名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水のトラブルはなぜ起きる?耐用年数が関係している!

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水のトラブルはなぜ起きる?耐用年数が関係している!

2018年09月10日 水漏れトラブル
水のトラブルはなぜ起きる?耐用年数が関係している!
いきなり発生してしまうことで、対応が後手に回ってしまうことの多い水のトラブル。排水口のつまりや蛇口からの水漏れなど、症状は様々ですが、なぜ水のトラブルが発生してしまうのでしょうか。

今回は、水のトラブルがなぜ発生するのか、詳しい理由を解説していきます。


蛇口には耐用年数が存在している

水のトラブルが発生しやすい箇所といえば蛇口が多いのですが、この蛇口には耐用年数があるのをご存知でしょうか。

耐用年数とは製品が安全に使用できる年数の目安として設定されているので、耐用年数を超えて使用すると、水トラブルの原因になってしまう恐れがあるので注意が必要です。

物には必ず耐えられる期日が決まっていて、蛇口でいうと5年~10年が適切な耐用年数と言われています。古くから使用されている蛇口であるほど、トラブルの原因になることがあるので、耐用年数が近づいてきたら、点検を行ったり交換を行うようにしましょう。

実際に水トラブルで多いのが、蛇口の劣化や破損による水漏れなので、状態に異常がなかったとしても、長年使用している蛇口があれば、早急に交換していくことをおすすめします。


井戸水の場合は不純物によるトラブルが発生する

水トラブルが発生する条件には様々な理由がありますが、トラブルが発生しやすさに関しては、住んでいるところの水質が関係していることもあります。

現在の家庭で使用されている生活用水に関しては、ほとんどが上水道であるため、安全性も高く蛇口の劣化や破損も通常通りです。

しかし、中には井戸水から使用している家庭もあり、その場合は不純物が多いため、蛇口や配管といった物の劣化や破損する可能性が高いのが特徴になっています。

他にも温泉水を蛇口から出している場合にも、劣化や破損による水トラブルが多いです。不純物が多い水を使用することでも、水トラブルの原因になるので取り扱いには十分注意が必要です。


使用頻度が高いとトラブルが発生しやすい

水のトラブルが発生する要因として、他にも考えられるのが使用頻度です。使用頻度といっても、水を大量に使うお風呂場よりも、台所で使用する蛇口からの方が水漏れが発生する確率は高いと言われています。

それは、水圧を常に抑えている蛇口を台所では、何度も開け閉めを繰り返しているため、蛇口に負担がかかり、劣化や破損を早めてしまう原因になってしまうためです。

その点、お風呂場の場合は、一度出したら流しっぱなしにすることが多いので、それほど使用頻度は高くなく、蛇口の劣化が遅いので台所と比べると蛇口の水トラブルは少ないでしょう。

何度も開け閉めを繰り返し、蛇口に衝撃が走ることを「水撃」と呼ばれていて、蛇口が破損する原因として考えられています。

そのため、水トラブルの発生しやすい蛇口は台所であると意識して、開け閉めの頻度を下げるか、定期的に点検を行い、交換時期を見定めることが水トラブルを予防するために重要です。


ポタポタ水漏れはサビが原因である可能性が高い

蛇口からポタポタと水漏れが発生して、止まらないという現象の時はサビが蛇口の中で発生している可能性が高いでしょう。

サビが原因で蛇口からの水漏れが止まらないのは、サビが水圧に押されて蛇口を傷つけるため、損傷して水を上手く止めることができなくなるからです。

特にハンドルタイプで水とお湯を切り替える蛇口の場合は、このサビが原因で水漏れが発生しやすいので、長期的に使用している蛇口の場合は、中にサビが生えていることを疑った方がいいかもしれません。


水漏れが続くと蛇口本体が壊れてしまう

ポタポタと水漏れが続いている蛇口の水を止めようと、力強く締めていると、いずれは蛇口本体を壊してしまいます。

蛇口本体が壊れてしまうと、本体の交換代として2万円はかかってしまう可能性があり、高くついてしまう恐れがあるでしょう。

早期に発見して修理を行えば、交換する必要がないかもしれないので、まずは状況を判断するためにも水道職人にご相談ください。

蛇口の中を確認させて頂き、発生しているトラブルに合った対処法を実践させて頂きます。修理の方が交換よりも費用的に安いので、無理矢理に使用するよりも、素直に直した方が経済的にも助かることがほとんどです。

ぜひ一度お電話いただき、現場を確認させて頂ければと思います。


まとめ

水のトラブルは唐突に起こることが多く、対応が遅くなってしまうことが多いでしょう。しかし、トラブルの原因を予め予測しておけば、次に取る行動がわかりやすく、被害を最小限に抑えることができます。

特に耐用年数については、そろそろ交換時ということを意識しやすいので、蛇口の調子が悪くなった時には、交換しなければならないという意識が強くなるので、水漏れが発生する前に事前に対応できる可能性が高くなるでしょう。

状況をしっかり把握して、水漏れで困らないように対応は素早く行ってください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315