【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレの水漏れは修理が必要?壊れやすい部品について解説!

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水漏れは修理が必要?壊れやすい部品について解説!

2021年07月16日 トイレのトラブル


トイレの故障は日常生活に大きな影響がある

トイレは毎日使用しない日はない水回りの設備です。そのため、トイレなくして日常生活を送れません。しかし、その使用頻度の高さから故障することもあります。私たちの生活に密接しているトイレの故障は必ず避けたいトラブルであると言えるでしょう。

トイレの故障といえば水漏れ

トイレで最も可能性の高いトラブルは水漏れです。トイレにはいくつもの部品が使用されている上に、大きな水圧もかかってきます。経年劣化により傷んだ部品は水圧に耐えることができず水漏れを引き起こしてしまうのです。トイレの水漏れを予防するためには定期的なメンテナンスや部品の修理、交換が必要だと言えます。

水漏れは放置してはいけない

水漏れと言っても、最初は水滴が落ちる程度の小さなものかもしれません。しかし、たとえ小さな水漏れであったとしても決して放置してはいけません。何故なら小さな水漏れが時間の経過とともに、大きな水漏れへと発展する可能性があるからです。水漏れは二次災害につながることも珍しくないため、見逃さないようにしましょう。

・床上浸水につながる
水漏れが引き起こす二次災害として最も考えられるものが床上浸水です。床上浸水は他の家具や家電にもダメージを与えてしまうため注意が必要です。また、掃除に大きな労力も必要とするため避けたいトラブルであると言えます。

水漏れが起きやすい箇所を紹介

一言にトイレの水漏れと言っても、発生する箇所は毎回同じではありません。トイレはいくつかの部品が組み合わされて作られているため、傷んでいる部品の箇所によって水漏れが起きる箇所も変わってきます。トイレの場合、水漏れが起きやすい箇所は大きくタンクと便器に分けられます。万が一水漏れが発生した際は、どこから水漏れが起きているのか確認も必要です。

・タンクから水漏れが起きる
タンク式トイレの場合、タンクから水漏れが起きる可能性があるのです。一見シンプルに見えるタンクですが、タンクの中はいくつもの部品が入っています。それぞれの部品が大切な役割を担い、水量の調整を行っています。どれか一つでも不具合を起こしてしまうと水漏れにつながるため、定期的に点検し傷んだ部品がないかを確認しましょう。

・便器から水漏れが起きる
タンクレストイレの場合、水漏れの心配がないのかと言うとそうではありません。たとえタンクレストイレであっても水漏れの危険はあります。便器自体に不具合が生じることで水漏れが起きる可能性があるのです。タンクレストイレだからといって油断するのではなく、万が一に備えておく必要があります。

タンクの水漏れは周辺の部品が原因

タンク式トイレの場合、タンクからの水漏れリスクがあります。タンク周辺にはいくつもの部品が使用されているため、部品の不具合は水漏れに直結するのです。ここでは水漏れの可能性が大きいタンク周辺の部品について解説します。

・止水栓が原因
止水栓は水の元栓から供給される水を調節する役割があります。そのため、最も水圧がかかる箇所です。大きな水圧がかかる分、水漏れの発生確率も高いと言えます。

・浮ゴムが原因
浮ゴムは、タンク内に一定量の水が溜まったことをサインする役割があります。そのため、浮きゴムに不具合が生じると水が永遠に供給されてしまいます。過剰供給は水漏れにつながるため避けなくてはなりません。定期的に点検し、正常に作動しているかをチェックしましょう。

・オーバーフロー管が原因
オーバーフロー管はタンク内の余分な水を排出する役割があります。そのため、本来であればタンクから水が溢れ出ることはありません。しかし、オーバーフロー管が目詰まりを起こしてしまうなど不具合が生じると、水を排出できず水漏れとなってしまいます。

便器の水漏れは排水口が原因

タンクだけでなく、便器も水漏れの原因になります。便器の場合、大きな水漏れになる場合が多いため注意が必要です。汚水が流れてしまい、多量の水が流れてしまうと、掃除も大変になるため避けなくてはならないトラブルです。

・流し過ぎが原因
一度に多量のトイレットペーパーなどを流すことによって詰まってしまう場合があります。一度に流せる量には限界があるため、小分けに流すなどの工夫が必要です。

・異物が原因
小さなおもちゃや水に流せないティッシュなどを流してしまうことにより、排水口の内部で詰まってしまう場合があります。排水口に入りそうであっても内部は狭くなっているため、トイレットペーパー以外の異物を流してはいけません。

トイレなど水回りでお悩みの際はなごや水道職人にお電話ください

なごや水道職人では、名古屋市のほか、豊田市、一宮市、豊橋市、岡崎市など愛知県全域で水周りのトラブルの解消をお手伝いしています。24時間365日年中無休でお電話を受け付けており、迅速にスタッフが現場に駆け付け、原因に応じて適切に対応しています。水回りでお困りであれば、お気軽にお電話ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315