【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » マンションのお風呂のリフォーム費用はどのくらい?施工内容ごとに解説

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

マンションのお風呂のリフォーム費用はどのくらい?施工内容ごとに解説

2022年04月07日 お風呂

お風呂が古くなってきていたり、浴室が狭かったりして不満を抱えていませんか。

マンションでもお風呂のリフォームは可能です。しかし、リフォーム前にはどのくらいの費用が発生するのか、どのくらいの期間を要するのかなどが気になりますよね。

そこで今回はマンションの浴室リフォームにかかる費用相場、工期、そして広く改装できるのか、浴槽だけの交換は可能なのかなどを詳しく解説します。

マンションの浴室のリフォームはいくらかかる?


マンションの浴室のリフォームは、施工内容によって発生する費用は大きく異なってきます。ここでは施工内容を5つに分類して、それぞれの費用相場を紹介します。

■ユニットバスからユニットバスへの交換
ユニットバスからユニットバスに交換する場合、発生する費用は50~150万円ほどとなります。

費用に大きく幅がありますが、ユニットバスの広さのグレードやオプションの設置有無などによって価格が変動することを把握しておきましょう。

■在来浴室からユニットバスへの交換
在来浴室からユニットバスに交換する場合、発生する費用は65~150万円ほどになります。

ユニットバスからユニットバスへ交換する際と同様に、もともとの広さやユニットバスのグレード、オプションなどによって価格が変動します。

■天井・壁・床の修繕
天井・壁・床の修繕は他と比較して安価であり10~30万円ほどになり、断熱材の設置有無により大きく価格が変動します。

基本的に天井のみの修繕であれば、フィルム素材で3万5,000~6万円、樹脂パネル素材で4~7万円ほどです。壁のみの修繕であれば、フィルム素材は8~20万円、樹脂パネル素材は10~30万円、塗装は10~20万円、タイルは10~15万円になります。

床のみの修繕であれば、シートの場合4~14万円、樹脂パネル場合5万円、タイルの場合6~10万円になります。使用する素材によっても価格が変わってきます。

■浴槽の交換
浴槽の交換は安価ですが価格の幅が広く、10~55万円ほどになります。

■追い炊き機構の後付け
追い炊き機構の後付けの場合は35~85万円ほどになります。

また、追い炊き機能はお湯が冷えてしまった後にお湯を捨てずに再び温め直す機能です。

節水対策になりますが、場合によっては設置工事で高額な費用が発生します。このように、お風呂のリフォームはさまざまな条件によって価格が決定することを覚えておきましょう。

マンションの浴室リフォームにかかる工期は?


マンションの浴室のリフォームにかかる期間をそれぞれご紹介します。

ユニットバスからユニットバスへの交換:4日前後
在来浴室からユニットバスへの交換:1週間前後
天井・壁・床の修繕:1~2日(※天井のみ・壁のみ・床のみの場合もそれぞれ1~2日の作業時間となることが多い)
浴槽の交換:1日
追い炊き機能の後付け: 1日~1週間

なお、物件や既存の浴室の状況により、取り付けが簡単なときと難しい場合では、工期に差が出てしまいます。

そのため事前にどのくらいの工期なのかを確認しておくとよいでしょう。さらにご紹介した工期はあくまでも目安なので、この工期は参考の1つに留めておいてください。

マンションの浴室を広くすることはできる?


では、マンションの浴室を広くリフォームすることは可能なのでしょうか。

結論からいうと「場合によっては可能」です。

現在はさまざまなユニットバスが出てきており、種類が豊富です。しかし、少し前にはユニットバスの種類が少なく自由に選択することが難しい状況でした。

そのため、一昔前のマンションでは、浴室のサイズに合うユニットバスがなく、実際の広さよりも小さいサイズのユニットバスが設置されている場合があります。

もしこのパターンに該当していれば、ユニットバスの交換で浴室を広げることが可能です。また、もしぴったりのユニットバスであったとしても、壁の位置を変更できたり、壁内部の配管をずらしたりできる場合は、浴室の拡張が可能です。

とはいえ残念ながら、浴室を広げることが難しい場合もあります。

もしそのような場合には「広くはできないものの、浴室を広く見せる」という方法がおすすめです。既存の浴槽と壁の間に隙間が残っていれば、従来の浴槽よりの大きめの浴槽にサイズアップできる可能性があります。

また、スクエア型の浴槽をクラウド形状に変更することで広がりを感じやすくなります。「もう少し快適に過ごせるスペースにしたい」と思っている方は、ぜひリフォームを検討してみてください。

そして、実際に工事できるかを素人が判断するのは難しいので、現地調査を依頼してプロに見てもらうようにしましょう。

マンションの浴槽を交換することはできる?


最後にマンションの浴室の浴槽のみを交換することについてご紹介します。

先ほども少し触れましたが、マンションであっても浴槽のみを交換することは可能です。

経年劣化で浴槽のみを交換したいという場合は、状況に合った浴槽を選択できます。基本的には工事費用として10万円前後ですが、物件自体の状況や浴室の劣化の状況によってはさらに費用が発生する場合もあると把握しておきましょう。

また、浴槽の本体価格は素材別に価格が変化するため、
それぞれ4つに分けてご紹介します。

■FRP
FRPは別名ガラス繊維強化プラスチックとも呼ばれ、不飽和ポリエステル樹脂にガラス繊維を混ぜて耐久性を高めた素材です。

FRPの場合は1~35万円となっています。

■人工大理石(ポリエステル系)
ポリエステル系の人工大理石は、比較的安価です。浴槽の本体価格は2~40万円が一般的です。

■人工大理石(アクリル系)
アクリル系の人工大理石は、ポリエステル製よりも高くなり、20~120万円が一般的となっています。

■ホーロー
ホーローとは、鋳物や鋼板の表面に二酸化ケイ素を主成分としたガラス質の釉薬を高温で焼き付けた素材のことです。

ホーロー製の浴槽は8~135万円という価格帯となっています。

このように素材によっても価格は大きく変化するので、素材の特徴と価格を見ながら選ぶことをおすすめします。

まとめ


今回はマンションのお風呂のリフォームの費用相場、工期、マンションの浴室を広くできるのかどうか、そして浴槽の交換についてご紹介してきました。

リフォームの費用相場や工期、浴槽の価格に関しては物件の状況や施工内容、素材によって大きく変動します。そして、条件が揃えばマンションであっても浴室を広く改装することも難しくありません。

毎日使用するお風呂なので、快適に過ごせる空間でありたいですよね、今回の内容を参考に、お風呂への不満がある方はぜひリフォームを検討してみてください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315