名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水道代が高すぎる原因は水漏れの場合も!?

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道代が高すぎる原因は水漏れの場合も!?

2018年09月26日 水漏れトラブル
水道代が高すぎる原因は水漏れの場合も!?
日常的に使用することが多い水道は、毎日使うことから水道代が高くついてしまうこともあります。しかし、急激に水道代が上がってしまっている場合は、水漏れが発生している可能性が考えられます。

今回は、水道代が高い原因や水漏れが発生した場合は、減額してもらうことができるのか、詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。


水道代金が跳ね上がるワケ

毎日水道を使っていると、平均的に毎月どれくらいの水道代がかかるのか、大体金額は同じになります。しかし、急激に水道代金が跳ね上がってしまうこともあるでしょう。そんな時には、どんな理由があって水道料金が上がっているのでしょうか。
いくつか考えられる理由を紹介していきます。

・いつもより水道を使った
水道代金が跳ね上がった理由の一つで、まず考えられるのがいつもより水道を使ったということです。家族と同居しているのであれば、自分以外の誰かがより多く使っている可能性もあります。

洗濯の量が増えたり、同居人数が増えたことでも水道代は普段より上がります。
よく理由を考えてみましょう。

・メーターの故障
滅多にないことですが、水道代が上がった理由としてメーターが故障してしまっていたことで、水道代金が跳ね上がっている可能性があります。その場合は水道局の方に相談して、メーターに異常がないかチェックしてもらってください。

また、検針員が記録ミスをして、水道代金がいつもより高くなっていることもあるので、水道代金がいつもより高いと感じた時には、すぐに確認を取ることをおすすめします。

・勝手に水道が使われていた
庭や駐車場付近に設置されている水道を誰かが勝手に使っていることで、水道代金が高くついてしまっていることも可能性の一つとして考えられます。

このようなトラブルを避けるためには、使用する時以外は、蛇口を外しておくなど、対策を考えておきましょう。


もしかすると水漏れが原因かも!

普段と水道の使用頻度が変わっていないのに水道代が高くなっている時は、どこかで水漏れが発生している可能性があります。

もし、水漏れが発生しているのであれば、水回りの止水栓を締めてもメーターが動くはずなので、一度止水栓を締めてメーターが動いていないかチェックしてみてください。

家の中で水漏れが発生しやすい箇所は、蛇口やトイレ、キッチンシンクの排水管や給水管の接続部分が考えられます。目視でわかる水漏れも多いので、しっかり確認して原因を特定しましょう。

蛇口の水漏れであれば、パッキンの劣化、排水管や給水管の接続部分、ナットが緩んでいる可能性があるので、簡単な部品の劣化や破損であれば、自分で修理することも可能です。

しかし、中には地中や壁内の配管が破損して水漏れが発生している可能性もあるので、その場合は水道職人に調査を依頼してください。すぐに原因を探して、対処させて頂きます。


水漏れが原因なら水道代が減額になる場合も

水漏れが発生した場合、通常よりも水道代が高くなってしまいます。
その場合、全ての水道代を負担しないといけないのでしょうか。
実は、水道代が減額になるケースもあるので、今回の水漏れは減額に該当するのか、しっかり確認しておきましょう。

減額してもらえる条件としては、使用方法に問題なかったということや水漏れが確認できない地中や壁内で発生していたケースです。

また、すでに水漏れ修理が完了しているにも関わらず、水漏れが発生している場合は、入居者に過失がないとして減額されることもあります。

水漏れが発生した時に大切な対応が、水漏れ修理は「水道局指定工事店」に依頼することです。
「水道局指定工事店」は、水道局から認められている業者であるため、確かな知識や技術を有していると保証されています。
「水道局指定工事店」以外の業者に修理を依頼した場合は、減額が受けられない可能性もあるので、十分注意しましょう。


水漏れによる水道代の高騰を抑えるためには?

自分の過失ではない水漏れが発生していた場合、修理費用は減額してもらう可能性があります。
しかし、どんな状況でも全額免除されることはほとんどないので、水漏れが発生した際には出来るだけ、水道代が高騰しないように対策を行うことが重要です。

水漏れによる水道代が高騰することを防ぐ方法としては、水道メーターをチェックしたり、定期的に水道管のメンテナンスを依頼するという方法がおすすめです。

水道メーターをこまめに確認しておくことで、水漏れの発生を早期発見することに繋がり、水道代の高騰を出来るだけ抑えることに繋がるでしょう。

定期的に水道管のメンテナンスを行うことは、事前に配管の水漏れを防ぐことが出来るだけでなく、水漏れ対策を十分に行っているということを水道局に認識してもらうことに繋がるので、万が一水漏れが発生した時に、減額を受けられる可能性が高くなります。


普段の水道代よりも高くなった時は、同居者の誰かが多くの水を利用したなど、考えられる理由から確認しましょう。
原因がわからない場合は、どこかで水漏れが発生していることで、水道代が高騰している疑いがあります。
その場合は速やかに「水道局指定工事店」である水道職人にご依頼ください。
早急に原因を特定し、修理を行うだけでなく、減額を申請する時に有利に進められる可能性があります。気軽にご相談ください。ご連絡をお待ちしています。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315