【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水道工事で知っておくと便利な水道管の種類

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道工事で知っておくと便利な水道管の種類

2018年09月10日 水道修理
水道工事で知っておくと便利な水道管の種類
水道工事を行ってもらう時、どんな水道管を使用するかによって金額も変わります。また使用する水道管によっては特徴も違うので、事前に知っておくことで理解を深めることができるでしょう。

今回は、そんな水道工事で知っておくと便利な水道管の種類について、詳しく解説していきます。金属製をイメージしやすいですが、実はほとんどが金属ではない素材を使用しているので、どんな種類があるのか参考にしてみてください。


現在の主流は【ポリ管】

現在の水道管で一番多いのが、「ポリ管」です。ポリ管は正式名称を「ポリエチレン管」といい、新たに家を建てる時やリフォーム工事を行う時には、このポリ管が使用されています。

なぜポリ管が水道管の中でも主流になったのかというと、作業を行う上で取り外しが容易で、取り付け対応が簡単に行えるためです。そのおかげで、作業効率が上がり、工事をする時間も短縮することに成功しています。

通常、水道管を繋げるためには、「継手(つぎて)」という部品を使用して、接着剤や工具で管同士を繋げるように作業を行うのですが、ポリ管であれば手ではめ込むだけで管同士を繋げることが可能です。

またポリ管は熱や振動だけでなく、化学物質にも強い特徴を持っているので、水道管には打ってつけの素材であることがわかります。


メジャーな【HIVP管】

水道管の中でもメジャーな存在であるのが「HIVP管」です。一言でいってもイメージが付きにくいですが、HIVP管というのはプラスチック樹脂が素材の水道管になります。

プラスチック樹脂であるため、金属製の水道管で発生する恐れのあるサビが発生する可能性がないため、老朽化して破損するということがないのが特徴です。

さらに樹脂であることから、加工も簡単にできるだけでなく、施工自体もさほど難しくないので、作業効率アップに繋がります。

しかし、樹脂は急な温度変化に耐えられない性質を持っているため、寒すぎると割れやすくなり、熱では劣化しやすいというデメリットがあるのです。

ただ他の水道管と比べると、加工が容易であるため、修理費用などが安くつくのが魅力になります。


給油湯管として使用することの多い【銅管】

名前の通り銅が素材として使用されている「銅管」。熱に強い耐性を持っていることから、給湯管として使われることが多いのが特徴です。地域によっては、水道管として使用されることもあります。

鉄管や樹脂管よりも熱に強いことから、給湯管として重宝されていて、接続の際には、はんだ付けで工事が行われるのが特徴です。

一つ一つはんだ付けを行わないといけないため、工事の手間がかかることがデメリットと言われています。

長期的に使用されている場合は、局部腐食によりピンホールが生じてしまうことから、水漏れが発生する可能性もあるので、定期的に点検する必要があるでしょう。

水漏れが発生してしまった場合は、修理や取り換えを行わないといけません。


今では使用が少ない【鉄管・鉛管】

昔までは水道管の定番と言われていた「鉄管・鉛管」は、近年ではほとんど使用されることはありません。

鉄製であることから、耐震性など強度面で人気を誇っていましたが、サビやすく加工にも労力が割かれるため、今ではポリ管やHIVP管の方が使用されています。

銅管と同じように、局部腐食によるピンホールの発生で、水漏れが引き起こされるため、修理や取り換えの必要があるのも、人気が低迷した理由の一つです。

鉛管の方は近年まで使用されていましたが、水道水に鉛が溶け出す恐れがあるため、健康面の懸念から全国で鉛管の取り換え作業が行われています。

そのため、昔の建物では鉛管が残っている可能性がありますが、新しい建物には鉛管が使用されていることはありません。

もし鉛管が家庭で使用されている場合は、個人負担になりますが、補助金制度が適用されていることもあるので、市区町村に一度連絡を入れてみることをおすすめします。


新しく登場した「エルメックス管」

比較的新しい「エルメックス管」は、耐熱・耐寒性に優れている特徴を持っていて、95℃~マイナス70℃まで耐えられることができます。

また塩素水に対しても耐性があり、酸化し辛い特徴を持っているので、長期間使用することができる排水管として人気が集まりつつあるのが特徴です。

取り付けには、パイプと継手の接続に「電気融着工法」が使用されていて、電気の力で接合することから、つなぎ目で漏洩することを防いでくれるのも注目されている理由の一つになります。

このように、水道管の種類には様々あり、現在人気の物から使用されていない物までバリエーションは豊かです。水道工事を行う際には、どのような素材が使用されているのか、自分で把握するためにも、知っておくと便利なので、しっかりチェックしておきましょう。

使用されている水道管によっては、費用が高くなる場合もあるので、どんな水道管を使用するのか確認を取って妥当性を確認しておくのもいいかもしれません。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315