【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水道のつまりが発生する原因とは?修理費用はどれくらいかかるのか解説!

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道のつまりが発生する原因とは?修理費用はどれくらいかかるのか解説!

2018年09月10日 つまりのトラブル
水道のつまりが発生する原因とは?修理費用はどれくらいかかるのか解説!
電気やガスと同じように、生活用水というのは日常的な生活を行う上で、重要な役割を担っています。そんな生活用水を供給してくれる水道がつまってしまうと、生活の中で様々な支障が出てしまうでしょう。

そんな水道のつまりが発生する原因とは、どんなことがいえるのでしょうか。また修理にかかる費用はいくらなのか、詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。


水道のつまりが発生する原因

水道のつまりが発生する原因は、使用されている水道管の種類によって異なることや施工に問題あった場合に発生することがあります。

まず近年では塩化ビニール製の水道管が使用されているため、サビが発生することがありませんが、少し前までは鉄や銅といった金属製の水道管が使用されることが多かったので、長期の使用を続けるとサビが発生してしまうことがありました。

最初は問題なかった蛇口でも、徐々にサビが広がっていき、最終的には蛇口のフィルターが目詰まりする原因になり、水道のつまりが発生する理由となります。

サビが発生しているかどうかの判断は、朝一に水を出した時に赤水が出たら水道管が劣化している証拠となるので、注意深く見ておくことが重要です。

また中には修理やリフォームの過程で、接続部分に使用される接着剤が剥がれてしまい、蛇口の中で引っかかることで、水道のつまりが生じる可能性があります。


水道のつまりでかかる費用はいくら?

水道のつまりが発生した場合、自分で直すことができればいいのですが、状況によっては蛇口を交換する必要も出てきます。

基本的に水道のつまりは、蛇口のフィルターに目詰まりを解消することで直ることが多いのですが、その場合は部品交換の費用として5千円~1万円ほどかかることが多いでしょう。

また水道の状況によっては、蛇口本体を交換するケースもあるので、その場合は1万円~1万5千円ほどかかる可能性があります。

蛇口にはいくつか種類があるので、種類によっては費用が異なります。自分の家庭の蛇口はどの種類なのか把握しておき、相場をチェックしておくと、かかる費用を事前に予測しておくことが可能です。

相場よりも金額が高い場合は、理由を確認することも大切なので、費用の相場は事前に確認しておきましょう。


修理の際に断水した時はトイレの水を最初に使ってはいけない

水道のつまりが発生して業者に修理を依頼した場合、水道工事を行う時は一時的に断水を行います。この後に、トイレの水を先に使用してしまうと、トイレの水が出なくなるトラブルが発生してしまう恐れがあるので注意が必要です。

断水した後に水が復旧すると水道管の水圧が変化して、管内の汚れやサビが一斉に剥がれることがあります。

この時にトイレの水を使用すると、フィルターの役割を担っている「ストレーナー」と呼ばれる部品に、汚れやサビが全てつまってしまい、トイレから水が出ない原因を作ってしまうのです。

断水後の管内の汚れやサビでトイレの水が出なくなることを防ぐためには、まず元栓から遠い蛇口から水を出して、フィルターに汚れやサビがつかないようにすることが大切になります。

それでも一番初めに出した蛇口のフィルターには、汚れやサビが付着してしまうことがあるので、その場合は蛇口を分解して洗浄することで問題を解消することが可能です。


専門業者に修理を依頼する前に確認しておきたいこと

水道のつまりが発生した場合、専門業者に急いで連絡することも大切ですが、その前に確認してもらいたいことがあります。それは止水栓や元栓が閉まっていないかということです。

止水栓や元栓を締めてしまうと、水が出なくなるので、何かの拍子で閉じてしまった場合、水道のつまりが発生したと考えてしまう可能性があります。

水道のつまりと判断する前に、一度止水栓や元栓の状態を確認してから専門業者に連絡するようにしましょう。

また長い間、止水栓に触れていなかった場合は、開閉した時に劣化したパッキンが破損してしまい、水漏れが発生してしまう可能性があります。

その場合は、元栓を締めて水漏れを止めてから、新しいパッキンを取り付けるようにしましょう。自分で交換するのが難しい方は、水道職人にご連絡ください。早急に駆け付けて対応させて頂きます。


まとめ

いきなり水が出なくなってしまうことがある水道のつまりは、蛇口の中のフィルターにサビが溜まってしまうことで発生してしまう可能性があります。

定期的にメンテナンスを行うことで予防することができるので、時間に余裕がある時に蛇口を分解して、フィルターの掃除を行ってみましょう。

サビが水道の中に発生している場合は、朝一に水を流した時に赤い水が流れてくるので、水道のつまりが発生する前に前兆に気付くことができます。

それ以外の原因で水道のつまりが発生している場合は、個人で修理を行うことは難しいかもしれないので、水道職人に問題解決をお任せください。責任を持って対処させて頂きます。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315