名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレのつまりはどう直せばいい?自分で行える修理方法を解説!

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのつまりはどう直せばいい?自分で行える修理方法を解説!

2018年09月10日 つまりのトラブル
トイレのつまりはどう直せばいい?自分で行える修理方法を解説!
ふとした拍子につまってしまうトイレ。どんなことが原因でつまってしまうことが多いのでしょうか。またつまった場合は、どうやって直すのが一番いいのでしょうか。

今回は、自分で行えるトイレのつまりの修理方法について解説していきます。一度トイレがつまってしまって困ったという方は、ぜひ参考にしてみてください。


トイレのつまりが発生する原因

トイレがつまりやすいのは、トイレの排水管の形に秘密があります。トイレの排水管の形は、S字型で湾曲しているため、元々流れにくい構造であるといえるのです。

実際に水に溶けやすいと言われているトイレットペーパーでも、大量に流してしまうと、つまりの原因になることもあるので、流す時には十分な注意が必要になります。

またつまりが発生する原因として考えられるのは、固形物を落としてしまった後に、排水してしまうことです。

携帯電話やボールペン、ティッシュでもつまってしまうことがあるので、基本的にはトイレットペーパー以外を流すと、つまりの原因になります。

嘔吐する時にトイレを使用する方もいますが、嘔吐物もトイレでつまることが考えられるので、おすすめできません。

なぜ排水管が湾曲しているのかというと、途中で水を溜めることで、下水からの臭いが上に上がってこないようにするためです。これを封水といい、今では排水溝には必ず設置されています。

しかし、同時につまりやすい原因を作っているので、つまらないためにも、流す時には固形物や大量にトイレットペーパーを流さないようにすることが大切です。


専用道具がなくてもつまりを解消することができる

トイレでつまりが発生した時、まずは自分で修理を試みる方も多いでしょう。しかし、実際にトラブルが発生した時に、専用の道具を持っていないケースもあるので、その場合はどのように対処すればいいのでしょうか。

そんな時は、お湯とバケツを利用してつまりを解消することができるので、安心してください。

まずお湯は40℃~60℃までの物を用意しましょう。それ以上温度が高いと、便器は陶器で出来ているため、ヒビが入ってしまうことに繋がります。

お湯を活用すれば、ティッシュやトイレットペーパーといった紙類をふやかして溶けやすくしてくれるので、つまりを解消することができる可能性があるのです。

バケツを使用して直す方法としては、高所から勢いよく流すことで、つまりを強引に奥に流してしまうやり方になります。ティッシュやトイレットペーパーには効果が期待できますが、固形物の場合は流れないこともあるので、その場合は諦めて別の方法を実践してみてください。


トイレのつまりはラバーカップを一度試してみる

自分でトイレのつまりを直す時に一番おすすめなのが、ラバーカップを使用してつまっている物を奥に押し込む方法です。

真空状態を作り出すことで、一気に水を流してつまりを解消してくれるので、自分で排水溝のつまりを直す方法の中でも、最も簡単で効果が期待できる方法といえるでしょう。

ホームセンターで安く手に入れることができるので、持っていない方は購入してみてください。前もって購入して、いざという時のために置いておくのもおすすめです。


原因がハッキリしない場合は業者に依頼

トイレのつまりが発生していても、何が原因かわからず、お湯やバケツで水を流してもつまりが改善できない場合は、水道職人に一度ご連絡ください。

原因がわからない場合は、排水管で異常が発生している可能性があるので、調査してみた方がいいかもしれません。

費用は電話口である程度、見積もりをさせて頂くので、その際に検討して頂ければ幸いです。当初の見積もりよりも、急激に金額が高くなることはないので、安心してご相談ください。

現場を確認させて頂くだけでも、トイレのつまりを改善するきっかけになるはずなので、早期解決に尽力させて頂きます。


まとめ

元々トイレは湾曲している部分に、固形物や大量のトイレットペーパーがつまってしまうことから、つまりは発生しやすい場所といえます。

そのため、何度も業者を呼ぶのも手間がかかるので、簡単なつまりは自分で直すのが一番いいでしょう。

特におすすめなのは、ラバーカップで固形物を押し出す方法です。簡単ですぐに効果があるかどうか確認することができるので、早期解決に繋がります。

ラバーカップがない場合でも、お湯やバケツでつまりを改善する方法も効果的なので、一度実践してみてください。ただお湯の温度など、使う時には十分に注意しないといけないので、正しい方法で行うことが大切です。

自分で修理を行い、トイレのつまりを改善することができれば一番いいのですが、中には一般の方ではわからない専門知識を必要とする状況もあります。

その場合は、無理に一人で解決する方法を探すのではなく、水道職人を頼ってください。改善に全力を尽くすので、ぜひ相談だけでもお待ちしています。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315