【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 蛇口の緩みは自分で直せる!修理方法を分かりやすく解説

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

蛇口の緩みは自分で直せる!修理方法を分かりやすく解説

2018年12月26日 水漏れトラブル


蛇口を締めたはずなのにポタポタと滴る水音が止まらない場合は、蛇口が緩んでいるのかもしれません。蛇口が緩むとしっかり締めるのにも一苦労です。また、きちんと締めてもいつの間にか水漏れが起きている…という事態に陥ってしまいます。そうなると、水道代も気になるところですよね。

蛇口の緩みを直すにはまずその原因から探らなくてはいけません。ご自身で修理可能なものもありますが、専門スキルを持った業者に依頼するほうが良い場合もあります。

そこで今回は、蛇口が緩む原因とその対処法についてご紹介いたします。


ナットの緩み、吐水口フィルターの汚れなど蛇口が緩む原因をご紹介

蛇口が緩む原因はナットあるいはボルトの緩み、吐水口フィルター&カートリッジの汚れが大半ですが。しかし、まれに配管内部の詰まりやパーツの劣化という難しい原因もあります。いきなり自力で修理しようとするのではなく、まずは蛇口が緩んでいる原因をしっかりと理解し、どの部分を修理すればいいのかチェックしていきましょう。

・ナット、ボルトの緩み
蛇口からではなくハンドル、レバー、接合部から水が少量漏れ続けるような場合は、ナットやボルトが緩んでいる可能性が考えられます。一般的な蛇口の緩みのほとんどは、これが原因です。

パッキンなどが長年の摩擦で劣化、消耗しているというケースもありますが、これらは比較的簡単に修理を行うことができます。

・吐水口のフィルターの汚れ
レバーやハンドルを修理しても水漏れが止まらない、吐水口から水漏れが起きているという場合は、吐水口のフィルターまたはカートリッジが汚れているかもしれません。この状態は特に吐水口にフィルターが網目状の蛇口が陥りやすいです。

・配管内部の詰まり・設置パーツの劣化
蛇口の付け根や壁面から水漏れが起きているという場合は、配管内部が詰まっていたり、設置するためのパーツが劣化し緩んでいると判断できます。ねじまき部分が緩んでいる場合は、そのパーツを締めてあげることで水漏れを解消可能ですが、配管内部の詰まりが原因なら、内部の掃除も行う必要があります。こうなると業者を呼ぶしかありません。

このように緩みと一口に言っても様々な種類があるため、どこから水漏れが起きているのかまずは確認しましょう。


緩んだ蛇口の自分でできる修理方法

緩んでしまった蛇口も、状態によっては自分で修理できるものがあります。どんな修理をするにしても、突然水が噴き出さないように止水栓を締めてから行って下さい。

止水栓は基本的にシンク下にあります。手で締められるもの、ドライバーが必要なものなどタイプは様々です。しっかり締めてから、蛇口の修理に挑みましょう。

・カートリッジを交換する
カートリッジが劣化して蛇口が緩くなっている場合は、一旦蛇口を外してカートリッジを新しいものに交換するだけで完了です。カートリッジはホームセンターや、通販サイトでも安く購入できます。

また、カートリッジは蛇口の中に被さっているだけなので、誰でも簡単に取り外して設置し直せます。
蛇口の緩みの原因は大半がートリッジの劣化なので、これで多くの場合は解決するでしょう。

・パッキンを交換する
カートリッジの交換を施しても水漏れが治らない場合は、パッキンの交換をしてみましょう。
パッキンの劣化は分かりにくいので、新しく交換してしまった方が手っ取り早いと言えます。

パッキンを交換するには水栓を分解しなければならず、蚊口の前側にあるネジを外し、分解していくのが一般的です。
パッキンにはカバーナットの下、スピンドルの上に配置されている三角パッキン、スピンドルの下に配置されているコマパッキンの2種類があります。事前に分解してどちらが劣化しているのか確認したり、この機会にどちらも交換してしまうといいでしょう。


こんな場合は業者に相談!

カートリッジやパッキンを交換したのにまだ水漏れが治らないという場合は、蛇口の内部や接地部分に問題が起きています。これらは素人では修理することができず、下手に修理をしようとすると故障の原因につながることもあります。速やかに業者に相談し、対応してもらうようにしましょう。

水道修理業者の他、その家を建てたハウスメーカーに相談するという方法もあります。施工したメーカーなら部品なども調達しやすく、すぐに対応してくれる可能性が高いので試して見る価値は大いにあります。

また、賃貸物件の場合は個人で蛇口などの修理をすることはできません。一度管理人や管理会社に連絡し、そこから業者を手配してもらうというケースもあります。その際は費用を管理人や管理会社が請け負ってくれるのが基本なので、まずは相談してみるようにしましょう。


蛇口の水漏れを修理してみよう

蛇口の緩みは、カートリッジやパッキンの劣化が主な要因です。自分で簡単に修理できる可能性が高いので、一度チャレンジしてみましょう。それでも緩みが治らない、自分でやり方が分からないという場合はすぐに業者に相談しましょう。

蛇口の緩みを放置しておくことで、水道代が余計にかかったり、最悪の場合水が出なくなる、階下に漏れてトラブルになるということも考えられます。迅速な対応で安全な生活を取り戻していきましょう。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315