【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水漏れトラブルが発生した時の二次災害は誰の責任?

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水漏れトラブルが発生した時の二次災害は誰の責任?

2018年10月29日 水漏れトラブル
水漏れトラブルが発生した時の二次災害は誰の責任?

マンションなどの集合住宅の場合、水漏れが発生した時には自室だけでなく、階下の人へ被害が及ぶ可能性があります。放置していると、被害が拡大する恐れがあるため、早急に解決する必要があるでしょう。

集合住宅で水漏れトラブルが発生した時、周囲に影響を及ぼす二次災害は誰の責任になるのでしょうか。


発生する可能性のある二次災害

マンションの自室で水トラブルが発生した場合、階下へ発生する可能性のある二次災害は、どのようなものでしょうか。

階下に水漏れが浸透してしまった場合、マンションの天井に水が浸透して雨漏りのような状態になることが考えられます。家具や家電も水浸しになり、使用が不可能になる可能性もあるでしょう。

また室内で発生した水漏れだけでなく、ベランダで流した水が隣室に流れ込み、被害が及ぶこともあります。外出中などに水漏れが発生した場合は、気付くのが遅くなってしまい、二次災害が拡大する恐れがあるので、外出前には水まわりの管理をしっかり行っておきましょう。

特に発生しやすいのが洗濯機や洗面台の水道での水トラブルです。洗濯機では、給水ホースが外れていて、部屋が水浸しになることがあります。洗面台では水の出しっぱなしが原因で階下へ二次災害が及ぶこともあるので、出かける前に事前確認は怠らないようにしましょう。


住宅形態によって水トラブルの対応が違う

水漏れトラブルは、住宅形態によって対応の仕方が異なります。責任の所在も重要な論点なので、対応を間違えないように、ご自身の住宅形態の対応の仕方を把握しておきましょう。

・持ち家の場合

持ち家で水トラブルが発生した場合は、集合住宅のような二次災害の心配はありません。責任は所有者にあるので、被害に合った家具や家電はご自身の保険などで補う必要があります。

水トラブルが発生しないように、日頃から水まわりの管理を行っておくことが重要です。

・賃貸住宅や複合住宅の場合

アパートや団地で水漏れトラブルが発生した場合は、速やかに管理者に連絡するようにしましょう。場合によっては水漏れトラブルが発生した時の対応の仕方が用意されていることもあります。

唐突に水漏れトラブルが発生した場合は、焦ってしまうことがありますが、管理者が対応してくれれば、安心して任せることができます。アパートや団地側に水漏れトラブルの原因がある場合は、家具や家電の補償も行ってくれます。

・分譲マンションの場合

分譲マンションで水漏れトラブルが発生した場合も、賃貸住宅や複合住宅と同様に、管理者に連絡する必要があります。中にはトラブル対応のための管理会社が設けられていることもあるため、事前に連絡先を把握しておくようにしましょう。

水漏れトラブルの原因が、マンション側にある場合は、家具や家電の補償を行ってくれます。


マンションの場合は誰の責任?

マンションで水漏れトラブルが発生して、階下へ二次災害が及んだ場合、入居者に責任が問われるケースがあります。しかし、発生原因によってはマンション側の責任になることもあるため、焦らずに原因を究明しましょう。

・マンションの老朽化が原因の水漏れトラブル

マンションの老朽化が原因で水漏れトラブルが発生した場合は、発生箇所によって責任の所在が異なります。マンションの共有部分で水漏れが発生した場合は、マンション側の責任になるので、全ての対応をマンション側に一任することが可能です。

しかし、入居者が善管注意義務を怠ったり、自室の専用部分に含まれる箇所で水漏れトラブルが発生した場合は、入居者に責任が問われるケースもあります。

また契約時に家賃減額や家賃交渉を行っている場合は、入居者の責任が免除されないケースもあるので注意しましょう。

・突発的な事故が原因の水漏れトラブル

自室の蛇口や洗濯機からの突発的な水漏れトラブルの場合は、個人の責任になることがあります。大切なのは水漏れが発生したのが共有部分なのか、専有部分なのかという点です。

共有部分の水漏れはマンション側の責任になり、専有部分の水漏れは個人の責任になるので、原因を特定することを優先的に行いましょう。

水漏れのトラブルが発生した場合は保険を確認

水漏れトラブルで二次災害が引き起こされた際、マンション側に問題がある場合は、マンション側に賠償責任があります。しかし、状況によってはご自身に責任が生じる可能性もあるので、事前に加入している保険を確認しておくようにしましょう。

階下に二次災害を及ぼしてしまった場合、適用される保険は「個人賠償責任保険」があります。火災保険の特約となっていて、入居する際に管理会社などから加入を勧められることもあります。

水漏れトラブルは、いつ発生するかわからないので、事前に個人賠償責任保険に加入しておくことをおすすめします。


まとめ

マンションなどの集合住宅で水漏れトラブルを引き起こした場合、階下の家具や家電を使用不可能にしてしまう二次災害を引き起こすことがあります。

原因によってはマンション側の責任で賠償を請け負ってくれますが、個人に責任が問われるケースもあるので注意しましょう。

個人に責任が問われた場合は、損害賠償が高額になることもあるため、事前に個人賠償責任保険に加入して、被害を最小限に食い止めるようにしておきましょう。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315