうと、あっという間に排水があふれて入浴できなくなってしまいます。そうなる前に適切な対処法を知っておき、いざという時に素早く行動が起こせるようにしておくことが大切です。

そこで今回は、風呂場の排水がつまってしまう原因や、日常的にできる簡単なつまりの予防法をまとめました。また、つまりの原因や状態によっては、自分でつまりを解消できない場合もあります。どのような場合だと業者に相談したほうがよいのかについても解説いたします。


風呂場の排水つまりの原因は髪の毛、汚れ、ゴミの3つ

・髪の毛
風呂場の排水管がつまってしまう原因としてよく知られているのが髪の毛です。人間の髪の毛は毎日生え変わっています。平均すると50本ほど、人によっては1日に250本以上古くなった毛が抜けるとされています。長く細い髪の毛は排水口や排水管にひっかかりやすく、一度絡まればお湯を流すだけでは流れません。

髪の毛にはシャンプーや石けん、皮脂などの汚れも絡みつきやすく、放置していると排水パイプのつまりを起こしてしまいます。

・垢・石けん・シャンプー等の汚れ
体の垢、石けん、シャンプー等の汚れが溜まった結果、排水がつまってしまうというケースも多いです。例えば、放置された垢はヘドロ状になって排水管をつまらせてしまい、ぬるぬるした皮脂は少しずつ溜まって排水路を邪魔してしまいます。

また、汚れには酸性とアルカリ性のものがあり、それぞれ効果的な掃除方法が異なります。
酸性の皮脂を落とすならアルカリ性の重曹など。反対に、アルカリ性の石けんかす等を落とすには酸性のクエン酸などが有効です。

さらに、シャンプーやボディーソープは、商品によって酸性とアルカリ性が分かれます。汚れや使っているシャンプーの種類等に合わせて掃除の仕方を考える必要があるため、垢や石けんの汚れを除去するのは大変な作業なのです。

・入浴剤の袋をはじめとした固形ゴミ
排水管の中に、思わぬ固形ゴミがつまってしまうこともあります。よくあるのは、詰め替え用のシャンプーやボディーソープの封を切ったときに出る小さな破片です。

また、カミソリの刃やヘアピン、旅行にいった際に持ち帰ってきたミニサイズの歯磨き粉のふたなども多いです。

こうした固形ゴミは、うまく流れないと排水管の中にずっと残る場合があります。「ひとつひとつのゴミは小さいから大丈夫だろう」と思っていても、数年単位で見るとかなりの量が溜まってしまい、つまりの原因となってしまいます。


こまめな掃除や定期的な処理で風呂場の排水つまりを予防しよう

・排水トラップがある場合は入浴後に毎日掃除する
ヘアキャッチャーを外した先に「排水トラップ」が設置されている場合、入浴後に毎回掃除するようにしましょう。排水トラップは、排水管へゴミや汚れが流れ込まないように防ぐ設備です。定期的に掃除すればつまりを起こすゴミや汚れを除去できます。

・本格的につまってしまうまえにパイプクリーナーで掃除する
髪の毛や皮脂、石けんやシャンプーのかすなどによって付着する汚れは、お湯を流しただけではきれいになりません。本格的につまってしまうと、パイプクリーナー等を使っても対処できなくなってしまうので、定期的にパイプクリーナーを使って排水管をきれいにしましょう。

・ヘアキャッチャーにゴミ取り用のネットをかぶせておく
風呂場の排水をつまらせてしまう最大の原因は、髪の毛です。髪の毛が排水管の中に入り込んでしまうと、そう簡単には除去できなくなってしまいます。

排水口のふた(ヘアキャッチャー)にゴミ取り用のネットなどをかぶせて、排水口の中へ髪の毛が入り込むのを防ぎましょう。使い捨てタイプのゴミ取りネットを使えば、定期的に取り替えるだけでよいので風呂掃除も楽になります。


手遅れになるまえに!業者に相談したほうがよいケースとは

・排水管の奥に固形物がつまってしまった場合
排水管の奥に固形のゴミが入り込んでしまったり、髪の毛などがつまると個人対処は困難です。
ハンガーや針金を加工したものを排水管に突っ込んで掃除するという方法もありますが、排水管を傷つける可能性が考えられます。

排水の掃除をしてもつまりが取れない場合は、完全につまってしまう前に業者へ相談しましょう。

・パイプクリーナー等で掃除してもつまりが取れない場合
市販のパイプクリーナーは個人で用意できる掃除グッズの中でも、トップクラスの力を持つアイテムです。もし、パイプクリーナー等を使ってもつまりが改善しない場合は、頑固な汚れがこびりついていたり、パイプクリーナーでは届かないほど奥につまりの原因があると考えられます。専門機材と知識を持った業者を頼りましょう。


自分で対処できない排水つまりはプロのお掃除業者に依頼しよう

風呂場の排水つまりの多くは、こまめな掃除で予防できます。ただ、排水口や排水管には日々大量の汚れが流れ込みます。気をつけて掃除をしていても、汚れの蓄積を完璧に防止するは難しいもの。

一度排水管が完全につまってしまうと、個人では対処できません。自分で対処できないと思った時は、迷わずプロの専門業者にご相談ください。

水道職人では、排水管のつまりにも対応させていただいております。24時間受付していますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315