【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » シャワーヘッドの水漏れは?原因と修理方法を解説

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーヘッドの水漏れは?原因と修理方法を解説

2022年12月02日 シャワーの水漏れ


ポタポタと水漏れを起こす症状や、水の出が悪いなどのトラブルに悩まされたことはありませんか。また、シャワーの水垂れの原因はいくつかあり、すべてが故障しているというわけではありません。

残留水で水が垂れている場合は、修理が不要となり、中の水を抜くことで状態が改善します。そこでこの記事では、残留水の確認方法やそれ以外の原因、修理方法を解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

シャワーヘッドの残留水の確認方法と対策


はじめに残留水の確認方法と、対策を確認していきます。残留水とはどのような状態であるか、水がポタポタ垂れて止まらないときの困りごとを解決していきましょう。

残留した水である場合は、故障ではなく対策することですぐに解消されます。対策方法もお伝えしていきますので、安心してください。

ヘッド内部に残留した水がたれるのが残留水
通常であれば水の表面張力が働くことで、残留水は漏れださない仕組みになっています。しかし、扉の開け閉めや気圧の変化で、漏れ出してしまうことがあるのです。

内部に溜まっている水が、保持されずにポタポタと流れ続ける状態が残留水だと考えておきましょう。

残留水がたれる時間を確認
はじめに、残留水が垂れる時間を確認しておきましょう。通常では、30秒から1分ほどで止まります。これ以上流れ続けている場合や、下記の対策を実践しても水が止まらない場合は、ほかの原因が考えられます。

一旦落ち着いて、どのくらいでヘッドからの水が止まるのかを確認してください。使用直前にポタポタと少量の水が垂れている場合は、故障の可能性は低いと考えられるため、少し様子をみましょう。

シャワーヘッドを振って残留水を抜く
ヘッドを振って残留水を抜いてみる方法もあります。使用したあとすぐに、シャワーフックへかけるのではなく、一回ヘッドを振ってからフックにかけてください。内部に残っている残留水が、すべて抜ける状態になります。

そのあとフックにかけてみて、水が漏れ出さないようであれば、残留水による水漏れになります。この作業によって、水漏れの原因が解決されているので、慌てて修理を行う必要もありません。何日か様子をみて、漏れてこないかを確認してください。

ヘッドを寝かせた状態でハンガーにかける
寝かせた状態でハンガーフックにかける対策法は、フックの角度が変えられる場合のみの方法になります。ヘッドを振って水を抜いたあとに、傾斜角度を斜めにして寝かせる状態でかけてください。

少しこの状態のまま様子をみて、ポタポタと水が落ちてこなければ、残留水による水漏れであるため、今後の対策は必要ありません。

残留水以外が原因の水漏れ


上記の対策法を実践しても、水漏れが解消しない場合や長時間ヘッドから水漏れを起こしているときは、ほかの原因だと考えてください。ほかの水漏れでは、どのような状態が考えられるのでしょうか。

ここからは、主な水漏れの原因を紹介していきます。現在起きているトラブルが、どの状態に近いのか確認しておくと、今後の改善策に役立ちます。原因ごとに解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

シャワーヘッドの故障
ヘッド本体の故障でも、水漏れは発生します。少量の水が長時間流れっぱなしになっている場合は、本体の故障だと考えましょう。また種類によって、水を出したり止めたりするボタンが付いているタイプもあります。

そのタイプでは切り替えスイッチの故障により、その付近から水漏れを起こしている可能性もあります。いずれにせよ、本体の故障が原因である場合は、本体交換が必要になります。

シャワーパッキンの劣化
本体の付け根とホースには、Oリングやパッキンが入っています。パッキンはゴム状でできているものが多く、劣化することで固くなります。また、ヒビ割れも起こりやすくなってくるのです。

水漏れを防ぐためにつけられているOリングやパッキンであるため、この2つの劣化が原因で水漏れを発生させます。本来の役割を果たせないパッキンは、交換が必要です。しかし、料金も安く簡単に直せる場所なので自分で対処することも可能です。

水栓の故障
ヘッドやホースから水漏れをしていないのに、水の出が悪くなる状態があります。この場合、ホースと水栓をつなぐ吐水口が水漏れしていないかを確認してください。取り付けナットが緩んでいるときは、隙間ができてしまい、水漏れをおこします。

そのほか、開閉バルブの故障も原因のひとつです。圧力や水量を調整する働きをする部品であるため、ここが故障していると常に開いた状態になり、水漏れを起こします。水栓の故障は、構造が複雑なので業者に依頼することも選択肢のひとつです。

シャワーヘッドの水漏れの修理方法


残留水以外の水漏れが原因だった場合、どのように修理していけばよいのでしょうか。ここからは、場所別に部品の交換方法や修理方法を紹介していきます。自分で対処できるものと、業者に依頼した方が安心である場合があります。

確認してみて、自分で対処が可能であればチャレンジしてみるのも良いでしょう。しかし、自信がない場所であったり、構造が複雑すぎる場合には、迷わず専門業者へ相談してください。迅速に適切な対処をすることで、被害を最小限に抑えられます。

シャワーヘッドの交換
ヘッド交換を行う場合、水栓全体の止水栓を停止させてください。マイナスドライバーを使うと、簡単に停止させることができます。止水栓は水道管や給湯器からの水をコントロールする役割があり、停止させないと水が溢れだしてしまいます。

その次に、反時計回りにヘッドを回して外していきます。このとき、手で回すことも可能ですが、モンキーレンチを使用すると外すのが簡単です。新しいものと交換したあとに、時計回りにヘッドを回して固定させて、作業完了となります。

接続部分のパッキンを交換
根元からの水漏れは、パッキン交換が必要です。いろいろなサイズや種類があり、現物と同じサイズや素材を選ばなければなりません。とくに通販などで購入するときは、注意が必要です。購入前に現物のサイズを測ってから購入しましょう。

交換するには、まずヘッドを外していきます。ホース側の接続部分の内側に入っているゴム製の部品がパッキンです。長期使用していると硬くなり劣化しているため、水漏れを起こしてしまいます。新しいパッキンと交換して、元に戻せば完了です。

ハンドルタイプの水栓修理
ハンドルタイプの水栓を修理するには、まず止水栓を止めてハンドルを外していきましょう。止水栓を止めたあとに水漏れをしていないか、確認しながらハンドルを外すことが重要です。

ハンドルを外したら、スピンドルやパッキンを新品に変えていきます。部品のある場所が細かいため、外しながら写真を撮っておくと戻すときに迷いません。交換が終わったら元の状態に戻し、水漏れが解消したかを確認して完了になります。

サーモスタットタイプの水栓修理
サーモスタットタイプではマイナスドライバーを使い、左右両方の止水栓を止めてください。次に開閉ハンドルから水がでないことを確認し、ハンドルを外してスペーサーも引き抜いてください。

新しいスペーサーや開閉バルブを合体させ、水栓にセットしたら、取り外した部品を元に戻してください。元に戻せたら、止水栓を開き改善できているか確認してみましょう。サーモタイプは構造が複雑なので、自分での作業が難しいと感じたら、業者へ依頼してください。

シャワーヘッドの水漏れ原因を見極めて修理しよう


ヘッドからの水漏れには、残留水が漏れ出してしまう原因と、故障や劣化が原因になっている2つのタイプがあります。残留水であれば、浴室の気圧の変化や振動によって起こり得ることなので、修理する必要はありません。

しかし、ヘッド本体の故障や内部の部品が劣化している場合は、交換や修理をすることが大切です。放置してしまうと被害が広がり、広範囲の水漏れになる可能性もあります。また、構造が複雑な場合や、修理に自信がない方は業者に依頼してください。

高い専門知識を持つ専門業者であれば時間もかからず、すぐに解決してくれます。まずは見積りを取ってみて、自分に合っている業者を選ぶことも選択肢のひとつです。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315