【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » キッチンのしつこい汚れ、効果的な掃除方法とは?

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンのしつこい汚れ、効果的な掃除方法とは?

2021年07月16日 キッチンの掃除


家の中でもっとも多様な汚れが付着する場所、それは間違いなくキッチンでしょう。水垢や油汚れや粉物、肉汁や果汁、さらに他の箇所と同様埃も溜まりますし、水を使うのでカビやぬめりのトラブルもありますし、コンロには焦げがつくこともあります。加えて、キッチンは朝や夜の忙しい時間に、さらに調理や食器洗いや後片付けなど、立っている間はほとんどが何らかの作業に追われているため、まとまった掃除の時間を捻出するのはなかなか難しいです。

このように汚れやすく掃除しにくい厄介なキッチンですが、普段の汚れを溜めない効果的なお手入れ方法と、蓄積した頑固な汚れの対策、二つ合わせてご紹介しましょう。

毎日の手入れは汚れたらすぐ拭くが鉄板です

掃除の時間を捻出するのが困難ならば、「ながら」で掃除をしませんか?吹きこぼれや油汚れを見つけたらすぐ拭き取る、この作業を習慣にするのです。これらの汚れは放置すると落ちづらくなるだけでなく、キッチンの素材を傷める危険もあります。ぬるま湯を湿らせたクロスでサッと拭き取るだけで、こびり付きを防ぎます。

食器を洗い終わった後のシンクも、食器用洗剤で掃除用のスポンジで擦り洗い流した後、水垢の付着を防ぐために最後に乾いた布で拭き取るようにしましょう。シンクの隙間や継ぎ目も拭き取ることで、滑りや赤カビの予防にもなります。それぞれ数十秒で終わる、何の道具もいらない簡単な作業ですが、継続することでキッチンが清潔になり、水拭きだけで掃除が完結するようになり、結果的にかなりお得です。今日から早速取り入れてみてください。

まず汚れの性質を理解しましょう

小さなお子さまがいるご家庭や、お仕事がお忙しい中台所に立っていると、細やかな掃除は難しいものです。とはいえ薬局に行ってもさまざまな掃除用品や掃除用の薬品があり、どれを手にすれば良いか困ってしまう方は多いのではないでしょうか。実は、汚れはアルカリ性と酸性の2種類に分かれており、それぞれに逆の性質のものを使えば汚れが中和され、効果的に落ちるのです。

酸性の油汚れや皮脂汚れには、アルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダが効果的です。そして、アルカリ性の水垢や石鹸カスには、酸性のクエン酸水を使用すると落とせます。重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸水の三つを用意すれば大体の汚れには対応できます。

場所別のお手入れ方法

①コンロ周り
調味料や油や食品から出た汁や焦げ付きなど、酸性の汚れがつきやすいコンロは、アルカリ性の重曹とセスキ炭酸ソーダを使用して掃除しましょう。ガス式のコンロの場合は、まず五徳など外せるものを外します。五徳にこびり付いた焦げは重曹の粉を振りかけて、アクリルタワシや歯ブラシで擦り落とします。それでも全体に汚れがこびり付いているなら、まずお湯で30分ほど煮沸してください。汚れが緩み落ちやすくなります。

それでも落ちなければお湯に重曹を溶かしたものに、浸け置きして洗いましょう。コンロはセスキ炭酸ソーダを吹き付け、ラップをしてしばらく置いてからこすり落とすと、手強い汚れが浮きやすくなりきれいになります。IHコンロの焦げ付きは、セスキ炭酸ソーダか重曹をスプレーし、数分放置した後サランラップを丸めたもので擦るときれいに落とせます。

②換気扇周り
見て見ぬ振りをしたい換気扇周りですが、溜めれば溜めるのどギトギトの油汚れは落としづらくなります。揚げ物や炒め物の後は、調理後拭き取る癖をつけましょう。溜まってしまった汚れには重曹とセスキ炭酸ソーダが効果的です。

フィルターやフードなど取り外せる部品は取り外し、セスキ炭酸ソーダをスプレーしてタワシなどで擦ります。それでも落ちないものはコンロ同様重曹水につけ起いた後こすり洗いします。本体にもセスキ炭酸ソーダをスプレーして油汚れを拭き取り、外したパーツをしっかり乾かしてから組み立ててください。

③シンク周り
水垢だけでなくぬめりや排水溝からの悪臭など、何かとトラブルが多いシンク周りは、目に見える場所の掃除以外にも手入れが必要です。蛇口やシンク周りにこびり付いてしまった水垢はアルカリ性の汚れに分類されるので、クエン酸水を使用して掃除しましょう。クエン酸水を気になる箇所にスプレーしてから、キッチンペーパーをピタリと密着させてから、20分ほど時間を置き、キッチンペーパーで擦った後スポンジで水洗いします。パックのようにして密着させることで頑固な水垢も効果的に落とせます。また、蛇口の根元の黒カビには、重曹にクエン酸水を少量加えた重曹ペーストを練り込み、歯ブラシなどで擦りましょう。

排水口が少し臭う、水捌けが悪いと感じる方がいらしたら、排水口内部に油汚れや食べ物カスが詰まっている可能性があります。排水トラップを取り出し掃除しても改善しないなら、パイプユニッシュなどの専用の洗剤を使用するのも効果的ですが、お手元の重曹とクエン酸水でも改善できます。重曹とクエン酸水を1:2の割合で排水口内に加え発泡させて30分放置してから、ぬるま湯で洗い流してください。刺激臭や有害物質もなく安全に詰まりを解消できます。

キッチン周りのお悩みはなごや水道職人までお電話ください

ご自身でできる方法を紹介してきましたが、お手上げというほど酷い汚れや年に一度の大掃除にはプロの力を借りたいという方が多いのではないでしょうか。そんな時はぜひなごや水道職人までご連絡ください。なごや水道職人は、名古屋市緑区、中川区、守山区、北区など名古屋市のほか、愛知屋県全般で水回りのトラブルの解決に携わってきた、水道局指定の水回りのエキスパートです。キッチン周りでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315