【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水道管が破裂する原因と対処の仕方をご紹介

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道管が破裂する原因と対処の仕方をご紹介

2022年12月26日 水道管

突然水道管が破裂したら誰もが混乱してしまうでしょう。しかし、適切な対処を取らなければ状況は悪化してしまうかもしれません。ただ、滅多に起こることではないので、どう対応すればいいのかわからない人もいるはずです。

そこで今回は、水道管が破裂したときの原因と対処の仕方を解説します。

水道管が破裂してしまう4原因


水道管が破裂する主な理由はさまざまです。以下それぞれの原因を解説します。

水道管の老朽化
水道管はいつまでも使いつづけられるものではありません。よって、経年の使用劣化が進行します。通常、10年〜15年くらいで老朽化がスタートしますが、破損する時期は状況により違います。

建てはじめから10年経過して破裂に至るケースから50年経過しても何も起こらない場合もあり、予防や回避対策が厳しいのが現実です。

もしも突然水道費用が跳ね上がってしまったときは、目に見えない地下付近で水道管が破裂して水漏れしている場合もあり得ます。よって、いつも水道費用の変化には気を配りましょう。

凍りつきが理由で破裂
水道管の破裂は、冬シーズンに頻繁に起こるので、最低気温が滅多に氷点下にならない地域ではとくに注意が必要です。水の入ったプラスチック容器を冷凍庫内に保管して凍らせると、プラスチック容器がパツンパツンになってびっくりした経験はないでしょうか。

これは、水が凍ると容量が増加することが理由とされています。水道管内部の水も凍ることにより肥大し、水道管がわれてしまい、結合部分がパンクしてしまうケースがあります。

冷たい空気の影響により最低気温が氷点下4℃になると危ないです。とりわけ、庭の水まきや車の洗浄のときに使用する、外に置いている水道管の扱いには注意しなければなりません。

対策としては、気温が下降する前に外の水栓をわずかに開けて、水が少しずつ流されるようにしたり、置かれている水栓にボロ布や保温用チューブを被せてガムテープを巻き固定しておくといった処置が必要になります。

破裂して水漏れしたケースでは、水栓の元栓を閉めて迅速に水道業者に修理依頼するのがおすすめです。

地震
地震による揺れ被害でパイプ箇所に負担がかかり、ひび割れや破裂を起こすケースがあり、それが原因で水漏れしてしまうこともあります。

長年の使用によって劣化が進み水道管が傷んでいるケースでは、ちょっとした揺れ動きであっても破裂に至ることがあり、地震の揺れがわずかでも、安心ということにはなりません。

また、新しい家であっても地震の強さにより破裂してしまう場合も想定されます。地震が起こったら、ひとまず揺れが静まるのを待ち、一応全水道を停止させて水道メーターの動きをチェックするようにしましょう。

この処置をしたにもかかわらずメーターが動いてしまう場合は、どこかで水漏れしていることが考えられます。

工事中の間違い
自然被害だけでなく、人が行った間違いでも水道管の破裂が起こります。例えば、地面内の工事をしている最中に間違えて水道管を壊してしまうことがあります。そして水道管から水が漏れ出して道路が水浸しになるといったケースもあるのです。

工事作業中の間違いで水道管が爆発し噴水状態になり、周囲の道が洪水のようになっている景色をニュースなどで見かけたことはありませんか。

工事作業中の間違いが原因のときは、自分ではどうすることもできません。また、対処するのも困難でしょう。水道管やガス管のような大事な生活インフラの工事を行うときは、注意深く行ってもらいたいですね。

水道管が破裂したときの対処方法


ここからは水道管が破裂状態にある場合の対応法を説明します。

止水栓を閉める
水道管が破裂状態にあるときにする作業は、止水栓を停止することです。止水栓を停止することで、水道管からの水の入り込みが止まるので、水漏れ被害を食い止められます。

止水栓は、水道メーターのすぐ近くに設けられており、その建物によって壁面や床下、外など置かれている場所が違ってきます。家の配管プランがあれば止水栓の場所をチェックできますが、場所が不明なときは管理会社に問い合わせしてみましょう。

止水栓のレバーは主に3通りあって、それぞれドライバータイプ、ハンドルタイプ、内ネジタイプに区別されます。ドライバータイプや内ネジタイプのケースでは、栓をドライバーで右側に回すと閉められます。ハンドルタイプであればカランのようなハンドルがついているので、手動で行えます。

もしも止水栓が固まりすぎて微動だにしないときは、無理に開けようとせず水道専門業者に依頼して処置してもらいましょう。

破裂箇所をふさぐ
止水栓を閉めた後も水漏れが止まらないときや止水栓を閉められなかった場合、水道業者が訪問するまで水を使用したいときもありますよね。そういうときは、水道管の破裂部分をふさぐという手段もあります。

水道管の破裂部分が目視できるエリアで、直接手で触れられるのであれば、ボロタオルとビニールテープを用いた応急手当ができます。

水道管の破裂部分にボロタオルを確実に巻きつけたらビニールテープを貼り、動かないように固定します。破裂部分の下にポリバケツなどを置き、受け取り準備しておくと、ボロタオルが水を吸い取れなかったときも心配いりません。水道管に巻きつけているボロタオルが水を吸わなくなったら取り替えてください。

この対処をしておけば、排水管からの水漏れを避けることが可能です。

水道業者・管理会社に連絡
水道管が破裂状態にあることがわかったとき、または損傷の疑いがあるときは、なるべく早く水道業者や管理会社に報告するようにしましょう。コンタクトを取らなけれならない相手は住宅の種類や水漏れによる水道管破裂のレベルにより異なります。

もし戸建住居であれば、その建物を設計したときに立ち会った水道業者に連絡するべきでしょう。

一方、集合住宅やアパートであれば、管理会社やオーナーに連絡しなければなりません。ただし、急ぎの場合は、水道業者に直接連絡したのちに、オーナーや管理会社にコンタクトをとった方がいいケースもあります。

迷った場合は、市の水道局に話を持ちかけると、市が指定する水道業者や対処法を案内してくれるでしょう。

水道管が破裂したときの修繕費用


水道管が破裂した際に支払う費用は、破裂部分がどこなのか、水漏れ被害レベルはどれくらい重いのかによって修理費用に差が生じます。

水漏れ被害により住居や家具に被害がなかったケースであれば水道管の修理費用だけで足りますが、大きな水漏れ事故のケースでは費用額が高額になってしまいます。

水道管の破裂が自賠責ではないときは保険が適用されることもあるので、加入中の火災保険の内容をチェックしてみてください。

水道管修理にともなう部分修理の費用相場は、室内で水道管が破裂したケースは2万円くらい、天井や床下など目視できないところの水道管破裂は3〜5万円くらいです。

上述の費用額は大まかなものです。水道管を取り替える施工エリアによって修理費用が違ってくるので水道業者に問い合わせて、あらかじめ確認しておきましょう。

水道管の破裂により生じる症状


水道管が破裂するとキッチンやお風呂など各所から水漏れが発生します。水漏れで集合住宅の室内の床面が水浸しになれば、階下にも被害が及び賠償問題にもなりかねません。

戸建住居の外で水道管が破裂状態になったとき、雨でないのに地面がいつの間にか濡れていることがあります。これは、水道管損傷の疑いを示す目安となります。

まとめ


今回は水道管が破裂する原因と対処の仕方を紹介してきました。水道管破裂は適切な応急処置とその後の適切な対応を行えば、心配しすぎることがないでしょう。

何より普段からのメンテナンスが大事になりますので、水道業者に依頼してきちんと点検してもらい、天災による被害に備えておくことが得策です。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315